大樹のほとり

自作小説を掲載しているブログです。

ニューハーフ

女神の試練

※シーメールの明菜を主人公とした4作目。なぜシリーズ化したし。
 コメント欄の老婆に虐められる明菜、というリクエストに着想を得たものです。
 アナル注意。また、前半に男によるイラマチオ(嘔吐なし)、後半にレズ(?)、老婆による責めがあります。

 なお、シリーズの時系列は 
天使の洗礼』→『シーメールの性欲処理』→『女神の屈服』→今作 
 の順です。

   

高級ショーパブ『アールヴヘイム』のオーナーは、傲岸不遜な人物として知られている。
パブの“ママ”であり、普段は女王のように振舞う真優ですら、このオーナーには頭が上がらない。
名は千賀弥千尋(せんがやちひろ)。
千と千で百万ドルの主だ、との自己紹介が定番だというが、実際の資産はいくつか桁が違うだろう。
シーメールパブの頂点たる『アールヴヘイム』以外にも、無数の風俗店を経営する、風俗界の重鎮なのだから。
なまじ保有する店舗が多いため、千尋が一店一店を視察する事は滅多にない。
しかし『運悪く』来訪した彼女の逆鱗に触れたが最後、より劣悪な系列店に飛ばされるという専らの噂だ。
そうした事情から、千尋が店を訪れるや、『アールヴヘイム』の天使達は皆々が平伏した。
“ママ”である真優も、最古参のキャストであるユリカやユキも。
ただ、1人例外が存在する。
『アールヴヘイム』入店以来、その類稀な美貌で屈指の人気嬢へと成長を遂げた超新星、明菜だ。
花園の中でも一際芳しく咲く大輪の華でありながら、その精神は雑草の如し。
いかなる恥辱に塗れようとも、受難の時が過ぎれば、すぐに高飛車な態度を取り戻す。
不撓不屈の泥女神――『アールヴヘイム』の同僚達は、皮肉と少しの畏敬を込めてそう渾名した。

「あら……良い気構えの嬢がいるものね」
周囲が平伏する中、ただ1人正座を崩さない明菜に、煌びやかな装いの老婆が笑いかける。
成金、姑、意地悪婆。その三つの単語で全てが説明できそうなほど、底意地の悪そうな人物だ。
「オーナーがいらっしゃるからといって、必ずしも平伏する必要はないと思います」
明菜は、背筋を伸ばし、曇りのない眼でぴしゃりと言い切る。
真優にも、先輩キャストにも、そして常連客にさえ、明菜のこの直刀のような態度は変わらない。
「ふふ、アッハッハッ!! 面白いコ、私にこうも堂々と意見するなんて……いつかのお前と同じねぇ、真優?」
老婆――千尋はファーコートを靡かせて笑った。
口元を扇子で隠しているのが滑稽に映るほど、品のない笑い方だ。
明菜の表情が険しくなる。男根を有する身ながら、女よりも女らしくあらんとするのが“彼女”だ。
その彼女にとって、正真正銘の女、それも十分に歳を重ねた老婆である千尋の品のなさは許し難いのだろう。
同時に、その千尋に平伏する真優の事も。
「訂正して下さい、オーナー」
明菜は千尋に向かって告げた。千尋の高笑いがふと止まる。
「…………何を、かしら?」
「真優さんと同じ、という発言をです。私はああして、犬のように頭を垂れる人間にはなりません」
そう語る明菜の眼は挑発的だった。嫌う人間はあくまで嫌うのが明菜だ。
今の発言を意訳するなら、『お前に頭を下げる価値はない』という事になる。
「明菜ッ、お前いい加減に…………!」
さすがに真優が物申そうとするが、それを千尋が手で制した。
千尋は目を細めて微笑んでいる。微笑んではいるが、その瞳の表情は睨みつける以上に暗い。
「そう、そうなの。あなたは真優とは違うというのね。真優以上の大器の持ち主だ、と」
「おっしゃる通りです」
千尋の静かな確認に対し、明菜は即答する。真優が苦い表情になった。
真優は明菜を案じているのだ。
明菜の不器用な性格を知るからこそ、居たたまれない。
その真優の心中をよそに、明菜と千尋の間には、目に見えぬ火花が散り始める。。

「本当に面白いコねぇ。そこまで言うアナタの器というものが見てみたいわ。
 都合のいいことに、私は初々しかった頃の真優を知っているの。
 まだ皮被りの少年のようだった真優に、じっくりと性を教え込んで、一流のシーメールに仕立て上げたのが私なんだもの。
 アナタ…………ええと、名前は何というのかしら」
千尋は、姑が嫁の品定めをするように視線を這わせた。
その毒々しさは、生粋のサドとして知られるユリカが、見つからぬよう半歩後ずさりするほどのものだ。
しかし、明菜は退かない。いや、退けない。彼女自身の生き様に懸けて。
「明菜です」
「そう、じゃあ明菜さん。シーメールとしてのアナタを、たっぷりと見せて貰うわね」
千尋の愉快そうな声が響き渡る。
「お前は、本当のバカだよ…………明菜」
真優が溜め息混じりに呟いた。

 ――ならせめて、自分を見失う事はするんじゃないよ。

そう続けた言葉は、誰の耳にも届かなかっただろうが。





「うひゃっ、こんな可愛い子のおっぱい弄くっていいの? ホントに!?」
中年の男が、明菜を見て下卑た笑みを浮かべる。
上半身のみ裸になったホステスが、ソファで横並びになった男性客に身体を触らせる、『おっぱいパブ』と通称される店。
明菜はそこでシーメールである事を伏せたまま、客を取らされる事となった。

『真優は本当に、女より女らしいわ。あの子なら、純粋なホステス役でも見事に演じきるでしょうね』

千尋の姑じみた陰湿な物言いが、明菜の脳裏に甦る。そうした物言いをされては、ホステス役を受けるしかない。
幸い明菜は、女性ホルモンを摂取し続けた影響で、男根がある事以外はほぼ女と変わりがない。
いや、むしろそれ以上だ。
『1日限りの新人』としてオーナーである千尋に紹介された時、店中のホステスの視線を釘付けにしたのだから。
艶めくような美しい栗色の巻毛に、涼やかな目元、すっと通った鼻筋に、品のいい唇。
豊かな乳房に、気持ちが良いほど大胆にくびれた腰つき。モデル顔負けの伸びやかな脚線。
どこから見ようと男の気配など微塵もない。
その“彼女”がシルクのショーツとミニスカート、ニーソックスを身に着ければ、いよいよ上等なホステスが出来上がる。

「うひひ、す、すごい脚だね。綺麗だ」
赤い超ミニと黒ニーソックス。その合間に存在する眩いばかりの太腿に惹かれ、男が手を伸ばそうとする。
「後藤様」
千尋の呼びかけが男を制止した。
千尋はソファの対面でカクテルを作りつつ、目を細めて微笑む。
「お忘れですか。下半身のお触りは禁止ですよ」
にこやかに千尋が告げると、後藤と呼ばれた男は舌を出した。
オーナーから直々に咎められたにしては軽い反応だ。どうやらこの後藤という男、かなりの常連客らしい。
「あはっ、ごめんねぇ千尋さん。じゃあいつも通り、胸を可愛がるよ」
後藤はそう告げ、明菜の上半身に意識を向ける。

