大樹のほとり

自作小説を掲載しているブログです。

ブログ開設記念

ブログ開設。

大樹の木陰で涼むような、居心地の良いブログになりますように。

注意!
当ブログは著作権を放棄しておりません。
くれぐれも無断転載の無いようお願い致します。

(あまり堅いことを言う気はありませんので、常識の範囲内でお願いしますね)

リンクはフリーです。

※ 作品をご覧になる際には、カテゴリ『シリーズ目録』が便利です。

村の親友

※リハビリを兼ねて久々の更新。
 ネットで見かけた怖い話を元にしたフィクションです。よってホラー注意。
 元ネタは『一つの村が消えた話をする』でググると出ますが、あくまでも閲覧は自己責任でお願いします。



俺は子供の頃、相当な田舎で暮らしていた。
若い人間は皆が皆村を離れていってしまうから、村の人間の大半は中年か年寄りばかり。
子供はたった3人……俺と、柚衣と、浩太だけだ。
柚衣は神主の娘で、小さい頃からいわゆる巫女として育てられていた。
まさに利口さの塊という感じの子で、頭も良ければ行儀も良く、おまけに可愛い。
当時の俺は都会の女子の容姿なんて全く知らなかったけど、それでも柚衣の可愛さは片田舎では珍しいレベルだと漠然と感じていた。
今になって思い返しても、この認識は全く間違っていないと思う。
もう一人の幼馴染である浩太は、柚衣の真逆で豪快だった。
ガタイが良くていつも大声で笑う、ひどく頼りがいのある奴だ。
小さい頃、俺に襲い掛かってきた子イノシシ相手に取っ組み合いをし、追い払ってくれた事は今でも忘れない。
俺はいつもこの2人と一緒に勉強をしたり、川遊びをしたりして過ごしていた。

ここまでなら、山あいの田舎ではごくありふれた話だと思う。
ただ、うちの村には昔から、少し変わった祭があった。
祭は『慈心祭』と呼ばれ、毎年村全体の規模で行われる。
文字通りに読めば心を慈しむ祭、となるけど、この場合の心というのは“腹”を指すらしい。
数百年昔、この村ではひどい飢饉があったらしく、それに伴って悲劇が続発した。
それを弔い、二度と災いが起こらないように祈願するのが祭の目的らしい。
そして、この祭には二つの「禁」がある。
一つ。
慈心祭の前日である八月十四日は、神主の一族を除き、村の奥にある「深穢ヶ池」には近づいてはならない。
二つ。
慈心祭当日の八月十五日は、村人はけして村の外に出てはならず、また外の人間を村に招き入れてはならない。

俺自身、小さい頃に親から教え込まれ、この禁は絶対に破ってはならないと言われてきた。
禁の中に出てきた深穢ヶ池というのは、村に古くから伝わる池で、祭の元となった飢饉の際に悲劇の中心となった場所らしい。
柚衣の一族が代々神主として管理してきた場所こそ、この深穢ヶ池と、その周りに鬱蒼と茂る森だ。
要するに、池とその周辺はこの村の中で最も特別な場所といえる。

俺がこれから話すのは、俺達が十五歳、中学三年だった夏の話。



慈心祭も近くなってくると、村全体が独特な空気に覆われる。
親戚が集まって、酒を呑みながら延々と何か深刻な話をしているような、ああいう空気だ。
その疎外感に加え、学校が休みという開放感、そして柚衣が巫女の修業であまり遊べなくなるもどかしさ、
そういうものが合わさって、俺達は毎年調子を狂わされる。
だからこの時期は決まって、普段はしないような遊びをしたものだった。
普段は行かないような山道の探検、真夜中の肝試し。そういうスリルのある遊びを。
十五の夏、浩太がした提案も、おそらくはその延長線上だったんだろう。

「俺さ、一度やってみたい事あんだけど。聞いてくれるか?」
浩太にしては珍しく潜めた声に、俺と柚衣は一瞬顔を見合わせた。
不審、とは違う。むしろどっちかといえば期待が大きい。
こういう切り出し方をする時の浩太の話は、決まって面白いから。
当然、俺も柚衣も、「いいよ」と言葉を揃えた。
「いいか、これ誰にも言うなよ。
 ……あのよ、八月十四日の夜にさ、深穢ヶ池の裏の森に3人で行ってみねぇか」
その提案に、一瞬柚衣の表情が強張った。
柚衣は神主一族の娘だ。当然、俺以上に口酸っぱく祭の禁を言い聞かせられてきたことだろう。
「それって、でも、禁を破る事になるよ」
やや神妙な面持ちで柚衣が言う。
「そうだ。それに、そもそも無理じゃないか? 祭の前日って、森の辺りを柚衣ん家の人が見回ってるし」
俺も柚衣に続いた。
でも、そのぐらいの反論は浩太も承知だったんだろう。
「ま、当然そうなるよな。でもよ、無理って訳じゃねぇんだ。
 ゆうべ、森を覆ってる金網の一部に、こっそり穴を開けといたからよ。
 ちょうど大人の見回りの死角になるとこだから、明かりさえ点けなきゃバレっこねぇ。
 それにさ。俺、どうしても気になる噂聞いちまったんだ」
浩太は目を開かせながらそう言うと、逸る気持ちを抑えるように唾を飲み込んだ。
ここからは、そんな浩太が上ずった声で語った内容だ。

金網を越えて森を進み、池に向かう獣道からやや外れた場所に、ある祠があるらしい。
その祠は誰も起源を知らないほど古くからあり、その祠の中にある石に触れると、
「見える」ようになるという。

「そんな話、お父さんからもお母さんからも、聞いた事ない」
浩太が語り終えた後、柚衣は小さくそう呟いた。
不満か、戸惑いか。俺は柚衣の表情から、そう心境を読んだ。
でも正解は、そのどちらでもない。
「…………けど、本当だったら気になるかも」
柚衣は、僅かな好奇心を瞳に映しながら顔を上げる。
その瞳で、柚衣も俺と同じ気持ちだったんだと理解できた。
俺自身、浩太の話に興味がある。
村の仕来りを軽んじる気はないけど、やるなと言われればしたくなるのが子供だ。
産まれてから十数年、つつがなく祭が終わってきた事で、『所詮は迷信。何も起こるわけがない』と高を括る気持ちもあっただろう。
それにさっきの話によれば、池に向かう道を途中で逸れるはず。つまり、池に近づきすぎるわけじゃない。
「確かに気になるな。じゃあちょっと怖いけど、行ってみるか?」
「おお、やっぱそうなるよな! な!!」
俺が賛同すると、浩太は目を輝かせて俺の肩を掴んだ。
「んー……でも、なぁ…………」
流石に柚衣はその後また渋りはじめたものの、数十分の問答の末、最後には行くことを決める。
俺と浩太が結託して盛り上がった末に柚衣が引き摺られるのはいつものことだし、
そもそも一度でも興味を覗かせた以上、結局は行くことになったと思う。

つまり、この運命はどうやっても変わらなかったんだ。
浩太がどこからか祠の話を耳にし、俺達に打ち明けた時点で。



祭が近づくにつれ、村には徐々に人の姿が増え始めた。村から離れていた人達が帰ってきたんだ。
とはいえ、元から村にいた人数と合わせても百は超えない。
つまりはこれが、今のこの村の総人口なんだろう。
若い労働力も得て、慈心祭の準備は着々と進んでいく。
神社の参道から森へと通じる道が掃き清められ、いくつもの注連縄が運ばれ、露店の枠組みができ。
そういう光景を目にすると、ああ今年も祭の季節が来たんだなと実感する。
俺達は祭の準備を手伝いながら、さりげなく計画に支障がないかのチェックをした。
森周辺の見回りは往年通りか。金網の穴は塞がれていないか、などだ。

祭もいよいよ目前に迫ったある日、村の全員が神社に集められた。
慈心祭についての説明だ。
大半はもう聞き飽きた内容だったものの、最後に重要な知らせがあった。
神主の娘――つまり柚衣が、今年の厄払いの神楽を舞うという。
確かにこの村の巫女は代々15歳で一人前とされ、初めての舞を披露する。
今年は巫女としての修業がやけに長かったけど、こういう訳だったんだ。
「よっ、楽しみにしてるぜ!」
「あの小ちゃかった柚衣ちゃんもすっかり大人っぽくなって、こりゃいい舞が見れそうだ!!」
村の大人達はもう満面の笑みで、柚衣に向けて拍手喝采を送る。
勿論神主さんもホクホク顔だ。
「…………っ!!」
俺の傍で話を聞いていた柚衣は、顔を真っ赤にして照れていた。
正直、物凄く可愛かった。

