大樹のほとり

自作小説を掲載しているブログです。

2009年02月

個人的AV観

自分の中で、AVは“手コキ物”と“マッサージ物”が二強です。

男に感情移入するならM男・手コキ物。
綺麗な女子高生に立ったまま扱かれ、射精して腰がガクガクになっても赦されず、
女子集団にやじられながら失禁して涙ながらに懇願するってのが良い。

女に感情移入するならマッサージ物。特にレズ。
女ならではの巧みさで優しく乳房と陰部を撫で回される。
ぱんつの中からぐちゅぐちゅ音がする。これだけでいい。
これを何十分も続け、徐々に耐え切れず蕩けていく女の子を写し続けてくれれば神だ。
他は何もするな!!
ああこらローターとかいらないってば

本当はアナルや浣腸モノが一番好きなんですが、
最近のはとりあえず大量に流し込んで飛ばしたれ~ってなもんで情緒の欠片もない。
浣腸までされてるのに和やかな現場など 論 外 だ 。
浣腸は被虐の最たるもの、絶対にそれだけは…と嫌がってナンボじゃあるまいか。
一昔前には考えられない美少女もいるからこそ惜しい。
あんな綺麗な子を使って、あんな立派な器具を揃えて、なぜその程度なのだ。
ええい俺に撮らせr

とまぁ、好きなジャンルにはそれだけ不満が多くなるので、結局一番使えるのは純粋なMモノ。
女優さえ良ければあとはシンプルでいいのです。



以下妄想メモ

①女子寮跡に忍び込んだオカルト好き男子学生が幽霊少女集団(処女)にアッー!
②清純そうな女の子を連れ込みレイプしたら、実はレディースのトップで逆に(ry
③ハリウッド映画のガチ濡れ場(レズ)の撮影、
 日本のアイドルとハリウッド女優がプライドを賭けた公然イかせ合い
④敵軍に捕まった愛人の陵辱を牢の前で見守るしかないスパイ
④とりあえず処女検査を扱った作品

妄想ストックはどんどん溜まる。
……しかし肝心の精液が溜まらない。
助けてよドラMん

チョコを渡していいのは、渡される覚悟のある奴だけだ!

バレンタインだし純愛物でも書こうかと考えてたら、なぜか陵辱ネタしか浮かばなかった。
思えば今までほとんど陵辱物しか書いてないので、純愛物の経験が足りてないのかもしれない。

さておき。
拍手コメントにてリクエスト希望をされていた事を今日初めて知りました。
どんだけブログ覗いてないのかと。
宜しければ、改めて聞かせて下さいませ…。

( ただし、そのリクエストに答えるかどうかはわかんないです。
  NG属性は無く、グロでもスカでもBLでも書けますが、気分によってry )
続きを読む

もう2月じゃなイカ

気付いたら月が変わってるというこのザマ。
これ以上放置してると生存を疑われかねないので更新。

最近は気分転換にDSのドラクエ5を買ってプレイしてました。
新しい嫁候補がいるということでそっちを選ぶプレイ。
…だったはずなんですが、やるのが非常に久しぶりだったもんで、
ビアンカのナイス幼馴染っぷりに惚れて『結婚すべき』と思ったり、
フローラのキャラが好きで『結婚したい』と思ったり。

デボラは……どーでもいいや。サンチョあたりと援交でもしてるがいい。

この2人に対抗できる嫁候補なんて、幼年期に絡みのあるベラぐらいだ。
幼な妻はいいぞ。しかもエルフだ。人間と多種族の共存も5のテーマっぽいからバッチリだ。

と、ゲームをしつつ久々にスポーツジムにも逝っていたり。
自分の身体が想像以上にへタレている事に愕然としました。
私はもともと肉体的に恵まれている方で、学生時代の筋力は並み外れたものがありました。
それが一般人以下のレベルに下がってました。あと視力も。


ただ、身体を動かすとやはり気分がスッとします。
創作意欲もそこはかとなく湧いてくるような。
ですので一応、物書き引退宣言は撤回しておきますね。そのうちに何か書くでしょうから。

何を書くのか、は未定ですが、書きたいものはあります。
例えばエッジは、悠里というキャラ自体は気に入っているのでまた何かさせたいですね。
ただ、過去の事情だとかそういうのを入れてしまうとどうしても小難しくなるので、
そういった設定には深く触れず、飄々と戦わせたい。
サンドバック叩いてるとバトルシーンの妄想が止まらないのです。

あにゃる物も何か書いてみたいですね。そういえば霊能ロリの話が投げっぱなしだったか。
いや、それ以前に澄んだ肖像も終わってない。投げ出しすぎだろう。

正直何を書くのか、いつ書くのか、というか本当に書くのかすら不明ですが、
とりあえずこれをもって復帰宣言に代えたいと思います。

     ワタシハ カキテ クンセイネコ
        コンゴトモ ヨロシク ・・・・・
アクセスカウンター

    ありがたいコメント
    さくさく検索
    Amazonライブリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    プロフィール

    kunsecat

    • ライブドアブログ