男の毛深い両手が伸び、まずは正面から乳房の下部分を覆った。
そして胸を寄せながら、外側へ円を描くようにして揉みはじめる。女が快感を感じやすい刺激の仕方だ。
「…………っ」
明菜は、鼻から小さく息を漏らす。
ニューハーフには胸に詰め物をしている娘も多いが、明菜の場合は女性ホルモンの投与のみで膨らんだ天然物。
当然、乳腺の感覚は完全に女性と同じであり、後藤の揉み上げに何も感じない訳ではない。
しかし、声は出せなかった。明菜のハスキーボイスは中性的だが、シーメールであると露呈しないとも限らない。
そうなっては、『純粋なホステスを演じる』という千尋の課題は失敗に終わる。
ゆえに明菜は、どれほど乳腺からの快感を得ようとも、唇を結んで声を殺すしかなかった。

「あれぇ、声出さないんだね?」
後藤が明菜の顔を覗き込みながら問う。
「すみません。その子、口下手な上に無愛想なんです。そのせいでルックスはいいのに、中々お客様がつかなくて」
カクテルを差し出しながらしなを作る千尋。後藤はそのカクテルを受け取り、一息に飲み干した。
「……ぷはーっ。なるほどね、このルックスの娘が空いてるなんて、おかしいと思ったんだ。
 でも、それでこんな可愛い子とできるんなら儲けものだよ。儲けもので、ボクもう獣……なんちゃって!」
「まぁ、お上手!」
後藤のジョークに、千尋が身を揺らして笑う。
一方の明菜は冷め切った瞳だ。客相手であろうと愛想笑いはしない。
無口はともかく、無愛想というのは妥当な指摘かもしれなかった。
とはいえ明菜は、客を軽んじる嬢ではない。
ショーの合間に親しげな会話をするのは勿論、客の顔色一つで体調不良を見破るなど、意外にもよく気が回る嬢だ。
かつて常連客の1人から娘の相手を頼み込まれ、引き受けた事もある。
さらには、そのサディストの娘によって痛い目に遭ったにもかかわらず、未だにその常連客と繋がりを持っているほどだ。
勿論、父親である客当人へ、涙ながらに不満をぶつけた上でだが。
高飛車な態度の裏にそうした優しさを覗かせるからこそ、明菜は多くの客達を骨抜きにするのだった。

後藤の乳房責めは続く。
まずは乳房の下側から押し上げるように揉みほぐし、じわじわと乳腺を目覚めさせていく。
すると胸全体の感度が上がり、乳首も固さを増してくる。
「可愛いサクランボだ」
後藤は隆起しかけた乳頭を撫でた後、唐突に吸い付いた。
「っ!」
明菜は危うく声を漏らしかける。吸い付きはそれほど強い。
後藤の口が、まさしく『貪る』という様子で左乳首を責め始めた。
チュウチュウと音を立てて吸う。吸いながら、きゅぽんと音をさせて引き抜く。
唇で挟み、甘噛みする。中心を舌で舐め回し、転がし、押し込む。側面を嫌になるほど嘗める。
一旦乳首から離れ、乳輪に沿ってじっとりと舌を周回させる……。
こうした責めを受けるうち、明菜の左乳首はいよいよ固く屹立してしまう。
明菜からすれば屈辱の極みだが、生理反応には逆らえない。

「ぷはっ……ふふ、すごい。コッチの方だけ、こんなになっちゃったよ」
何分の後だろう。後藤は左乳首を解放し、乳房を揉みあげて右のそれと対比させる。
彼の言葉通り、やや陥没気味の右乳首に比べ、左乳首は円錐型に尖っていた。
感度もまるで違う。ほぼ無感覚の右に対して、左は冷たい空気の流れだけでも感じてしまう。
「右だけほっといたら可哀想だよね。右もちゃんと可愛がってあげるからね」
後藤はそう言いながら、今度は右乳首に吸い付いた。
そして左と同じように、徹底的に舐め上げる。
「……っ!!」
明菜の美しい手がソファを掴み、ニーソックスが閉じ合わされた。
じわりじわりと、明菜の深くに何かが芽生え始めていた。
その芽生えは、正面責めに飽きた後藤が明菜の背後に回って以来、加速度的に促される。

当然と言うべきか、後藤は背後からの責めも巧みだった。
正面からの場合と同じく、乳房の下半球に手を添え、ゆっくりと円を描くように揉みあげる。
ただこれだけで、明菜はひどく安心するような、うっとりとした気分の中に引きずり込まれる。
「可愛いよ、明菜ちゃん。それに何だか、首筋からいい匂いがするね?」
後藤は耳に息を吹きかけるように賛辞を述べた。
さらにその流れで、耳元を舐め、首筋に沿って口づけしていく。
「うっ……あ」
ごく自然に唇から声が漏れ、明菜は慌てて口を噤んだ。
ほとんど吐息に近い喘ぎであったため、女として不自然に思われる事はなかっただろう。
しかし、油断はできない。明菜は気を張り直し、しかしその事で、かえって身体の敏感さが増してしまう。
「すごいねぇ、オッパイおっきくなってきたねぇ。先も、もうコリコリだ」
後藤の暖かな手の平が、乳房を揉みしだく。2本指がしこり勃った乳首をいじめ抜く。
「……………………っ!!!!」
明菜は天を仰ぎながら歯を食い縛った。それでようやく甘い声を噛み殺せる。
それほどに心地がいい。
純然たる女がこの責めを受けたなら、ショーツに潜む渓谷は潤みに潤んでいるに違いなかった。
そしてそれがシーメールとなれば、当然、ショーツを押しのけるようにして逸物が隆起する事となる。
明菜のそれも張りに張り、いつミニスカートから顔を出すか解らない。
その恐れと羞恥に、女ならぬ女の頬は真っ赤に染まってしまっている。
千尋はそうした明菜の様子をたっぷりと堪能した後、ようやくにして助け舟を出す。

「…………あら、後藤さん。残念ですけど、お時間です」
腕時計を見やりながら千尋が言うと、後藤は残念そうに顔を上げた。
「えっ! そ、そうか……もう1時間経ってたんだ」
名残惜しそうに明菜の体を抱きすくめ、首を振る。
「ごめんなさい。明菜はこれで終わりですけど、別の娘を用意しますわ。たっぷり遊んで下さいね。
 さ、明菜。いらっしゃい」
千尋はそう言い残し、ふらつく明菜を個室の外へと連れ出した。



「あらあらあら、こんなに勃起させて。女になりきれって言ったでしょうに」
パブの控え室で千尋が笑う。
その前では明菜が直立していた。、赤いミニスカートをたくし上げ、ショーツをずらして怒張を露出させたまま。
「真優なら、あのぐらいは自制していたわ」
怒張を中指で弾き、さらに言葉責めを加える千尋。
美しい女体とは不釣合いな男根が、ぶらりぶらりと宙に揺れる。
「くっ……!」
明菜は唇を噛みしめた。人一倍プライドの高い彼女にとって、このような扱いは耐え難い。
だからこそ、千尋は面白がるのだが。
「しょうのない子ねぇ。続けて客を取らせようかと思ったけど、まずは一発抜いて鎮めてあげるわ」
千尋は意地の悪い笑みを見せ、部屋の隅から椅子を引いてくる。
肘掛けのない、簡素な椅子。そこに明菜を大股開きで掛けさせ、やや腰を浮かすように指示を出す。
「注文の多いことですね」
明菜が渋々と腿を上げた、直後。
それまで軟膏入れを舐めていた千尋の指が、ずぐりと明菜の肛門に挿し入れられる。
「ふあっ!?」
「あら、可愛い声。ソプラノも出るのねぇ」
皮肉とも賞賛とも取れない口調で言いながら、千尋は肛門内の指を蠢かし始めた。