そして迎えた八月十四日、祭の前日。
俺と浩太は昼前から柚衣の屋敷に上がっていた。
柚衣が一足先に、祭で披露する神楽を見てほしいというからだ。
代々の巫女が着けていた簪や衣装を纏い、扇や榊を手に舞う柚衣は、綺麗だった。
幼馴染をまじまじと見る機会なんて滅多にないけど、改めて見れば、柚衣は結構スタイルがいい。
舞の動きの中で不意に見える鎖骨や、袴から覗く足首、脛。
そういう部位が、思春期の心をくすぐった。
「ね、どうだった? 変じゃなかった!?」
やや息を切らせながらそう聞かれた時、俺は正直ドキッとした。
今の今まで見惚れていた美少女が、鼻に息のかかるほどの近くまで顔を寄せてきてるんだから。
「や、最高だったよ」
「ああ。フツーに感動した」
俺と浩太は笑顔で拍手した。多分どっちの言葉にも嘘はない。
そして、鼓動が早まっているのも一緒だ。同じ男だからこそ、横にいてもそれが感じ取れた。
ちなみにこの日、俺と浩太は良くない事をした。
柚衣が巫女衣装から着替えるといって奥の間に引っ込んだ後、ほんの少し開いた襖の間から、その着替えを覗き見たんだ。
普段だったらまず覗かない。散々見慣れた幼馴染の着替えなんて。
それでもこの時こういう行動に出たのは、2人共が柚衣を女の子として意識していた証拠だろう。
柚衣の指が手際よく帯を解き、赤い袴を脱ぎ捨てる。
するとショーツが丸見えになった。
上部分にレース、正面にピンクのリボンがついた可愛いショーツ。
普段穿きの物とは全然違う。多分、ハレの日用の特別品だ。
いつの間にかそんな大人びたショーツを買うようになった幼馴染を前に、俺と浩太は生唾を飲み込んだ。
意外に大きく思えたその音で覗きがバレるかと思って、俺達は顔を見合わせ、抜き足差し足その場を後にする。
2人揃って、らしくないにやけ顔を浮かべたまま。

そして、夜。
夕飯の後、俺は親に「浩太の家に忘れ物を取りにいく」と言って家を出た。
別に珍しい話じゃない。田舎の幼馴染ともなれば、お互いの家は第二の自宅みたいなものだ。
今でこそ頻度は低くなったけど、柚衣の布団の上で夜中まで遊び、そのまま3人雑魚寝、なんて事もよくやった。
そんなだから浩太の家に行くことに、親が一々反応することはない。
どうせ次の日はお祭りなんだから、そのまま泊まることがあっても不審がられはしない。
これは浩太にしても同じことだ。
唯一の問題は次の日に大役が待っている柚衣だけど、こっちはこっちで心配いらない。
何しろ柚衣は、俺達の中で一番頭がいいんだ。
悪戯を大人に見つかった時、柚衣の機転で不問になった事は一度や二度じゃない。
そんな彼女だから、何か理由をつけて数時間家を空ける事ぐらい簡単だろう。
事実、集合場所に行くと、まず柚衣が待っていて、すぐに浩太も合流した。
夏だから当たり前だけど、2人とも軽装だ。
特に柚衣の、水玉キャミソールにハーフパンツという姿は、女性として意識した後だとやけに露出が多く見える。
今まで嫌というほど見てきた生足が眩しい。
「さ、揃ったし行こっか!」
柚衣が小声で、でも興奮を抑えきれない感じで言った。
最初は流されるまま渋々ついてくるのに、いざ決行となれば一番張り切るのは相変わらずだ。
この性格を、何度『ダメ男に引っ掛かる典型』とからかったことか。
「ああ。ライト点けられんねぇから、くれぐれも足元気ィつけろよ」
浩太もいつも通りのリーダーシップを発揮し、先陣を切って歩き出す。
小さい頃から変わらない、いつも通りの3人だ。

当然、金網に辿り着くまでの道は、何人もの大人が巡回していた。
でも事前のシミュレーションは万全だし、普段から隠れる遊びをよくする事も功を奏して、難なく金網まで辿り着く。
苦戦したのは唯一、金網をくぐる時だ。急ごうとするあまり、服の背中が鉄線に引っ掛かってしまう。
それでも何とか3人とも穴を抜け、森に入った。
「まずはこのまま、獣道に出るまで真っ直ぐ行くぞ」
先頭の浩太が懐中電灯を点けながら言う。
俺は明かりを点ける事に一瞬不安を感じたものの、深い森だ、外に光が漏れることもないだろう。

どこかで山犬が遠吠えし、周囲の小枝が小動物に踏まれて音を立てる。
その上、足元には蛇や虫。
いかに山育ちとはいえ、夜の山中は愉快とは言い難かった。
特に柚衣は、森に入って間もない頃からずっと俺の袖を掴んでいる。そういう所はやっぱり女の子だ。
ほとんど密着しているから、シャンプーの匂いが直に香って、変に胸がざわついたりもする。
しかし、それにしても長い。軽く30分は歩き続けているはずだ。
いくら深い森とはいえ、30分歩いて獣道にすら出ないなんて不自然すぎる。
「なあ、まだ道に出ないのか? 方向間違えてるんじゃないか?」
俺は先頭の浩太に訊ねた。
浩太はやや息を切らしながら振り返る。
「や、方角は合ってる筈なんだ。ちゃんと方位磁針で見てっからさ」
「でも、流石に長すぎるだろ」
「だよね。けど、今から変に帰ろうとしても余計迷うだけだよ。
 どこかの道に出るまで、このまま歩いてみるしかないんじゃない?」
3人で話し合い、結局はもう少し歩いてみようという事になった。
それから、数分後。
ある時、急に茂みが薄くなり、そこを抜けるとあっけなく獣道に出る。
「出たっ!」
「おー。なんだ、後ちょっとだったんだ!」
「よかったぁ!!」
救いを得たというような浩太の声に続き、俺と柚衣も歓声を上げる。
いわばようやくスタートラインに立ったようなものなのに、この時は茂みから抜けた事が嬉しくて仕方なかった。

獣道にさえ辿り着けば、後は池に向かう道を途中で曲がるだけ。
俺達はそう気分を軽くして歩を進めた。ただ、ここでようやく致命的な事が発覚する。
なんと俺達の誰一人として、深穢ヶ池の正確な位置を知らなかったんだ。
「なぁ、柚衣。池ってどっちだ?」
「えっ……。浩ちゃん、道知らないの?」
浩太に道を訊かれた柚衣が、逆に浩太に尋ね返した。
「お、おお。てっきり柚衣が知ってると思ってよ。だってホラ、ここらってお前ん家の管轄だし……」
「そりゃ管理はしてるけど、あくまで外から見守るのがうちの仕事で、池まで行くわけじゃないもん。
 お父さんなら、行った事あるかもしれないけど…………」
そう。おかしなことに、3人の誰もが池の場所を知らなかった。
禁を恐れずという感じで冒険してる俺達だけど、きっと心のどこかで、池の存在をタブー視する部分があったんだ。
だから入念な確認をしなかった。そう納得するしかない。
今思えば、こんな重要な事を前もって確認していない時点で、すでに何かがおかしかったんだろうけど。

進むべき方向も解らず、ただ道なりに獣道を進むうち、俺達はある事に気がついた。
「なぁ、何か静かすぎねぇか?」
「確かに」
さっきまで煩いほど繰り返されていた遠吠えや獣の声が、全くしなくなっている。
そして、俺の斜め後ろを歩く柚衣にも元気がない。
「どうした、柚衣。疲れたか?」
俺が訊ねると、柚衣は小さく首を振った。
「…………なんか、寒い」
なるほど、確かに夏とはいえ夜の山は冷える。キャミソール姿の柚衣は寒いだろう。
俺はそう思って、着ているシャツをたくし上げようとした。するとその腕を、柚衣の手が掴む。
「いい、違うの。肌寒いんじゃなくて、もっと別の……心に直接来るような寒気なの」
青ざめた表情でそう語る柚衣の顔を、俺も、浩太も、しばし黙って見つめた。
確かに、嫌な感じはさっきからしている。
言葉にこそ出さなかったものの、獣の声が聞こえなくなったのも、生き物の存在しない世界に迷い込んだようだと思っていた。
そこへ来ての、柚衣のこの言葉。
巫女として育てられただけに、俺より霊感が強いのかもしれない。この一帯には、何かあるのかもしれない。
「あ、でも、大丈夫。歩けるから。ここで止まっててもしょうがないし、行ける所まで行こ?」
固まる俺達に配慮したのか、柚衣はぎこちなく口元を吊り上げて言う。
ここ一番のウソが上手い柚衣なのに、この時の無理は見え見えだった。
でも今は、その無理に甘えるしかない。
「悪ィ」
前を向き直しながら、浩太が呟いた。
こんなに肩を落とす浩太を見るのも初めてだ。いつだって自信満々で、大人に説教されている時でさえ真正面に胸を張る悪童ぶりなのに。
「行こう。こうやって地に足つけて登ってけば、そのうち絶対見慣れた所に出るって!」
俺は自分に言い聞かせるように叫ぶ。
いくら不気味な空間だろうと、靴で踏む土の感触は間違いなく現実なんだ。
その現実が続いた先には、見慣れた村の地面があるはずなんだ。
俺のその思いが励みになったかは解らないけど、ほんの少し2人の雰囲気が柔らかくなる。
「……ははっ、そりゃそうだ。所詮はクソ狭い日本の山ン中なんだもんな!」
「そうそう。案外もう、麓の方まで来てるかも!」
「あはは、なんか変なの。去年やった肝試しより、今年のがよっぽど肝試しっぽいよ」
「へー。去年のって、漏らしたアレよりか?」
「だから、漏らしてないし! あれ、上から水が垂れてきただけなんだってば!」
恐怖を紛らわせるために絶えず喋りながら、俺達はさらに歩き続けた。

そして、数分後。
「ん?」
先頭を歩く浩太が、何かに気付いたような声を上げた。
「どうした?」
俺が訊くと、浩太は前を指差した。
「何か小屋あるぞ。ちっとあそこで休んでかねぇか?」
浩太が指す方を見ると、確かに草木に覆われた小屋らしきものが見える。
不思議とその時は、そこに小屋がある事に違和感を覚えなかった。
「そだな。柚衣も疲れてそうだし、ちょっと休もう」
俺が言うと、浩太は小屋へ近づいて扉に手を掛けた。
鍵は掛かっていないらしく、扉は耳障りな軋みを上げながら開いていく。
まず浩太が中に入り、俺と柚衣もそれに続いた。この間、柚衣はなぜか一言も発さなかった。

小屋は薄暗いものの、朽ちた壁から漏れる月明かりでかろうじて中が見渡せる。
中は荒れ果てていた。床板は所々抜け、ボロボロの籠や包丁なんかが散乱していて、何より匂いがひどい。
粘土を顔に押し付けられたような、粘りのある異臭。長いこと嗅いでいるとえづきそうだ。
「んだこれ、キノコでも生えてんのか? くっせぇな……」
浩太は俺と同じ感想を漏らしながら、入口近くを物色していた。
俺もそれに倣って、小屋の中を見て回ることにする。
中は外観以上に広く、ちょっとした田舎の一軒家ぐらいはあるように思えた。
物が散乱する土間付近から角を曲がると、異臭がより強くなる。
俺は妙にその異臭が気になり、突き当たりの扉に手をかけた。
すると、背筋に嫌な感じが走る。一瞬体が強張るものの、好奇心に負けて扉を開いてしまう。
中は汲み取り式の便所だった。思った通り、異臭の発生源もここらしい。
正直俺は、なんだ、と思った。異臭も元が解れば興味も沸かない。
そして俺が便所から出ようとした、その瞬間。

「アア……アアア…………ァアァァ゛ア゛」

異様な声が背後から聞こえた。
まるで首を絞められた人間が、今際の声を絞り出しているような声。
それを耳にした瞬間、俺は声の主がこの世のものではない事を直感で理解した。
足が竦んで動かない。かといって、振り返るなんてとても出来ない。
何かの気配がすぐ後ろに迫っているのが解る。もうダメだ、と俺は観念しかけた。
「おい、何やってんだ!?」
浩太の声が響き渡ったのはその時だ。
その声が鼓膜を震わせたと同時に、後ろの声も消えた。
俺は走り寄ってきた浩太に腕を引かれ、便所から引きずり出される。
同時に浩太は足で思い切り扉を閉めた。
「おい、大丈夫か? 何なんだよお前ら2人して。
 お前は便所で漏らしながら突っ立ってっし、柚衣も何か変だしよぉ!!」
浩太のその言葉で、俺は自分が失禁している事に気がついた。
俺は今見たことを浩太に話す。浩太は訝しそうな顔をしつつも、とりあえずここ出た方が良さそうだな、と呟いた。
小屋を出ようと入口近くまで戻るものの、柚衣の姿が見当たらない。
「あれ、柚衣は?」
「ん? そこに……って、あれ、居ねえ」
浩太が入り口近くの茣蓙を見て眉を顰めた瞬間、少し離れた場所で床の軋む音がした。
さっきの便所側とはまた別の方向だ。
「あいつ、具合悪そうなくせに何フラフラしてんだ?」
浩太が様子を見に向かい、そのまま足を止める。
「何止まってるんだよ」
俺は浩太の横に並び、同じく立ち尽くした。
通路の先にあったのは、金属でできたボロボロの扉。
赤錆に覆われた扉の縁は、数十ものお札でびっちりと隙間なく閉じられている。
扉の両端には盛り塩がなされ、その塩は真っ黒に変色してもいた。
どう見てもやばい。
「…………まさか…………柚衣のやつ、この先に行ったのか?」
浩太が強張った声で言う。
動揺するのも解る。あの利口な柚衣が、軽々しくこんな場所に入るとは思えない。
でも、状況からいってそうとしか考えられないのも事実だ。
さっきの足音はこっちから聞こえた。
そしてその先にある扉は、ちょうど淵に沿ってお札が破れ、明らかに開けられた跡がある。
「やばい。やばいって。ここはやばい」
浩太は歯を打ち鳴らしながら、狂ったように呟き始めた。彼がここまで錯乱するのは初めてだ。
「落ち着け。たぶん柚衣はここにいるんだ、行くしかないだろ!!」
俺は浩太の肩を掴んで叫ぶ。
するとその叫びで正気を取り戻したのか、浩太は何度か強く瞬きした。
そして自分を鼓舞するように頬を叩き、力強く前へ踏み出す。
「っし、いくぞ!」
そう叫ぶと同時に、浩太は思い切り扉を蹴飛ばした。
反動でよろめき、尻餅をつく浩太。その横では扉が綺麗に開き、中が覗く。
果たして、そこに柚衣はいた。ただ、様子がおかしい。
じっとこっちを見つめたまま、両腕を真横に上げている。
「柚衣!!!」
咄嗟に駆け寄ろうとした瞬間、柚衣の背後から何か黒い影のようなものが現れた。
さっきの声の主だ。まず肌がそう理解する。
形は大人の男に近い。けれどもその赤く濁った眼は、絶対にまともな人間のそれじゃない。

「アアァア……アアア゛ア゛…………ァアアア゛ア゛………………」

首を絞められたような呻き上げながら、影はゆっくりとこっちに迫ってくる。
尻餅をついていた浩太が跳ねるように起き、走り出した。
「逃げろ!!」
「でも、ゆ、柚衣がまだいるんだぞ!!!」
浩太の叫びに、反射的に叫び返す。その瞬間、黒い影の一部が俺の頭を覆った。
「ぐぅいおおあぁぁおああっ!!!!」
俺はこのとき、自分が何と叫んだのか解らない。声になっていたのかも解らない。
ただ感じたのは、このままこの黒い影と接触しているとやばいという事。
ただの一瞬で、俺の顔からはあらゆるものが噴き出した。
汗、涙、鼻水、鼻血、そして異常なほどの涎。
それを知覚した瞬間、情けないことに、俺の身体は無意識に逃避行動に移っていた。
柚衣から離れる方向に走っていた。
これはもう理屈じゃない。死の危機に瀕しての反射だ。
浩太もそんな俺を見て、いよいよ血相を変えて逃げ始める。
「うわああああああっ!!!」
俺と浩太は入口の方へ逃げながら、落ちている物を手当たり次第に影に向かって投げつけた。
すのこに、茣蓙に、何かの破片、そして包丁。でも影はそれらをすり抜けながら近づいてくる。
俺と浩太は影に追い立てられるようにして、ドアを蹴り開けて外に出た。
そして、地面に足をつけた瞬間。

「きゃああああああぁぁっっ!!!」

金切り声のような柚衣の悲鳴が響き渡る。
「柚衣!?」
「くそっ、くそおおぉぉっ!!!」
悲鳴を聞いて小屋へ戻ろうとするものの、黒い何かは相変わらず迫ってきている。
結局俺達は、そのまま小屋に背を向けて逃げ出した。
獣道を半狂乱で駆け下って、何度も転んだ。どこをどう走ったのか、正直全く覚えていない。
その末にようやく見覚えのある破れた金網の所まで辿り着き、外の大人に助けを求めた。
巡回役の大人達は、俺達の状況からおおよそを察したらしく、すぐに俺達を神社の本殿へと運び込んだ。

本殿には俺と浩太の両親、そして柚衣の親族が集められ、異様な雰囲気だったのを覚えている。
「まずはお前達に憑いたものを祓う、つらかろうが覚悟しておけ!」
神主さん……つまり柚衣の親父さんがそう一喝し、俺と浩太に酒や酢を飲ませた。
次に身体中に塩をかけ、何度も背中を思い切り叩かれる。
正直、折檻されているのではと思えるほど辛かった。
穢れ祓いが一通り済むと、俺達は村の皆に睨まれながら、森で何をしていたのかを話した。
話が進むにつれ、俺や浩太の親、そして柚衣のお母さんの嗚咽が聞こえ始め、居たたまれなかった。
俺達がすべてを話し終えると、神主さんは深く息を吐く。
そしてしばらく押し黙った後、静かに口を開いた。
そこから神主さんに聞かされた話は、俄かには信じがたいようなものだった。