指先は恐ろしく的確に明菜の前立腺を探り当て、刺激してくる。
ヂリリと焼けるような熱さが尿道を走った。真優の前立腺責めも巧みだが、千尋はそれ以上だ。
「あ、ああ、あっ!!」
「凄いでしょう。まだ義務教育を終えたばかりの真優にも、よくこうしてやったものよ。
 まだまだ生意気盛りで、悔しそうな顔をしながら、脚全体が真っ白く染まるぐらいに射精していたわ。
 アナタにも、その時の真優の気持ちがわかるかしら?」
千尋はそう言って前立腺を責めつつ、さらに逆の手で怒張を包む。
千尋の手の甲が明菜の目に映った。
美容品に相当な金を掛けているのか、年齢の割にはシミや皺が少ない。
しかし逸物をゆるゆるとしごき始めると、隠し切れない太い血管が浮き出してくる。
「若いわねぇ、アナタの肌は。元が男だっていうのが嘘に思えるぐらい、ハリがあって、きめ細かくて……」
手の甲に着目されている事に気付いたのか。
千尋は逸物を扱きながら、明菜の太腿に頬を擦り付ける。
その行為はなぜか、それまでのどの言葉よりも明菜の心を怖気立たせた。

「あ、ああ……あああっ、あ…………っは」
明菜の唇から吐息が漏れる。
ぬるっぬるっと逸物を扱き立てられ、前立腺も刺激されているため、快感は相当なものだ。
しかしいつも、今一歩のところで達することができない。
「ほらぁどうしたの、遠慮はいらないわ。時は金なりって言うでしょう、さっさとお逝きなさいな」
千尋が明菜に囁きかける。その声の調子で明菜は気付いた。
この老婆は、あえて明菜が絶頂へ至れぬよう加減し、意地悪く焦らしているのだと。
しかし、そうと解ったところで状況が変わる道理もない。
明菜は文字通りオーナーの『手の中で』、焦らしに焦らされる。
逸物からは、じわりと先走りが滲み出し。
「先っぽから何か出てきたわ。指の輪でクチュクチュいってるわね、何かしらこれ?」
睾丸は収縮を繰り返し。
「たまには、こっちの玉も可愛がってあげないとね…………あら、ふふっ。凄い顔するのねアナタ」
腿の肉は、女を忘れたように力強く強張ってしまう。
「ずいぶんと逞しい太腿ねぇ。とても女とは思えないわ」
肉体のありとあらゆる変化を目敏く見つけ出され、皮肉交じりに指摘される。
これは想像以上に恥ずかしく、さしもの明菜も気概ある瞳を保てない。
「やめてください、オーナー……」
痴漢を受ける女学生さながらに、弱った視線を床へ投げるばかりだった。
千尋はほくそ笑む。まさにその時、彼女の胸ポケットで携帯が鳴りはじめる。

千尋は肛門に差し込んだ指を引き抜き、傍らの布で拭い清めて携帯を開く。
「あら、どうも後藤さん。どうされました?」
千尋の反応から、通話の相手は先ほどの後藤である事が解った。
なぜ客がオーナーの番号を知っているのか。明菜はそう疑問を抱いたが、すぐにそれどころではなくなる。
通話の最中にもかかわらず、千尋の手が逸物への刺激を再開したせいだ。
「……っ、…………っ!!」
先走りに濡れる亀頭付近をぬるぬると愛撫され、思わず声が出そうになる。
明菜は必死で口を押さえた。その間にも、千尋の指はぬちっぬちっと逸物を弄び続けている。
明らかに先ほどよりも巧みだ。やはりこれまでは、あえて焦らしていたのだろう。
「いえ、それは…………はい、店としましては…………ええ、ごもっともですが」
千尋はやや声を低めた。深刻そうな内容、しかし責めは途切れない。
滲み出るカウパーを指で掬い、亀頭部分へと戻すように塗りこめる。
絶頂間際で敏感になっている亀頭へ、ぬめらかな刺激を続けられてはたまらない。
「~~~っ!!!!!」
明菜は右膝と左膝を忙しなく浮かせながら、椅子の背をガリガリと掻き毟った。

千尋が電話を切り、携帯を閉じる。
「お愉しみの所悪いんだけど、状況が変わったわ。さっきのお客様、後藤さんね、ちょっと無理を言ってきてるの。
 金を払ってるんだから、ついた嬢にはフェラチオぐらいさせろって言って聞かないのよ。
 あの人、いつも酒癖がいい方じゃないんだけど、今日は特にムシの居所が悪いみたいね」
「はぁっ、はぁっ…………き、規則は規則でしょう」
絶頂寸前のもどかしさで会話の行方が解らず、明菜は思ったままを口にする。
すると千尋は、芝居じみた動きで肩を落とした。
「そうねぇ。やっぱり今回ばかりは、頑として断るしかないわよね。
 大得意様だからといって、この店の嬢にそんな事を強制するわけにはいかないし……。
 真優がいれば、まだ何とかしてくれたかもしれないけど、私じゃあ頭が悪くて」
真優。その言葉に、明菜の脳裏から霧が晴れる。
また真優か。アクシデントか芝居かは知らないが、全ての事態において、真優をダシに明菜を煽ろうと言うのか。
「はぁ……解りました。私がやります」
明菜が溜め息交じりに告げる。
「あら、そう? 悪いわねぇ、助かるわ。あなた昔はニューハーフヘルスに居たそうだから、フェラチオもお手の物よね。
 ここはひとつ、プロの技を見せてちょうだい」
悪意を隠せない人間なのか、それとも隠す気すらないのか。
大仰に手を叩く千尋は、笑顔の一枚下に明確な嘲りを覗かせていた。



個室の扉を開けると、そこには嫌がるホステスに言い寄る後藤の姿があった。
先ほどまでとは雰囲気が違う。酒癖が悪いというのは事実だろう。
「お待たせしました」
明菜は後藤に向けて頭を下げる。その途端、ホステスが希望の光を見たという表情で立ち上がる。
「ゴメンね、後お願い……!」
ホステスは明菜とすれ違い様に囁き、急ぎ足で部屋を出た。よほど執拗にサービス外の行為を迫られたのだろう。
「いやぁー君が来てくれて良かったよぉ。さっきのお姉ちゃん、サービス悪くてさあ!」
後藤は顔の前で手を振りながらぼやく。明菜は嘆息する思いだった。

『聴こえる、明菜? 聴こえるなら2回瞬きして』
明菜が左耳に嵌めたイヤホンから、千尋の声がする。
イヤホンは、後藤が待つ個室へ向かう前に手渡されたものだ。一種の無線機であり、盗聴器でもある。
危険な客と個室で2人きりになる場合、このイヤホンが必須になると千尋は言った。
室内の様子はモニタールームで監視してもいるが、個室の監視カメラでは動きしか見えない。
ゆえにイヤホン型の無線盗聴器をつけ、音をモニタールームに送りつつ、何かあれば店側から指示を出すのだという。
そこまでするのなら、初めから危険を孕む状況を作らなければいいではないか。
明菜は内心そう思ったが、追求しても詮無い事だ。
店のルールを謳いながら、その実は千尋の独断による嫌がらせである可能性もあるのだから。
千尋からの指示通り、明菜はカメラへ映るように2回瞬きする。
『OKみたいね。じゃあ、頼むわよ』
「おいどうした、そんな所に突っ立ってても咥えらんねーぞー!」
千尋の声を掻き消すように後藤が叫ぶ。
明菜は一つ息を吐くと、ソファに座る後藤の前で跪いた。
「へへへ、へへ、へへっ…………」
明菜が下穿き脱がせる間、後藤は下卑た笑いを浮かべ続ける。そして現れた逸物もまた、主のおぞましさに負けていない。
ドス黒く、カリ首が妙に太い異形。匂いもきつい。
明菜は一瞬顔を引き攣らせたが、すぐに覚悟を決める。薄汚い男性器への奉仕は、初めてではない。

明菜の指が逸物を摘み上げ、開いた桜色の唇がぱくりと異形を咥え込む。
一度そうしてしまえば、後は彼女のペースだ。
男が喜ぶよう、多少大袈裟に音を立てながら、逸物の先から根元までを舐めしゃぶっていく。
尺八のように肉幹を唇と舌で責め立てると、後藤のたるんだ肉体が震えた。
「うううっ……し、新人オッパイちゃんの割には上手いじゃないか。ヘルス嬢並みだぞ」
後藤の賞賛を心中で小馬鹿にしながら、明菜は淡々と口戯を続ける。
「せっかくだ、胸も使ってくれよ」
後藤が声を上ずらせながら乞うた。
明菜もその程度の要望は断らない。両の乳房で逸物を挟み込み、乳首で側面をなぞりつつ、鈴口を舐め回す。
「あああっ堪らん! マシュマロみたいにふわふわで、気持ち良すぎる……!!」
後藤がいよいよ喜び始め、明菜は苦笑する。まるで腕白な子供だと。
しかし。後藤という男の厄介さを、彼女はまだ知らない。

「あああ、いい。気持ちいいぞ…………じゃあ今度は、もっとだ。もっと深くやってくれっ!!」
後藤は唐突に鼻息を荒くすると、明菜の後頭部を押さえ込んだ。
そして自らも腰を押し付け、有無を言わせずイラマチオを強いる。
「う“む゛ぅうう゛お゛えっ!!?」
哀れなのは明菜だ。不意に喉奥まで咥え込まされれば、声を抑えるどころの話ではない。
両の目を見開きながら、生々しい反応を示してしまう。
「あれっ、結構低いなぁ声。でもねぇ、そういうの結構好きだよ俺。やっぱえづき声は、苦しそうでなきゃあ」
後藤は上機嫌に笑いながら、長いストロークで明菜の喉奥を責め始めた。

「ごぇ、おお゛えっ!! ん゛んむ゛ぇああ゛お゛えっ、う゛、ごぶっ……ぐゅぶふっ!!!」
明菜はひたすらに悶え苦しむ。
形のいい鼻から汁を噴きだし、口からは涎の糸を垂らしてしまってもいた。

 ――冗談じゃないわ、ふざけないでっ!!

頭の中ではそう憤るが、後藤に力負けしてしまう。
後頭部を押さえつける力にも抗えず、迫る来る太腿を押しのける力も足りていない。
もう男であった頃の力がない事を、否応なく実感させられるばかりだ。
悔しいが、ここは観念するしかない。
そう悟った明菜は、抗うのをやめ、むしろ脱力して男の欲求を受け入れる。
呼吸は鼻で行い、なるべく喉奥を開いて蹂躙に耐える。
「ぐふっ、いい子いい子。…………あああーっ、いい、今のすげぇイイ! 最高だよこの喉は!!」
後藤は明菜の恭順を喜びながら、いよいよ無遠慮に腰を打ち込みはじめた。

独特の臭気が鼻腔を満たし、怒張に開かれた口から唾液が零れていく。
時おり口内から怒張が引き抜かれる事もあるが、休息は僅かばかりの間でしかない。
むしろその間に、新鮮な酸素が鼻を通り、痺れた嗅覚を再び研ぎ澄ませてしまう。
その中で明菜は、お゛えっ、ごえっ、という自らのえづきを聴いていた。
脳が白む。酸欠のせいか思考力は薄れ、妙な心地良ささえ感じられる。
心の底から女に……いや、メスになっている状態だ。
明菜がまさにその事を自覚した瞬間、イヤホンから皺枯れた声が囁きかけた。
『あらあら、凄いわねぇ』
千尋だ。明菜は目を見開く。
『シーメールが男のものを咥える気分って、どんな風なの?
 心は女といっても、男だった時の記憶も残ってるわけでしょう。気持ちが悪かったりはするの?
 ああごめんなさい、今は色んな意味で喋れないわね。だから、態度で勝手に判断するわ。
 今は……うん、とっても気持ちよさそうねぇ。とろーんとした顔してるわ、アナタ』
そう蔑むように言われては、明菜も平然とはしていられない。
今の今まで女として浸っていた口内の味が、匂いが、耐え難くなってしまう。
「ふむ゛ぉ゛ぅうう゛っっ!!!」
明菜は後藤を睨み上げた。しかし酔いの回った後藤は、それに対して笑みを深めるばかりだ。
「おおその目。いいねぇ、堪らない! 君みたいな子にそんな目されたら、おじさん、余計に燃えてくるよ!」
喘ぐようにそう言い、明菜の頭を強く掴み直す後藤。
いよいよ容赦のないディープスロートが始まった。
「ごほっ、おごっ……おおう゛えっごぼっ…………!!」
明菜はされるがままにえづく。
異常な状況だ。胸から上の反応は女のものでありながら、しかし暴れる腿の合間では、男根がそそり立っている。
その感覚は、明菜に自分の性を見失わせる。
『大丈夫?なんだかスカートが盛り上がってるように見えるんだけど……それ、足を蠢かせてるだけよね?』
追い討ちをかけるような千尋の声を聞き、いよいよ明菜の屹立は限界に達する。
メスの心とオスの欲情が、身体の中で混ざり合いながら極まったかのように。
「んんう゛もぉ゛ぉおううーーーっ!!!!」
辛抱堪らず、明菜は呻きを上げた。それが喉奥を絞り上げる結果となり、後藤の腰も跳ねる。
「うおおおーっ、最高だ! いっ、いくぞ、出すぞっっ!!!」
その言葉の直後、後藤は明菜の口内に精を迸らせた。
どぐり、どぐりと舌の上に生暖かさが吐き出され、栗の花の匂いが明菜の鼻腔を満たしていく。
『まぁ美味しそう。さ、溢さず呑んでおあげなさい。真優ならそうするわ』
千尋のその言葉で、明菜は生臭さを嚥下した。目元を不機嫌そうに震わせながら。