まず、俺達が辿り着いたあの小屋。あれは、村の古い伝承に出てくるような代物らしい。
噂自体は何代も前から語り伝えられていて、村の大人にも子供の頃にその小屋を探そうとした者はいた。
ただこの小屋、確かに実在はするものの、小屋自体から『招かれ』なければ辿り着けないんだそうだ。
逆に小屋に招かれたものは、他の目的があっても無意識に小屋に吸い寄せられてしまう。
俺達がどうやっても深穢ヶ池や祠に辿り着けなかったのはこのせいだ。
そして、あの小屋にいた影の正体。
あれは元を辿れば、百年以上前にこの村に住んでいた男らしい。
大飢饉が村を襲った時、村人が血眼になって作物を探す中で、そいつはどさくさに紛れて村の女をあの小屋に監禁した。
そしてそこで女を繰り返し強姦した挙句、奴隷のような状態にしたという。
やがて女が消耗して死ぬと、飢えていた男はその女を解体して食べた。
この時に人肉の美味さを知った男は、それからも次々と村の女を小屋に連れ込み、弄んだ挙句に貪り食ったそうだ。
こうして村には若い女がいなくなり、先の飢饉も合わさって、村の人口は減る一方になった。
でもある時、この男の凶行が攫われた女の許婚によって突き止められ、男は小屋の中で私刑の末に殺された。
両目を抉り出され、体中が黒く鬱血するまで殴打され、ついには縊り殺されたその男の末期は無惨なものだった。
そうして男が息絶えたのが、八月十四日の深夜から、八月十五日の明朝にかけてのことだそうだ。
男は間違いなく絶命したが、その怨念は更なる欲を満たすためか、現世への恨みからか、その後も悪霊として度々村に姿を表した。
そこで村人は、小屋の一室に封印を施し、小屋のある山一帯を神主の管轄とした。
そして特に因縁の深い八月十四日から十五日にかけては、鎮魂の祭を行いつつ、けして森に近づかないよう禁を定めた。
実のところ、深穢ヶ池は事件の被害者の骨を水葬にしただけの場所で、いわば小屋の存在を隠すためのブラフなのだという。

おおまかにはこんな所だ。ただ、細かい部分は覚えていない。
俺はこの話を聞いている最中、猛烈な気分の悪さに襲われて、そのまま気絶するように意識を失ったからだ。
後で聞いた話では、俺は四〇度近い高熱を三日三晩出し続け、生死の境を彷徨ったんだそうだ。
頭痛もひどく、その痛む場所は、ちょうどあの黒い影に触れられた場所だった。
このまま死ぬかもしれない、という恐怖は正直あった。でも同時に、柚衣の事が心配で堪らなかった。
柚衣はあの異臭立ち込める小屋の中、黒い影と今も一緒にいるんだろう。
ほんの一瞬触れただけで生死の境を彷徨わせるようなあれに囚われて、どうなってしまっているんだろう。
そう考えれば、いつまでも半死半生ではいられない。
正直、俺が4日目にはっきりと意識を取り戻したのは、その気持ちがあったからじゃないかと思う。

俺の意識が戻ると、神主さんが俺と浩太を呼びつけた。
本来、禁を破った俺と浩太の家族は村を追放される所だが、今回それは大目に見る。
その代わり、もう一度あの小屋に赴き、娘――柚衣を助け出して欲しい。
柚衣がまだ生きているという保証はどこにもないが、もし助けられるとすれば、小屋に呼ばれた俺達しかいない。
話の内容はこうだった。
正直、願ってもない話だ。俺達にとっても柚衣はかけがえのない幼馴染なんだから。
俺と浩太がやる意思を伝えると、神主さんは清めの塩を俺達に手渡した。
「もし柚衣の傍にあの黒い影が現れたなら、『ヤァタ』と真言を唱えるといい。一瞬怯ませる効果はあるだろう」
神主さんの言葉に、俺達は強く返事をした。
山の入口まで連れ添われ、そこからは俺と浩太だけで獣道へ向かう。
この時、俺の母親が堰を切ったように泣き出した。このまま村を追放でもいい、息子を危ない場所に行かせないでくれ、と。
村の大人からは詰りの言葉が飛んだけど、母親としては当然の感情なんだろう。
実際、生きて帰れる保障はないんだから。
でも、行かないわけにはいかなかった。俺達が行かない限り、柚衣が帰ってくる事はないんだから。

道のない道をしばらく行くと、獣道に辿り着く。
そして更に歩き続けると、やがて動物の声が全くしなくなる。あの時と同じように。
「…………やっぱ、お前とじゃないとダメなんだな」
獣の声が止んだ瞬間、それまで押し黙って前を歩いていた浩太が呟いた。
「どういう事だ?」
「俺さ、いっぺん山入ったんだ、お前がまだ熱出して寝込んでる時。
 今日と同じように、入口まで神主さんに付き添って貰ってさ。でも、そん時は小屋に行けなかった。
 普通に深穢ヶ池に着いちまったんだ。拍子抜けするくらい、すげぇ近かったよ」
そう言ってまた、浩太は押し黙る。
沈黙は重苦しい。けど、何と答えたらいいのか解らない。
「そろそろだな」
「ああ」
三日前の感覚を元に、俺達は獣道を抜けた。あの夜の小屋が姿を表す。
改めて見ると不気味だ。普通の感覚なら入ろうなんて思わない。
やっぱりあの夜は、この小屋に呼ばれてたんだろう。
「いいか、作戦決めとくぞ。入ったらまず、俺があのバケモンを引きつける。その間にお前は柚衣探せ。
 見つけたら、即抱えて逃げろ」
「なっ……!!」
俺は言葉を詰まらせた。これじゃ、あまりに浩太のリスクが大きすぎる。
そう反論すると、浩太はそれまで見せたことのないような荒々しい表情を作った。
「馬鹿、当たり前だろ。元々こんな馬鹿話持ちかけて、お前ら巻き込んだのは俺だろうが。
 村じゃ2人纏めて怒られたけどよ、どう考えても俺が一番悪ィだろ。
 だから、ヤバイ役は俺がやる。大体お前、あのバケモン相手にヤれんのか!?」
浩太にこう凄まれると、二の句が継げない。
覚悟が凄いんだ。何を言っても引かないという意思が、その目にはっきりと刻まれてる。
こういう時の浩太には、どんな交渉も効かない。俺は、それを誰よりよく知っている。
「……………………わかった」
俺は短く応えた。
「っし、行くぞ!!」
浩太は唸る様に言うと、荒々しく小屋の扉を蹴り開ける。
左右を睨みながら素早く中に入り込んだ浩太に続き、俺も小屋の中に足を踏み入れた。
小屋の中は俺達が抵抗した時のままで、何かの破片や包丁が壁際に散乱している。
あの黒い影の姿はない。
俺達は静かに進み、例の札の貼られた扉の前で止まった。
行くぞ、と浩太が顎で合図し、思いっきり扉を蹴り破る。
「柚衣!!」
俺達2人は同時に叫びながら、部屋に転がり込んだ。
部屋の中には…………柚衣がいた。
丸裸のまま、両手首を天井から吊るした縄で縛られ、足も同じく縄で床に固定されて。
「柚衣っ!!!」
俺はもう一度叫んだ。
「………………ん………………」
柚衣が薄く目を開く。生きている。
俺達はすぐに柚衣の駆け寄った。幼馴染の裸を直に見ていても、性的な気持ちは全く沸かない。
それよりも、ただ単純に、柚衣が生きていた事が嬉しかった。
俺は万が一のために用意したナイフをポケットから取り出し、柚衣の手首を縛る縄を切りに掛かる。
ただこの縄、汗を吸っているのか変に滑って切りにくい。かといって思いっきりナイフを引くと、柚衣の手首を傷つけかねない。
何度も姿勢を変えながら悪戦苦闘する。
両足のポジションを変えるたび、靴で変なものを踏んでしまって気色悪い。
滑りやすい透明な汁、ニチャニチャと靴底にくっつく液……。
多分、床が所々腐って湿っているせいだろう。
何とか手首の縄を切った所で、俺は一瞬ぎょっとした。
柚衣の手首周りが、ナイフで切り裂いてしまったかと思えるほど真っ赤になっていたからだ。
どんな縛られ方をすれば、これほどくっきりと縄の痕が残るんだ。

 ――女を奴隷のように弄び――

神主から聞かされた男の所業が頭を過ぎる。でも、いや、まさか。まさか。
柚衣はただ裸に剥かれて、縛られているだけじゃないか。こんなのはただの儀式なんだ。
そう考えながら、俺は柚衣の足首を縛る縄に取り掛かる。
今度は手首に比べれば大分やりやすい。それでもある程度時間が掛かりそうだ。
俺が必死に縄を切ろうとしていると、突然柚衣が足をばたつかせ始めた。
縄が食い込んだりして痛いのかと思ったけど、どうやらそうじゃない。
柚衣の目は、部屋の遠くの一点を凝視して怯えている。
「やめ、てっ…………はや…………にげ、て………………。
 …………あ、アイツが…………アイツが、くるっ………………!!!」
アイツ。その言葉が何を指すのかは明らかだった。
「貸せっ!!」
部屋を見張っていた浩太が叫び、俺からナイフを奪って素早く縄にこすり付ける。
力が強いせいか縄はあっけなく切れる。それと同時に、俺の頭上で“あの声”が響き始めた。
「アァ……アアア゛ア゛…………ァアア゛ア゛…………」
拷問の果てに縊り殺される人間の断末魔。見上げなくても解る、あの黒い影だ。
「ヤァタ!!」
浩太はすかさず神主さんに教わった真言を唱える。一瞬、俺の頭上で影が止まったようだ。
そう感じた瞬間、俺は柚衣の手を引いて部屋から駆け出した。
とにかく早く外へ。俺達が逃げ遂せないと、浩太だって逃げられない。
無我夢中で走り、小屋の扉を肩から当たって押し開ける。
背後では、浩太が真言を唱えながら清めの塩をばら撒いて応戦している。
ただ、それで影が怯む様子はもうない。
「あがあがうぅううああおおあっ!!!」
俺達が小屋からまろび出た直後、浩太の絶叫が響いた。俺があの黒い影に触られた時と同じような声だ。
振り返りたかったが、そんな事をしては意味がない。
俺は獣道をひた走った。途中、浩太も小屋の扉を開けて飛び出してきたのが解った。
浩太も俺を追うようにして獣道を下っている。ただし、あの黒い影も一緒に。
浩太は影に上半身を覆われながら、何かを叫び続けていた。
正直、何を叫んでいるのか解らない。人間の発する声ではないように思える。
そしてその声は、黒い影の発する奇声と一体となって、俺達のすぐ近くにまで迫ってきていた。
村まではあと少しのはずなのに。
「ヤァタ!!」
俺は無我夢中で真言を叫んだ。一度じゃなく、二度も、三度も。それでも影は止まらない。
そして、とうとう声が首筋にまで迫り、追いつかれると覚悟した時。
「ヤァタッ!!!」
驚くほどの大声で、柚衣が真言を叫んだ。その瞬間、黒い影が千切れるように浩太から離れ、地面に落ちる。
効いたのか。女性の、柚衣の唱える真言なら効くのか。
禍々しい気配は変わらないものの、黒い影の追い足は今、明らかに弱まっている。
「浩太っ!!」
俺は背後を振り返り、絶句した。
浩太は、数日前の俺とは比較にならないほどひどい有様になっていた。
顔中からあらゆる体液を噴出すのは勿論、その毒々しく赤らんだ目は、あの影にそっくりだ。
俺の一瞬の接触とは違い、何度も、何度もあの影を足止めしたせいか。
「だ、だい、じょうぶだ…………さきにいへ……い、そげ…………!!」
浩太は泥酔するような状態ながらも、俺の後を追って獣道を駆け下りてくる。
柚衣も繋いだ手の先で、脚の痛みに耐えながら必死についてきている。
そしてそのまま走り続け、俺達はついに、神主さん達の待つ森の入口に辿り着いた。