「…………お疲れ様。よかったわね、最高だったって。フェラチオは、真優以上なのかもしれないわね」
控え室へ戻った明菜に、千尋が言う。
明菜は汗に濡れたイヤホンを外し、千尋が差し出したジュースを受け取った。
そして荒れた喉を潤すように飲み始めた直後、千尋は口を開く。
「美味しそうに呑むわねぇ。後藤さんの精液と、どっちが美味しい?」
その言葉に、明菜は盛大に噴出してしまう。
「げほっ……お、怒りますよオーナー!」
「あら御免なさい、悪気はなかったのよ。思ったことがすぐ口に出ちゃうの、私」
そう言いつつも、千尋に反省の色はない。
それどころか彼女は腰を下ろし、明菜のショーツを擦り下ろした。
「あら、あらあらあら…………出ちゃったのね。男の人の物を咥えただけで」
粘質な糸を引くショーツの中を見ながら、千尋は可笑しそうに笑う。
明菜の顔が羞恥に赤らんだ。
さらに千尋の手は明菜の物を握り、緩々と扱き上げた。
自然に精液を滲ませるまでに興奮しきった今の明菜が、これに耐えられる道理はない。
「うっあ! んん、うふうっ…………!!」
心地良さそうな鼻声を上げ、盛大に数メートルばかり精液を飛ばしてしまう。
「へぇ、今度は簡単に出るのねぇ?」
嘲笑う千尋に精液を絞り上げられながら、明菜はただ、そのモデル然とした身体をうねらせる。

 -―――まだまだ、アナタの奥を見せて貰うわよ?

悪魔じみたその囁きが、妙にはっきりと明菜の耳に届いた。





明菜はベッドに横たわったまま、この数日を振り返っていた。
千尋が別荘として保有する邸宅。
そこで最初にさせられたのは、ストリップショーの真似事だ。

一本のポールを拠り所に、ベージュの布で股間を覆った明菜が舞う。
ただしその腹部には、腰の見事なくびれを殺さない程度に浣腸が施されている。
肛門に嵌め込まれた栓によって排泄は叶わず、栓の底からぶら下がった鈴が、腰を振るたびに煩く鳴る。
そのような恥辱のステージだった。
「へぇー、流石はショーパブの人気嬢ね。見応えがあるわ!」
「そうね。スタイルがよくて、嫉妬しちゃいそう」
「確かに優雅だけど、もっと激しくてもいいわね……ほらぁオカマ女、もっと威勢よく脚を上げなさいよ!」
「あははっ、アレが勃ってきたわ! ほとんど布が役目を果たしてないじゃないの」
千尋子飼いのホステス達が、明菜のダンスに野次を飛ばす。
シーメールである明菜に魅力で劣る劣等感からか、それとも日々の憂さ晴らしか。その野次には容赦が無い。
そして、明菜も人間だ。いかに負けん気が強いとはいえ、排泄欲に長くは抗えなかった。

ポールを背にがに股で腰を落としていた明菜は、壮絶な腹の鳴りと共に動きを止める。
顎や乳房から、汗の雫が滴り落ちる。
「……もう、無理っ…………だ、出させてちょうだい」
明菜は、ソファに脚を組んで座るホステス達、そしてその背後で笑う千尋に懇願した。
しかし、ホステス達は甲高い笑い声を上げるばかりだ。
「キャハハッ、もう無理だーなんて嘘ついちゃって。余裕あるようにしか見えないよん」
1人がソファから立ち上がり、隆起した明菜の股間を指で弾く。
「こーんなにビンビンにしちゃってさ。浣腸ぶちこまれたまま、あたしらの前で踊るのが気持ちいいんっしょ?」
「そうそう。じゃないと、こんな勃起させないってフツー!」
明菜は奥歯を軋ませた。
誇り高い彼女にとって、このような恥辱は許容できるものではない。
しかし、排泄欲に抗いながら激しく身を揺らし、それを少女達の見世物にされながら勃起させた事は事実だ。
「勃起なんて、ただの生理反応よ」
明菜はそう言い返すが、言葉に自信はない。果たして本当に、生理反応ゆえか。
そしてホステス達は、抜け目なくその言葉尻を捉える。
「へぇ、ただの生理反応かぁ。でもうんちしたいのだって、ただの生理反応だよね? じゃ、もっと我慢できるじゃん」
この言葉に、明菜はとうとう絶望的な表情を隠せなくなった。

記憶がはっきりしているのはここまでで、次の記憶はホステス達に上から圧し掛かられている時のものだ。
ホステスの潤んだ膣の中に、明菜の隆起が入り込んでいく。
排泄欲はもはやなく、ただただ強烈な射精欲に苛まれるばかりだ。
「あ……ああ、ああああ…………っ!!」
明菜は男としては極自然な呻きを上げた。ホステス達は、その女王然とした美貌を手の平で叩きながら笑う。
「ホラぁ、なんでお前が苦しそうな訳? レイプされてんのは水姫の方なのにさ」
勝手な理屈が並べられる中、圧し掛かったホステスの膣内が激しく明菜の怒張を絞り上げる。
「うううっ!!」
明菜は為すすべなく射精に至った。どくどくとかなりの量が吸い上げられていく。
「きゃー、こいつアタシの膣中で出してるぅー!!」
「いいじゃん、どうせピル飲んでんだし。それにもし出来たとしても、こんな美人?の子供ならオッケーっしょ」
「ホント、あそこ隠れてると完璧に女にしか見えないわ。不思議ね、シーメールって」
ホステス達の言葉が、疲れ果てた明菜の頭上を舞う。

またある日には、千尋からのアナル舐めのみで射精に導かれる事もあった。
キングサイズのベッド……千尋曰く『ほんの20万ドルの安物』の上でだ。
屈曲位に近い体制の明菜に対し、千尋が延々とその肛門を舐めしゃぶる。
初めは射精など有り得まいと高を括っていた明菜だが、次第に肛門性感を目覚めさせられていく。
千尋の萎びた唇で肛門を吸われ、舐められ、ざらついた舌を浅くねじ込まれ……。
その果てに、あえなく射精に至らしめられた。
一度も手を触れていない逸物から、断続的に精が吐かれた瞬間、明菜は心底驚愕したものだ。

そして今日もまた、千尋の玩具としての一日が始まる。



ベッドの上で開脚したまま、右の手首と足首、左の手首足首を拘束される恥辱のポーズ。
そのポーズを取った明菜の前に、道具箱を持参して千尋が腰を下ろす。
ベッドの上で向かい合う体勢だ。
「改めて見ると、本当にいい身体ねぇアナタって。確かに、真優に一番近いのはアナタかもしれないわ」
千尋はそう言いながら、道具箱からある物を取り出した。ワインオープナーに似た形状の道具だ。
「知ってるかしら。これね、エネマグラっていうの。男の前立腺を開発する為の道具よ。
 特にこれは真優専用の特注品で、それはもう凄いの。
 気丈だったあの子を、初めて半狂乱になるまで追い込んだ玩具なんだから。
 ほとんど家宝みたいなものなんだけど、アナタは気に入ったから、特別にご馳走してあげるわね」
千尋の指が慈しむようにエネマグラを撫で、ローションを塗りこめる。
そして充分に準備を整えると、雫を滴らせながら明菜の肛門に宛がった。
「さぁ、息を吐いて」
明菜が千尋の言葉に従い、異物は腸内へ滑り込んでいく。
直後、熱さが明菜の腸を焼いた。
「くぅっ!!」
声を抑えることなど出来ようはずもない。
効果は劇的だ。前立腺が焼き鏝で舐められたように熱くなり、次の瞬間からは余熱のようにじわりと疼きはじめる。
「ふふ。男のようでも女のようでもない、堪らない声ね。
 いいのよ、好きに乱れても。あの頃の真優なんて、それはもうはしたなくベッドを汚したものよ。
 まあ、一週間もすればすっかり女の子らしくなったけどね」
千尋の言葉が脳内で意味を成したとき、明菜は意外に感じた。
あの真優にも、そうした時期があったとは。
和風美人を体現するような真優の気品には、明菜も一目置いている。いや、憧れているのかもしれない。
だからこそ、その真優が千尋のような下劣な人間に平伏している現状が許せないのだ。
明菜の瞳が、静かに千尋を睨み据える。
千尋はそれを至近で受けながら、にこやかな笑みを返す。
「いい瞳だわ、本当に懐かしい。じゃあ始めましょうか、真ゆ……ああ、ごめんなさい、明菜だったわね」
その言葉と共に、エネマグラが明菜の腸内で蠢き始めた。