村へ帰った俺と柚衣、浩太は、神社の本殿へと通され、身の穢れを祓うための禊を受けさせられた。
受けた穢れの重さが違うため、当然禊も一人一人違う。
俺は今回ほとんど穢れを受けなかったため、背中にお札を貼られ、全身に塩を浴びせられる程度で済んだ。
ところが、これが柚衣となると訳が違う。
柚衣はまず神主の親族十数人が大声で真言を唱える中で、延々と体内を清められた。
全裸に白装束だけを着た状態で、清めの水や酒、酢を延々と飲まされる。
ある程度飲ませると、女の人が柚衣の喉の奥に指を突っ込んで、胃の中の物を完全に吐き戻させる。
これを延々と繰り返すんだ。
細い両腕をそれぞれ大人の男に抱えられ、身動きを封じられたまま喉奥を弄繰り回され、
聞くに堪えないようなえづき声を上げながら嘔吐する。
この繰り返しははっきり言って、傍目には拷問にしか映らなかった。
他にも滝行やら、男子禁制の社での儀式やら、色々とやらされていたようだ。
そして浩太に至っては、それよりもさらに高度な穢れ祓いが課せられるらしい。
しばらくは会う事さえ禁じられているから、実際どういう内容なのかはまったく解らない。
でも、なるべく苦しい方法でない事を祈るばかりだ。
俺達を庇った事が原因でさらに苦しむなんて、親友にしてほしくない。

清めが終わった後、俺は神主さんに呼ばれ、柚衣の事について教えてもらった。
薄々解っていた事だが、神主さんは人間の穢れた部分が目に見えて解るらしい。
その神主さんが禊の中で見た限り、柚衣の穢れは身体の至る所――つまりは、『あそこ』の中にさえ存在したという。
「恐らくあの子は、小屋に監禁されると同時に、強姦に近い行為を何度もさせられていたんだ」
神主さんは、怒りに手を震わせながらそう語った。
俺は、この一言に頭を殴られたような衝撃を受けた。
勿論、まったく考えなかったわけじゃない。柚衣が裸で縛られているのを見た時点で、“そういうこと”の可能性は脳裏にあった。
でも、まさかあの柚衣が。そう思って、頑なに認めずにいたんだ。
「…………何で、その話を俺に?」
しばらくの沈黙の後、俺はどうしても気になってそう訊ねた。
すると神主さんは、どこか遠くを見るような目をした後、その瞳を俺に下ろす。
「いずれ、君が柚衣を支えることになるからだ。
 その時は、どうか柚衣の身を第一に案じ、幸せにする決断をしてくれ。今度こそ、ね」
真っ直ぐ俺を見つめて発される神主さんの言葉は。
そこには、この人なら先の何かが見えているのかもしれない……そういう説得力があった。



結局、この年の慈心祭は俺達のせいで取りやめとなり、村の人から微妙に監視されながら日々を送った。
あまり外で遊ばない方が良さそうだったので、この間は3人でトランプなどをしているばかりだった。
禊が効いたのか、柚衣も浩太もいつも通りだ。特に浩太は心配だったけど、特に変なところはない。
俺は、いつも通りの日常が戻ってきた事が素直に嬉しかった。
ただ、何もかもが前の通り、ってわけじゃない。

 ――小屋に監禁されると同時に、強姦に近い行為を何度もさせられていたんだ

神主さんの言葉を思い出す。
目の前には、夏服から覗く柚衣の膝小僧が見える。
夏の日差しの下で毎日駆け回ってるのがウソみたいな白い膝。
白――白。
そうだ。あの時は夢中だったからほとんど意識してなかったけど、俺は小屋に突入した時、柚衣の裸を見てるんだ。
「!!」
俺はこの時、ヤバイ感覚を感じて座りなおした。
「どしたの?」
柚衣が澄んだ瞳で見てくる。何も知らないという風だ。
「いや、ち、ちょっとトイレ…………」
俺は半笑いになりつつ、なるべく柚衣達に正対しないように立ち上がって廊下へ出た。
部屋の明かりが漏れる廊下に出た瞬間、柚衣と浩太の笑い声が聴こえてくる。
どうやらバレなかったみたいだ。俺が、勃起していることは。
トイレに入ってパンツを下ろすと、たちまち硬くなった物が弾け出た。
痛いぐらいガチガチに勃起してる。
もしあのまま妄想を続けてたら、きっとパンツの盛り上がりで柚衣にも知られていただろう。
柚衣。
柚衣の、ハダカ。
縛られた柚衣を見つけた時の光景は、その時の嬉しさのせいか、はっきりと網膜に焼きついてしまっている。
柚衣の胸は結構あった。なんとか手の平に乗せて持ち上げられるくらいには。
これまで柚衣を女として見ることなんてなかったから、まずそれが衝撃的だった。
あそこの毛も薄くだけど生えていた。
俺自身も生えているから何も不思議ではないんだけど、女の子の毛は妙にいやらしくみえた。
そして、肌。
柚衣はボロ小屋に監禁されていただけあって、肩とか背中とか足とか、全身が薄汚れてたんだけど、
それでも元の肌が綺麗なのははっきりわかった。
正直、エロかった。ものすごく。
そんな柚衣が………………犯されたのか。
あの粘土みたいな異臭のする小屋で、赤い目のバケモノに。
そう思うと居たたまれない。でも同時に、俺は相も変わらず勃起していた。
俺は、改めて自分がクズだと思った。

あの時の事は覚えてない。柚衣は俺達にそう言った。
俺達がちょうど小屋を見つけた辺りから、助け出される前後までの記憶がすっかり抜け落ちていると。
それが本当なら、まだ救いがある。嫌な記憶なんてないに越したことはない。
でも本当かは解らない。だって柚衣は、ここ一番のウソが上手いから。
実は全部覚えていて、俺達や家族に変な気を使わせないようにと黙っているだけかもしれない。
いずれにせよ、当事者の柚衣が言わない限り、何が起こったかは永遠に闇の中だ。
その、はずだった。



夢を見ている。
なんとなく、最初からそれが解った。
あの事件から何日かは、疲れすぎてたせいか全く夢を見なかったから、本当に久しぶりだ。
そんな分析ができるほどの冷静ささえあった。
窓のない部屋の中なのか、辺りは暗い。それでも目を慣らすまでもなく、壁が木で出来ていることが見て取れる。
さすがは夢の中、都合がいいことだ。
そんな事を思いながら、さらに部屋の中を見回して、俺は凍りついた。

柚衣がいる。
水玉のキャミソールに、ハーフパンツ。あの事件があった日の格好のままだ。
「柚衣!!」
俺は声を出そうとしたが、上手くいかない。掠れた息が喉から出るだけだ。
柚衣は俺には全く気付かないのか、こっちに身体の横側を見せる形で立ち尽くしていた。
腕を横に上げたまま。
それに気付いた瞬間、俺の背筋をゾクッと冷たいものが走る。
その不自然なポーズには見覚えがあった。
いきなり姿を消した柚衣を、お札の部屋で見つけた時の格好だ。
「柚衣!柚衣!何してるんだよ、おいっ!!」
俺は堪らず叫ぶ。柚衣がその格好を取っているのはまずい。なぜかそう確信していた。
でも柚衣は気付かない。
そうこうしているうちに、俺の恐れていた事が起こり始める。

『アアァア……アアア゛ア゛…………ァアアア゛ア゛………………』

忘れられない。忘れられるわけがない。
あの首を絞められたような声が、部屋のどこかから聴こえてくる。
その声を耳にした瞬間、俺は完全に固まってしまった。
もう声も出ない。出したくない。これが夢だって事は解ってる。でも、夢の中だろうと怖いものは怖い。
しばらくあの奇声が続いた後、柚衣のすぐ横にあの黒い影が姿を表した。
薄暗い部屋の中でもはっきりと見える。
火事の時に充満する真っ黒い煙が、人型に留まっているような感じだ。
そして相変わらず、目に当たる部分だけは異様に赤く光っている。
改めて見ても寒気が止まらない。これが元人間なんてとても信じられない。
性質の悪い強姦魔の成れの果て。それが柚衣の傍にいる。
『逃げろ、柚衣!』
そう叫びたかったけど、やはり声は出なかった。
「………………」
影に真横まで近づかれても、柚衣は何も反応を示さない。
ただ虚ろな様子で、正面にある扉の方を見ているだけだ。
まるでマネキンのようなその顔は、黒い影とはまた種類の違う不気味さがあった。
黒い影は人型を保ったまま、腕らしき部分でその柚衣に触れる。
俺は思わず息を呑んだ。
影の一部が柚衣の胸の辺りを往復し、それにあわせてキャミソールに皺が寄る。
胸を揉んでるんだ。やっぱりあのバケモノには、女を強姦しまくっていた頃の記憶が残っているらしい。
そのうち、胸を揉む方とは逆の腕が、柚衣の下腹を通ってハーフパンツの中に入り込む。
ハーフパンツのボタンが凄い力が加わったように弾け飛び、膨らんだショーツが覗く。
上部分にレース、正面にピンクのリボンがついた可愛いショーツ。
見覚えがある。間違いなく、あの日柚衣が穿いていたものだ。そこにバケモノの手が入り込んでいる。
性的な知識がろくにない俺でも、柚衣のあそこに触っているんだとわかった。
そのまま、どのくらい経っただろう。ほんの数十秒ほどかもしれないし、もっとかもしれない。
「!!」
それまでされるがままだった柚衣が、ある瞬間に、いきなり目を見開いた。
そして自分に纏わりつく影を見て、顔を強張らせる。
俺が知る柚衣らしい反応だ。

「きゃああああああぁぁっっ!!!」

金切り声のような悲鳴。これには聞き覚えがある。俺達が小屋から逃げ出した時、後ろから聞こえてきた悲鳴だ。

俺はここで目を覚ました。薄い掛け布団を跳ね飛ばした身体には、ぐっしょりと汗を掻いていた。
悪い夢にもほどがある。
最後の悲鳴には確かに聞き覚えがあるけど、聞こえた状況が違う。
あれは俺達がいなくなった柚衣を見つけた後、黒い影に追われながら耳にしたものだ。
柚衣が黒い影に襲われる中で発したなら、状況が矛盾する。
でも単なる気のせいで片付けるには、あまりにもリアルだった。
あれは、本当に柚衣の声なんだろうか。俺はその日の昼に柚衣と遊んだ時も、延々とそれを考えていた。
なんか変だよ、と言われたけど、考えずにはいられない。
あの悲鳴と、柚衣の喋り声。やっぱり似ている気がする。何だかモヤモヤする。
今思えば、浩太も何か思うところがあったのか、この日はいつもより妙に口数が少なかった。

そして俺は、この日から毎晩、黒いバケモノと柚衣の夢を見るようになる。


薄暗い部屋。
そこにいる事がわかった時点で、俺はあの夢の続きなんだと直感的に理解した。
部屋の中央に柚衣とバケモノの姿がある。
柚衣は震えながら後ずさり、バケモノと距離を取ろうとしているらしかった。
でもすぐに壁にぶち当たる。
影は揺れるような動きで柚衣に迫り、輪郭の定まらない腕で掴み掛かる。
柚衣の着ていた水玉のキャミソールは、一瞬にして引き裂かれた。
信じられない力だ。改めて、バケモノがこの世のものでないことを認識させられる。
「ひ、ひぃっ…………」
柚衣は可愛そうなぐらい怯えきって、零れ出た胸を手で隠した。
でも影はその柚衣にさらに襲い掛かり、ハーフパンツさえ奪いに掛かる。
ボタンが弾け跳んでいるから、柚衣がいくら内股気味に抵抗しても、脱がされるのはあっという間だった。
「やめっ、やめてぇっっ!!」
その声が聞こえた時には、ショーツさえ膝下までずり下ろされてしまっている。
俺はもう居てもたってもいられず、後ろから影に飛びつこうとした。
でも金縛りというやつか、柚衣達とは逆側の壁際に座り込む状態のまま、指一本さえ動かせない。
その代わり意識だけはハッキリしていて、暗がりの中での視力も、衣擦れの音を聞く聴力も、普段以上に鋭い。
まるで、目の前の情報をムリヤリ脳へ伝えられてるみたいに。

「いやーっ、いやーーっっ!!」
柚衣は尻餅をついた状態で、必死に影に抵抗していた。
でも暴れているのは腰から上だけで、影の手に掴まれている足はピクリとも動かせていない。
影はそんな柚衣に大きく足を開かせ、腰を近づけていく。
俺は、ヤラれるんだ、と絶望的な気持ちでそれを見つめていた。
黒い影と柚衣の体が密着する。見た目には裸の柚衣が煙に包まれているみたいだ。
そして直後、いきなり柚衣の右脚が大きく跳ね上がった。
「痛い!!」
柚衣は叫びながら、両足の裏で床を蹴ったり、影の肩の辺りを引っ掻いたりしながら暴れ始める。
柚衣は処女だったんだ。だから破瓜の痛みで叫んだ。
でも当時の俺にそんな知識がなかったから、あそこが裂けたんじゃ、と思ってハラハラしていた。
影は腕で柚衣の膝下を押さえつけるようにしながら、さらに腰を打ちつけていく。
「いたい、いたいぃ…………!!」
柚衣は悲痛な声で泣いていた。その弱弱しい声には覚えがある。
小さい頃、山で追いかけっこをしていた時に、転んだ拍子で柚衣の足に木の枝が刺さってしまったことがある。
幸い傷は大したことなかったけど、その時の柚衣も血を流しながら、今とまったく同じ調子で泣いていた。
こんな悪夢を現実だとは思いたくない。
でもこの柚衣の反応は、本物の柚衣とあまりにも似すぎている。
いや、気のせいだ。そもそも夢っていうのは、現実に経験した事を形を変えて見るもの。
だからこれも、神主さんから聞いた『柚衣が暴行された』という話を、俺の脳が勝手に想像した結果に違いない。
俺は無理矢理にそう納得しようとする。
でも、しきれない。
柚衣の漏らす苦しそうな声。荒い息遣い。手足の指や筋肉の細かな動き。
それはただの夢にしては生々しすぎた。
おまけに夢にありがちな、気がついたら場面がまったく違っているという事もない。
ただ延々と、柚衣が犯される光景が続いた。

次の日に柚衣と顔を合わせるのは、前以上に気まずかった。
まともに柚衣と視線を合わせられない。
あれが夢か現実かはともかく、セックスしている所を見てしまったんだから。
「ねえ、大丈夫?」
そんな俺を、柚衣の顔が覗き込んだ。
少し首を傾ければ、そのままキスができそうな距離だ。
シャンプーの良い匂いが鼻腔一杯に広がる。
幼馴染だからこその距離感のなさに、今更ながらに困惑してしまう。
正直、たまらない。
いくら普通を装って柚衣と笑いあったって、どうせまた夜に眠ると、彼女が犯される夢を見てしまうんだから。



「あっ、あっ、ああっ…………」

暗闇の中、荒い息に混じって、生々しい喘ぎ声が聴こえてくる。
15年のつきあいで、柚衣のこんな声は聞いた事もない。
走った時に息が荒くなるのは何度となく聞いたけど、今目の前で吐かれている息は、そういう類の喘ぎとはまた違う。
もっと真剣というか、切羽詰っているというか、無関係の人間が踏み入れない感じの呼吸。
リアルだ。
多分現実世界の枕の匂いか何かだろうけど、独特の臭いまで嗅げてしまう。

柚衣は、もう痛いとは言わなくなっていた。
片脚を抱え上げられたまま、横倒しになる格好で犯されている。
薄い茂みの下に、黒い影のモノが出入りしているのが丸見えだった。肉のビラビラが捲り上がるのが何度も見えた。
抜き挿しのたびに、にっちゃ、にっちゃ、と粘ついた音が立つ。
そしてその音がする度に、目を閉じた柚衣が眉を顰める。
その頬は灰色に汚れていた。頬だけじゃなく、胸も脇腹も、床に触れた部分全部が煤けている。
せめて柚衣の全身が白いままなら、目の前の情景をウソだと切り捨てられるのに、刻一刻とリアルに薄汚れていく。
ここまで細部が再現され、理屈の通った夢は経験がない。きっとこれは夢じゃない。
俺はいい加減、その事実を心の中で認めはじめていた。
そうなると本当につらい。幼馴染が犯されているという『現実』を、金縛りに遭ったままで見続けないといけないんだから。