「………………う、うああっ……ああ、あ、あっ」
明菜のこの声は、けして意識したものではない。前立腺を的確に刺激され、自然にあふれた呻きだ。
勝手に声が出るほどの快感がある以上、肉体も反応する。
桜色の肛門が収縮を繰り返し、太腿も尻肉につられて引き締まる。
明菜は千尋を睨みながら、必死にこうした反応を耐えようとした。
しかし、無駄な足掻きだ。
真優の操るエネマグラの先が、18回目に前立腺を押し込んだ時……明菜の尿道を熱さが通り抜ける。
「ふぁあっ……!!」
声を漏らした直後、明菜はしまった、と思った。
喉から搾り出されたようなその掠れ声は、あまりにも雄弁に、明菜の快感を物語っていたからだ。
そして百戦錬磨の千尋は、その致命的な本音を聞き逃さない。
明菜の瞳から視線を外し、ゆっくりと視線を下げていく。
明菜は、それを追うことが出来なかった。ただ生唾を呑みこみ、来るべき時を覚悟するだけだ。
「…………ふふ。出ちゃったのね」
千尋の枯れた声が、はっきりとそう宣告した。
その言葉をきっかけとして明菜が視線を下ろすと、反り立つほどに勃起した逸物の先から、白い一筋が垂れている。
『トコロテン』と呼ばれる自然射精だ。
向かい合った千尋にそれを見られる羞恥は、明菜の美貌をひどく歪ませた。

「知ってるかしら。射精の直後って、前立腺が一番敏感になってるの。搾り出すチャンスなのよ」
千尋がさらにエネマグラを揺らし、最もつらい位置でぐっと留める。
すると明菜の尿道の根元から、再びじわりと熱さが沸いた。
射精が来る。
反り勃った逸物が前後に揺れ始め、鈴口から白濁の球が盛り上がり、破れて肉茎を伝っていく。
その直後にもまた球ができ、零れ、また球ができる。
「うぅううっ、あ、あ…………!!」
明菜の喉から漏れる掠れ声も、前以上に情けない。
「あらあらあらぁ、新鮮そうなのがどんどん出てくるじゃない。
 さっき凄い目でこっちを見てたから、てっきり我慢するつもりなのかと思ってたけど、素直で良かったわ」
千尋の嫌味が、明菜の胸を刺した。
「こんな小さな道具でお尻をレイプされて、感じるのねぇ。
 いやらしいわ明菜ちゃん。見てると、いつまででも虐めたくなってくる。不思議なシーメールねぇ、アナタって」
言葉責めはなお止まない。
腸内をかき回しながらのそれらの言葉は、孤高の女王たらんとする明菜にとって、どれほど屈辱的である事だろう。
しかし明菜は、どうする事もできない。
足掻けず、耐えられもせず、ただ肉体の反応を口惜しげに見下ろすしかない。
「さぁ明菜。今日は、まだまだ愉しませてあげるわ」
捕食者たる千尋は、普段通りの冷ややかな瞳で微笑んだ。



「あぁあああー……っ、あああっ…………っあああぁあっ、んあ、あああぁっっ………………!!」

艶かしい喘ぎが、静寂な部屋に響き渡る。
湯気を孕むようなねっとりとした喘ぎだ。聞きようによっては、重傷を負って今まさに死に行く人間の声とも思える。
実際、明菜は追い込まれていた。
逸物は己の白濁に塗れ、動物の乳を上から溢したような有様だ。
瞳はかろうじて千尋の視線を受け止めてはいるが、逸物が震えるたび、惑うように焦点を失う。
品のいい唇の端からは涎が垂れ、悦楽の只中にいる事が窺い知れた。
千尋は、そうした明菜の状態を、ただにこやかに見つめている。
明菜にとって、それが何よりつらいと知るかのように。

「すごい汗よ、明菜」
千尋の右手が明菜の身を撫でた。脇腹を流れ落ちる汗の筋を掬いながら、豊かな乳房に触れる。
乳房を持ち上げて雫を滴らせ、乳房の先を摘む。
「ふむぅんっ!!」
快感のあまりに屹立した乳首は、明菜の急所だ。摘まれれば声は殺せない。
千尋はその声を楽しみながら、さらに乳首を指先で虐め続ける。
当然、左手ではエネマグラを慣れた調子で蠢かしつつ、だ。
「んっくぅぅうぅっ…………!!」
この二点責めに、明菜はいよいよはっきりとした声を発し始める。
そして声がはっきりする瞬間は、彼女の絶頂の時でもあった。
明菜が呻いた実に2秒後。逸物が独りでに暴れ始め、また半透明な液を白濁の層へと上塗りする。
「やっぱり出てきたわ。前立腺でも乳首でも射精できるなんて、シーメールは得よね」
口調は柔らかく、しかし語気は冷たい。
何気ない一言にすら、千賀弥千尋という老婆の老獪さが滲み出ていた。
その冷ややかな瞳は、追い込まれた明菜の心を蝕んでいく。

 ――――もう、この目に見られたくない。

それが彼女の本音だが、しかし、彼女の矜持が視線を逸らす事を許さずにいた。
この先何があっても、せめて人としての尊厳は無くさない。
男である事を捨て、同性の知人からも異性の恋人からも見放された日に、そう誓ったのだから。

千尋の老いた指がニップルクリップを拾い上げても、明菜は視線を揺るがせない。
その責め具が乳頭を挟み潰した瞬間をも、歯を食い縛って耐えた。
「あら、今度は声出さなかったの。アナタの呻き声は聞き応えがあるのに。
 まぁいいわ。今度は前立腺だけじゃなく、オッパイも虐めてあげる。
 後藤さんに揉まれて、あれだけ善がってたアナタだもの。きっと今まで以上に気持ちよく逝けるはずよ」
明菜はここでようやく、千尋の目に感じていた異常性を悟る。
この千尋という女は、相手を玩具としか見ていない。
目の前の人間を、ただ自分が遊んで壊すための人形だと考えている。
だからこそ温かみが感じられず、瞳の奥の眼球が死んで見えるのだろう。
「さぁ、明菜。楽しませてちょうだい」
太い血管の浮いた手が動き、背後の道具箱から悪意ある責め具を引きずり出す。
その数々を見やり、血の通う肉人形は目を見開いた。