柚衣は犯されて苦しそうにはするものの、段々と抵抗をしなくなっていった。
唯一嫌そうな素振りを見せるのは、影の物を咥えさせられる時だ。
影は柚衣を犯した後、必ず不気味に直立し、柚衣にあそこを舐めさせようとする。
柚衣はそこで必ず黒髪を振って拒絶した。今の今まで自分の中に入っていた物なんて、口に入れたい筈がない。
でも結局は頭を掴まれ、強引に咥えさせられるんだ。
「ん、んんっ…………んむっ、ううっ……んっ…………」
鼻を抜けるような苦しそうな声がする。
その声と同調するように、膝立ちのままの柚衣の太腿が何度も強張り、背中に黒髪が揺れる。
正直それは、セックスとはまた違う刺激があった。

影はしばらく柚衣に自分の物をしゃぶらせると、また足を掴んで犯し始める。
その時の体位は様々だった。
正面から抱き合う格好、後ろから腰を打ちつける格好、互い違いに交わる格好、柚衣を自分の上に乗せて腰を振らせる格好。
アダルトビデオすら見た事のない当時の俺にとって、この光景は刺激的だ。
股間が熱く、ズボンを突き破りそうなほど勃起しているのが自覚できた。
翌朝、俺は自分が射精している事に気付いて、ひどい自己嫌悪に陥った事を覚えている。
柚衣と話していると変に緊張するようにもなってしまい、逆に浩太と話す時は気楽でいられた。
だから3人で遊んだ後も、浩太の家に上がり、2人で馬鹿話をする事が多かった。
そんなある日、ちょうど会話のネタも尽きて沈黙が下りた所で、浩太が急に声のトーンを変えて言ったんだ。
「なぁ。お前最近、変な夢見ないか?」
「な……何だよ、変な夢って」
「気のせいならいいんだけどよ。最近のお前見てっと、多分俺と同じ夢見てんじゃねぇかと思ってさ」
そこから浩太が語り始めたのは、驚くことに俺と見たものと全く同じ内容の夢だった。
こうなるとさすがに偶然とは思えない。
「やっぱあのバケモンが、あの小屋で起こってた事を俺達に見せてんのかな」
浩太の言葉に寒気が走る。
あのバケモノが俺達を恨んでしてる事だとすれば、夢が最後の場面までいった後、どうなるんだろう。
またあの影が現れて、取り殺されるんじゃないか。
そんな気がした。
でも、だからといって神社にお札などを貰いに行く気にはなれない。
もしそれをすれば、神主さんの一族から、どんな夢を見たのか全て話すよう言われるだろう。
それは嫌だったんだ。
柚衣の受けた凌辱を知っているのは、せめて俺達だけにしておきたかった。
それに、その夜の最後、別れる前に浩太が言ったんだ。
「大丈夫。俺らの前に、あのバケモノは来ねぇよ」
俺の目を見ながら、浩太ははっきりとそう言い切った。
根拠なんてある筈もないのに、不思議と俺は、その言葉を聞いて安心した。
不思議なぐらいあっさりと、大丈夫という親友の言葉を信じたんだ。

その夜も、その次の夜も、俺は柚衣が犯される夢を『見せられた』。
「あっ……ああっ……ああぁ、ああっ…………」
にちゃにちゃという音に混じって、柚衣の喘ぎが響く。
柚衣は体中を床の埃で薄汚れさせながら、完全にされるがままになっていた。
夢で犯されている時間は、多分もう十数時間にもなる。疲れ切っているんだろう、と俺は思った。
でもどうやら、それだけじゃないらしい。
最初に異変に気付いたのは、柚衣が両脚を掴み上げられ、閉じた脚の間へと挿入されている時だ。
「ああぁっ…………ふぅっあ、ああっあ、あっ………………!」
柚衣は相変わらず苦しそうな喘ぎを漏らしていた。
薄く開いた目は潤んでいて、泣いているように見える。でも一瞬、その目がひどく蕩けているように映ったんだ。
「!?」
俺は目を疑った。でも一度気付いてしまうと、柚衣が快感を得ているようにしか見えなくなる。
潤んだ目も、上気した頬も、閉じない唇も。
投げ出された手が時々内に握り込まれるのも、真上に上げた足がぴくぴくと痙攣しているのも。
全部、『気持ちいい』からじゃないのか。
その仄かな疑惑は、段々と確信へ変わっていく。

「はあっ…………ぁう、くっ……んぁあっ、はぁ…………っあっ…………!!」
柚衣はバケモノの上に跨って腰を振りつつ、歯を食いしばって何かに耐えていた。
「ふ……っぁ」
風邪を引いたようなその顔は、そのうち目の焦点を結ばない無表情に変わる。
その度に柚衣ははっとしたように頭を振り、何かを追い払う。
それでも刻一刻と無表情の時間が多くなっていき、ついには口の端から涎まで垂れ始めた。
村の皆から利発そうだと言われる普段の柚衣では、絶対に考えられないことだ。

疑惑が決定的になったのは、犯される体位が後背位に移ってからだった。
腰を高く掲げさせ、大股開きの両足をピンと伸ばさせたまま、背後から犯す。
影はこういう誰かに見せ付けるような体位をよく選んだ。
すらっとした脚の間から、床に肘をついた柚衣の上半身が覗くので、確かにひどく刺激的だ。
他のどんな体位より、15歳のまだ細い身体が犯されている、という事実が伝わってくる。
床に黒髪を広げたまま、叫ぶように口を開ける柚衣の表情まで見えて、心が痛む。
でも今は、それ以上に衝撃的な事がある。
黒い影が腰を打ちつけるたび、結合部から、ぽたっ、ぽたっ、と雫が垂れているんだ。
雫の源は、間違いなく柚衣のあそこだった。
時々粘膜を覗かせる割れ目がひくつくたび、両の内腿へ透明な筋が伝い落ち、同時に茂みからぽたぽたと垂れていく。
それが何を意味するのかは、流石の俺でも理解できた。
「………はーっ、はぁーっ……あっ、あっ………や、やめてっ、奥……もぉ、おくは…………んっ!
 …………がまん、できなっ………………お、おかしくなっちゃう………………っ!!!」
柚衣は薄く目を閉じ、たまらないという風に呟いている。
がくがくと痙攣するその細長い脚は、まだまだ俺達と同じく青さの残るものだ。
でもその間に隠された女の部分は、影によってすっかり成熟させられてしまったらしい。
その事実に俺は、金槌で頭を殴られたようなショックを受けた。
涙まで出た。
柚衣が、俺達の大切な幼馴染が、変えられてしまったんだ。あんな得体の知れないバケモノの手で。
それが悔しく、恐ろしく、そしてただただ悲しい。

金縛りのまま泣く俺を嘲笑うように、影はその後も柚衣と交わり続けた。
この辺りから柚衣の反応も、いよいよ余裕のないものになっていく。
「っああーーっ!! ああぁあぁっああああーーーーっ!!」
大股開きのまま正常位で犯されながら、何度も天井を仰ぎ、裏返った声で叫ぶ事もある。
そしてそういう反応を見せた後は、決まって潮を噴いた。
「んんーーーーーっ…………!!」
影が物を抜いた瞬間、唇を結んでたまらなそうな声を出しながら、小便のようなものを撒き散らすんだ。
量はごく僅かに飛沫くだけの時もあれば、太い放物線を描くときもある。
当時の俺はそれを“お漏らし”だと思ったけど、どっちにしろ異常なことには変わりない。
その異常は、それからも延々と続いた。
「いやぁ、いや……いや………………いやぁぁああっ………………!!」
柚衣は薄汚れた腕で目を覆いながら、ひたすらそう繰り返すようになった。
犯されて感じる事が嫌でたまらないのに、どうしようもないんだろう。
影はそんな柚衣に対して容赦しない。
それどころか、縄で柚衣の手足を縛り、不自然な格好で楽しむ事までしはじめた。
柚衣はその不自然な格好でのセックスで、さらに余裕をなくしていく。

俺が熱を出して寝込み、ようやく回復して柚衣を助けに行くまでに3日以上。
それと同じだけ、柚衣は俺の夢の中で犯され続けたんだ。
改めて、自分の不甲斐なさに腹が立つ。
あそこで倒れたりせず、這ってでも救出に向かっていれば、柚衣の苦しみも少なくて済んだのに。
全部の夢を見終わった後、俺は浩太にそう胸の内を語った。
すると浩太は首を振る。
「いや。お前が元気になってからでなきゃ、そもそも柚衣をあの小屋から助け出せてねぇよ。
 這うようなザマで行ってたら、お前まであのバケモノにやられてたって」
親友のその言葉に、俺は少し救われた気がした。
何でだろう。確かに浩太の言葉は昔から頼もしかったけど、今はそれとはまた違う迫力を感じる。