「…………なぁ、何か明菜って、前より女っぽくなってねぇか?」
煌びやかなステージで踊る明菜を見ながら、1人の客が隣の人間に囁きかけた。
落ち着きなく膝を揺らしていたその男もまた、男の発言に同意する。
「ああ、やっぱりそうだよな。前から美人だったけど、何か今は、凄いメスっぽいっつーか」
「本格的に女に目覚めたって感じだよな。まさか、本命ができたんじゃねーだろうな……」
「ほ、本命って誰だよ。男か、女か!?」
「し、知るかよ。あくまで仮説だって! 俺だってンなの信じてねぇよ!」
「なんかさ。デカイ声じゃ言えねぇけど、今の明菜の雰囲気って真優様っぽくねぇか……?」
「よせ、もし真優派に聞かれたら殺されんぞ。……っつっても正味、いい勝負しそうだわ。後は年季が入れば、ってとこだな」
近くの席にいた客達をも巻き込み、噂話は広がっていく。
その前方で踊る明菜は、確かにその瑞々しい魅力に加え、時おりゾクリとする妖艶な雰囲気を覗かせた。
ステージの袖に控える真優達は、その明菜を黙って見つめている。
「…………アキナぁ…………」
感受性の強いユリカは、堪らず目を潤ませ、猫の鳴くような声で後輩の名を呼んだ。

千尋の愉しみは、ただ生きた人形遊びのみで終わるものではない。
その様子をビデオに映し、ホステス達に見せて初めて完結する。
『アールヴヘイム』のホステス達にも、見せしめの意味を込めてか、明菜の味わった恥辱の全てが公開された。
そしてその最後の映像には、まざまざと変わり行く明菜が映し出されていた。

“まんぐり返し”の格好のまま、アナルフックで四方から肛門を拡げられての責め。
千尋がその肛門内へ瓶入りの液体を垂らすと、必ず明菜のすらりとした脚が跳ねた。
『もうやめてっ、さっきから使ってるそれは何なの!?
 何度もイってるのに、勃起も射精も衰えないなんて、普通じゃないわ!』
恐怖も露わに叫ぶ明菜。事実その腹部には、何ヶ月禁欲した果てかというほどの精液が飛び散っている。
睾丸の中身を残らず吐き出し、後から生成された精液も即座に搾り取りでもしなければ、それほどの量にはなるまい。
『秘密よ。名前を知ったらきっとアナタ、依存症になるまで買い漁っちゃうもの』
千尋は満面の笑みを浮かべて言い、再び責め具を抱え上げた。
『ああ、重い重い……歳を取ると、人を悦ばせるのも大変ね』
形状もサイズも真優の怒張に酷似したアナルディルドー。千尋はそれを、アナルフックで拡げられた肛門内へと挿入していく。
とても手で握ることのできない直径ゆえ、上から手の平で圧をかけるようにして。
『んん……くく、はっ…………っく…………!!』
メリ、メリッと音もしそうな威圧感でディルドーが進むにつれ、明菜の目が見開いていく。

一部を外に残して奥までディルドーが埋没すると、千尋はいよいよ力強くディルドウの根元を掴んだ。
そして己の体重全てをかけるようにして、垂直に力強くディルドーを叩き込んでいく。
映像を見るホステス達の誰もが、その責めの苛烈さに息を飲んだ。
そして当然、受ける明菜はそんな物では済まない。

『んああぁあ……あ“っ! かぁあ……あああ゛っおおお゛ぉっ、おぉっおおお゛お゛お゛っっっ!!!』

聴いているだけでも動悸が早まるほどの声を上げ、身を暴れさせる明菜。
それは彼女が初めて『アールヴヘイム』の洗礼を受けた時よりも、遥かに危険な声色だった。
男とも女ともつかない、ニューハーフとしての声色。
それが以前だったとするならば、今は剥き出しになった明菜自身が、原型を無くすまで攪拌されている最中という風だ。
そして以前の責め手である真優には、相手への温情があった。
口先では壊れろと言いながら、その実明菜が危険な状態になる直前で小休止を許す優しさがあった。
しかし千尋にそれはない。彼女の目は、耳は、眼前で悶え狂う人間を見てはいないのだから。

『いやらしいわねぇ、こんなに腸液を出して。こんなに腸液の匂いをさせて。
 懐かしい匂いだわ真優、もう一度アナタを壊せるなんて、思いもしなかったわ。
 さぁどうしたの、まだ頑張るの? 腸の中を作り変えられて、お腹じゅうに射精してて、まだ?
 いいわよ、もっと遊びましょう。もっともっと、高めてあげる。愉しませてあげるわ…………!!』

その言葉と共にディルドーが暴れ狂い、危険な角度をつけて腸内を抉り続ける。
『んおぉ゛っ、おぉおおおお゛お゛っ…………!!!」
明菜は濃い快感の呻きを響かせながら精を放った。
それを盛大に浴びながら、明菜の表情は過去のどれとも違ったものになっていく。

これは、ステージで妖艶に踊る彼女へと至る軌跡の記録。
『アールヴヘイム』の女神が、その殻を破って蝶へと羽化を遂げる瞬間を映した映像。
果たして明菜はこのまま、真優と同じ道を辿るのか。
それとも自我を取り戻し、かつての明菜のままに、誰も見た事のないシーメールへと成長してゆくのか。


彼女の器が試されるのは、これからだ。



                           続きを読む

シーメールの性欲処理

※シーメールが同僚にアナルを掘られるお話。
天使の洗礼女神の屈服に関連する、明菜主役の3作目です。



高級ショーパブ『アールヴヘイム』では、半年に一度、<男放の儀>という催しが行われる。
普段から女性ホルモンを摂取し、女よりも女らしく振舞うパブのシーメール達にも、やはり男の心はあるものだ。
ペニスを除去しない限り、男の心根は完全には消え去らない。
その状態で女として扱われ続ければ、いずれ必ず歪みが生じてしまう。
ペニスを挿入して、射精したい。
思うがままに腰を打ちつけ、征服したい。
そうした溜まりに溜まった欲求を発散させるガス抜きの機会、それが<男放の儀>だ。
とはいえ、『アールヴヘイム』にもシーメールパブとしてのプライドがある。ガス抜きの為に女を呼ぶような真似はできない。
ではどうするか。
パブの中で最も身分の低い者……つまり新人が、先輩シーメールの欲求不満の受け皿となるしかない。
水商売の世界では、キャストの上下関係は絶対だ。
理不尽に耐えることもまた、ネオン眩い世界で生きるための勉強なのだ。

今回この外れクジを引いた嬢は、源氏名を明菜という。
目も覚めるほどに美しい嬢だ。
シャンデリアの光を受けて煌めく、栗色の巻き毛。涼やかな目元に、品のいい唇。
垂れることなく豊かに実った乳房。
大いにくびれた腰つきと、健康的に引き締まった太腿。
女性的なファッションに身を包めば、元が男であると言って信じる者はいないだろう。
その容姿は、客を大いに惹きつけた。
以前に在籍していた店では、No.1の座をほしいままにしていた“女王”だったという。
しかし、『アールヴヘイム』では違う。過去の栄光がどうあれ、1人の無力な新人に過ぎない。