「――――俺よぉ」
浩太はどこか遠くを眺めながら、呟くように言った。
「ガキの頃から、柚衣が好きだったんだ」
「!!」
突然の告白に、俺は思わず度肝を抜かれる。
何で今、急に。いや、あの夢を2人して見た今だからこそ、なのかもしれない。
「ま、どこが好きかって聞かれても困るんだけどな。ただいつの間にか、何となく好きになってた。
 でも、俺らの関係壊したくもなかったしさ。ずーっと……黙ってた」
浩太はそこで俺の方を向く。なぜか、ひどく寂しそうな目で。
「お前は?」
「…………お、俺も、同じだよ」
浩太の問いに、俺はそう答えた。嘘じゃない。
これまであんまり意識した事もなかったけど、犯される柚衣を見て涙を流しながら、ようやく気付いた。
俺もずっと前から、柚衣が好きだったんだ。
「だよな」
浩太は頷きながら言った。
「要するに俺らは、恋のライバルってわけだ?」
俺はやや冗談めかして笑った。浩太なら空気を読んで、おう負けねぇぞ、なんて返してくれるはずだった。
でも、浩太はここで押し黙る。
「…………ああ。ライバル、“だった”」
「“だった”?」
発言の意図が掴めず、俺は聞いたままを繰り返した。
「俺は、ここで身を引く。柚衣を幸せにすんのは、お前に譲る」
「な…………何言ってんだよ!?」
俺はひどく戸惑った。負けず嫌いな浩太の言葉とは思えない。
木登りだって駆けっこだって、絶対に俺に負けるかと意地を見せてたじゃないか。柚衣の見ている前だと特にそうだった。
そんな浩太が、どうしてこんなにあっさりと引き下がるんだ。
「んな目ェすんなよ。柚衣を幸せに出来んのはお前だけだって思うからだよ」
聞き覚えのある言葉。

『いずれ、君が柚衣を支えることになるからだ。
 その時は、どうか柚衣の身を第一に案じ、幸せにする決断をしてくれ。今度こそ、ね』

禊を終えた後、神主さんに諭された時のことを思い出す。
なんだ、2人して。俺をからかっているのか。なんで、俺だけが柚衣を支える事になるんだ?
混乱の最中、浩太が俺に背を向ける。
「………………なぁ。絶対、柚衣を幸せにしろよ。絶対、絶対、守ってやれよ。
 じゃねーと俺、お前を許さねぇから」
その言葉を残して、浩太は建物の影に消える。
「ちょっ、待てって!」
納得しきれない俺が後を追おうとした、その時。

『――ア゛ア゛…………ァアア゛ア゛……』

首を絞められたような呻きが耳を掠める。
「っ!!!」
俺は思わず固まった。そして、震えながら辺りを見回した。
でも、あの影の姿はない。声も一瞬で止んでしまった。後になってみれば、気のせいだったとも思えるほどに。
「何だ、今の…………?」
思わず独り言を漏らしながら、足早に浩太の消えた角を曲がる。
そこに浩太の姿はなかった。見通しがよく、かなり歩かなければ身を隠せるような物さえない畔道なのに。
何なんだ、一体。何かがおかしい。もしかして、こっちが本当の夢なのか。
一瞬そう思ったけど、サンダルで踏みつけた石は間違いなく鈍い痛みを足裏に与えてくる。
これは現実だ。夢よりも不可解だけど、現実なんだ。



この翌日から、浩太は俺達の前に姿を見せなくなった。
家に行ってみても、扉が開かないどころか、人が居る気配すらない。
うちの親や柚衣の家の人に聞いてみても、示し合わせたように『病気で寝てるんだろう』というばかり。
あの浩太が、病気ぐらいで俺達の呼びかけに応えないはずがない。
何かあるんだ。
「浩ちゃん、大丈夫かな…………」
俺の部屋でトランプをしながら、柚衣が言った。
柚衣に変わった様子はない。まるであの悪夢が、本当にただの夢だったんじゃと思えるぐらいに。

俺も柚衣も、本当ならちょくちょく浩太の様子を見に行きたかったけど、すぐにそれどころじゃなくなった。
それぞれの家が、慌しく村を出る準備を始めだしたからだ。
最初は訳が解らなかった。
でも大人達はみんな真剣で、反対できるような感じじゃなかったし、原因が俺達のしでかした事なのは何となくわかったので、大人しく従った。
とりあえず新居の目処がつくまでは、県外にある俺の親戚が運営するホテルへ。
移動するのは、俺と柚衣の家族だけ。
「浩太は?」
そう聞いても、まともに答えてくれることはない。
唯一叔父さんだけが、ぼそりとこう呟いただけだ。
「浩太はもう、あの家にはいない」
俺は引越し準備の合間に、この話を柚衣にした。
すると柚衣も驚いてはいたけど、俺みたいに訳が解らないという感じじゃなく、どこか『やっぱり』という感じだった。

その理由が明らかになったのは、俺達が村を出てから一ヵ月後のことだ。
村に残ることを決めた親戚から神主さんを経て、俺達にある報せがあった。
浩太の遺書が見つかった、と。
桐箱に収められた遺書は、八枚以上あった。そしてその八枚に、びっしりと字が書き込んであった。
最初は、俺達3人の子供の頃の想い出が綴られている。
忘れられない大事件や、よくこんな事を覚えてたなという小さな事、そしてちょっとした秘密の暴露。
柚衣はそれを読みながら何度も涙を拭っていたし、俺も柚衣の目がなければそうしただろう。
でも、俺達の子供時代を追体験するようなその文章は、段々と感じが変わる。
柚衣の発育を性的に捉えるような描写が多くなり、それがどんどん病的になっていく。
そして最後には、柚衣をどういう体位で犯したいか、尻肉の掴み心地はどうか、あそこのしまりはどうかという異様な内容ばかりが並び、
そのあちこちがペンでぐしゃぐしゃに消されていた。
「いやあああっ!!!」
それを目で追ううち、柚衣は頭を抱えて泣き始めた。
俺は思わず遺書を裏返す。こんなのは普通じゃない。
どこか精神的に不安定だったとか理由はあるんだろうけど、あの浩太にこんな事を書かれて、ショックじゃない訳がない。
俺はそう考えて柚衣を慰める。
でも柚衣はしゃくりあげながら、違う、と繰り返した。

ようやく落ち着きを取り戻した柚衣から聞いた話は、次の通りだ。
まず、俺が見た夢。あれはやっぱり夢じゃなく、すべて現実にあったことらしい。
柚衣はあの小屋で延々とバケモノに犯され、そしてその間中、卑猥な言葉を囁かれ続けていた。
俺にはいつもの呻きにしか聞こえなかったけど、柚衣には不思議と理解できたそうだ。
その囁きがまさに、浩太の遺書の後半に書かれていたような内容。
「じゃあまさか、浩太はあのバケモノに…………?」
俺が震えながら言うと、柚衣は静かに頷いた。
正確には、もうずっと前……俺が最初に小屋から逃げ帰り、熱を出して寝込んでいる頃には、半ば憑かれた状態だったと。
俺がまだ倒れている間に、浩太は一人であの小屋に行くと言い出したらしい。
神主さん達は一人じゃ危ないから俺の回復を待てといったけど、浩太は元々俺のせいだからと聞かなかった。
そして例の獣道まで一緒に付き添った神主さんによれば、戻ってきた浩太は、すでに雰囲気が違ったらしい。

『俺さ、いっぺん山入ったんだ、お前がまだ熱出して寝込んでる時。
 今日と同じように、入口まで神主さんに付き添って貰ってさ。でも、そん時は小屋に行けなかった。
 普通に深穢ヶ池に着いちまったんだ。拍子抜けするくらい、すげぇ近かったよ』

あの時の浩太のこの言葉は、半分本当で、半分嘘だったんだ。
浩太は多分、一度目も小屋に辿り着けていた。そこで何かが起きたんだろう。
そして柚衣を助け出して山を下りた時には、もうほとんど浩太は浩太じゃなくなっていた。
俺と柚衣は禊でなんとかなったけど、浩太はもう無理だった。
あのバケモノに憑かれたが最後、神主さんでも為す術がない。
だからしばらく様子を見て、いよいよ危険となれば俺と柚衣を逃がそう、と決めたらしい。

俺はこの話を聞いて、いきなり信じることができなかった。
だって俺にしてみれば、浩太はいつも普通だったんだから。禊が終わった後も、毎日3人で遊んで――
「毎日、じゃないよ」
俺の言葉を遮るように、柚衣は言った。怖いぐらい真剣な表情で。
「…………え?」
「毎日じゃない。浩ちゃんがいないこともあったんだよ」
そう。俺は毎日3人で馬鹿話をしていると思ってたけど、実は柚衣と2人の事もあったらしい。
俺がいかにも浩太がいるように振舞ってたから、柚衣も察して何も言わなかった。
言われてみれば、柚衣が俺にしか話しかけない日があったような気がする。
例の夢のせいで上の空だったから気付かなかったけど、確かにあった。
「浩ちゃん…………ずっと、頑張ってたんだね」
柚衣はそう呟きながら、もう一度遺書を見返し始める。
俺は、その姿を見ながらようやく理解していた。
これだったんだ。神主さんと浩太自身が言った、柚衣を幸せにしてやってくれ、という意味。
浩太は自分がやれない分、柚衣を幸せにする事を俺に託したんだ。多分、最後の最後に残った自我で。


それから、さらに二ヵ月後。俺と柚衣は付き合い始めた。
俺が気持ちに整理をつけた上で告白し、柚衣もそれを受け入れてくれた。
幼馴染だった頃や小屋の件を意識して、変にぎこちなくなる事も多いけど、きっと幸せにしてみせる。
多分今もあの村にいる、俺の大切な親友に誓って……。



                             終

あけましておめでとうございます。

もう三が日も終わってしまいますが。今更。
昨年はブログ凍結や移転などゴタゴタしましたが、お世話になりました。
今年もより良い創作活動に励みたいと思いますので、『大樹のほとり』を宜しくお願い致します。
アクセスカウンター

    ありがたいコメント
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    さくさく検索
    プロフィール
    • ライブドアブログ