「シーメールとしては恥ずかしい事かもしれないけど……正直、アンタを犯せると思うと勃起するわ」
1人の嬢が、隆々とそそり勃った逸物を扱きながら言う。
田舎から上京したばかりの純朴娘、という風で、こちらもまた女装が似合いそうだ。
「気骨のある所がまた良いのよね。何千万もする名物を痰壷にするような背徳感があって」
幼い見目の嬢が笑う。
背は低く、手足は細く、どう見ても小学校を卒業したばかりの少女という風だ。
しかしこちらの少女も、ペニスの大きさは成人男性と変わりない。
他にも様々なテーマに沿った容姿の娘が、正座した明菜を取り囲んで笑っている。
場所は、店内を改装して以来使われなくなった一室……古びた赤カーペットとベッドがあるだけの専用室だ。
明菜はその床に、姿勢を正して座している。
あまり新人には見えないが、しかし、最下層の立場であるという事実には変わりがない。



「お尻を向けて、明菜」
幼い少女に命じられると、明菜は渋々ながら立ち上がり、振り返って肛門を高く掲げた。
まさしく菊の花と呼ぶべき色合いだ。
しかし拡張の経験があるのか、完全に閉じてはいない。
嬢の一人が明菜に近寄り、手にした瓶の中身を肛門に塗りこめる。
無色透明で、指を離した際には煌めく糸が伸びる……恐らくはローションだろう。
「さぁ、ユリカさん。ぶち込んじゃって」
その言葉で、幼い少女が明菜の後ろにつく。
体格差はかなりのものだ。女にしては長身の明菜と、小学生のようなユリカ。
それは下手をすると親子ほどに違う。当然、肛門へ挿入するにしても脚の長さが違う。
ユリカがその白い足で懸命に爪先立ちをしても、ようやく亀頭が明菜の陰毛に触れる程度だ。
「跪きなさい」
ユリカは爪先立ちを諦め、拗ねたような表情で告げた。明菜は涼やかな視線を後方に送り、カーペットに膝をつく。
直後、ユリカは堪りかねたように挿入を果たした。
「う゛っ!」
明菜から小さく声が漏れる。
「ああ気持ちいい、気持ちいいわ明菜……」
ユリカはうっとりとした様子で呟き、滑らかに腰を使い始めた。

2本の細腕で相手の腰を抱える様は、幼い少女が母親に甘えるかのようだ。
女2人が腰を打ちつけ、パン、パンという音が繰り返される。
ペニスバンドでも用いているのかと思う状況だが、そうではない。生の肉棒が、熱を孕む太腿の合間で猛っているのだ。
「っ、…………っくっ…………」
ユリカに尻穴を使用されている明菜は、声を出さない。感じていないのではなく、押し殺しているといった様子だ。
実際、感じない筈がない。
ユリカの性交は巧みだった。細腕でしっかりと明菜の腰を抱え込み、逸物を根元まで深々と送り込む。
しかも真っ直ぐにではなく、奥まで届いた瞬間、やや上向きにねじり込むような動きを見せている。
おそらくはそれが前立腺を刺激するのだろう。
初めはだらりと垂れていた明菜の逸物は、ユリカが腰を打ちつけるにつれて硬さを増し、今や70度ほどにまで勃ちあがっている。
ヒクッ、ヒクッ、と前後に揺れる動きは、単に腰を前後している影響にしては力強すぎた。
しかし、射精には至れない。
ユリカが小悪魔のような笑みを浮かべながら、腰に回した手で明菜の睾丸を握りこんでいるせいだ。
「う、うう……く、ぅうっ…………く」
よくよく耳を澄ませば、明菜の唇から苦悶の声が漏れているのも解る。

「ユリカさん、アレわざと射精させないようにしてんだよね。ほんとドSだわ」
「あたしタマ取っちゃったから覚えてないんだけど、すごいんだっけ? タマ揉まれんのって」
「んー、焦らしの効果はあるよ。特に明菜って、今日のために一週間ぐらい射精禁止されてた筈だから、かなりキツイと思う」

そうした会話が交わされる中、幼い少女はじっとりと明菜を焦らし上げる。
その果てに、とうとうユリカの方が限界を迎えた。
「ああっ、いっ……いくぅっ!!」
容姿からすればソプラノであるべき今際の声は、やや低い。中性的な、妙にエロスを感じさせる響きだ。
その声の直後、白く伸びやかな少女の脚が筋張る。幾度も、幾度も筋張り、かなりの量の射精を周囲に伝えた。
怒張が抜けた瞬間、それと同じ太さに開いた肛門からドロリと白濁が零れ落ちる。
「あ、ユリカさん、中に出したぁ!」
「ちょっとぉ、肛内(なか)出しは2巡目以降って約束でしょ!」
嬢たちから非難が上がる。
「やーゴメン、我慢できなかった。だって最後の方、お尻の奥がヒクヒクしてくるんだもん」
ユリカは頭を掻きながら謝罪の言葉を口にした。


「次はあたしね。ああ、見せ付けられてしんどかった」
ユリカが脇に退いた後、田舎娘風の嬢……ユキが歩み出る。その逸物はいよいよ硬く勃起していた。
しかし、それは明菜も同じだ。
ユキは、へたり込んだ明菜の逸物を見下ろして笑う。
「あらあら、先走りまで滲ませちゃって、やーらしい。これなら簡単にイカせられそうね」
その一言に、明菜の目つきが鋭くなった。
「バカにしないで」
「事実を述べたまでよ。さぁ、始めましょう」
ユキは待ちきれない様子で明菜の腋を抱え、ベッドへと引き上げる。
そして自らが下になる背面座位で挿入を果たした。
「うくっ……!!」
小さく声が漏れる。そして今回は、その声も1回限りではない。
「あっ、あ、ハッ…………あくっ、あ……あぅううっ…………!!」
ユキが大きく腰をグラインドさせるにつれ、何度も喘ぎが起きる。
眉根を寄せ、美しい唇を噛みしめる悩ましい表情は、ベテランのシーメールをも見惚れさせる力があった。
明菜ほどの器量ならば、いずれ『アールヴヘイム』の中を上り詰めていく事は間違いない。
だからこそ、嬲るならば今しかない。その極上の肉体を味わえる機会は、今だけだ。

「ああいいわ。ユリカさんじゃないけど、本当に搾り取られるみたい!
 入り口はキツくって、奥はグニグニ動いて、締め付けもある……こんなの、すごすぎるわ!!」
ユキは興奮を隠せない様子で叫ぶ。
「はっ、はっ、あ……っは……」
一方の明菜は両腋を晒し、背後のユキの首を抱え込むようにして姿勢を安定させていた。
その状態で強く突き上げられ、喘ぐ。まるで悦楽に浸るかのように。
事実、たまらないのだろう。
ユキは幾度か抜き差しを繰り返し、最奥まで達した後に、明菜の腰を掴んでグリリと駄目押しをする事がある。
これが最も前立腺に響くらしく、明菜は必ず反応を示す。
「お゛っ!!」
今また同じ事をされ、明菜が呻いた。目を見開き、口を窄め。明らかに余裕がない。
「あーら、いい声。イキそうになったんでしょ」
「ち、違うわ!」
ユキの嘲りに対し、明菜は必死で反論する。
しかしその逸物は勃起しきり、まさに射精寸前とばかりに先走りを垂らし、前後にピクピクと揺れている有様だ。
いよいよ決壊が近いことは、誰の目にも明らかだった。
「そう。なら、あと何回耐えられるかしら?」
ユキは笑いながら、さらに同じ責めを繰り返した。
激しいストロークで責め立てながら、最奥で留め、グリリとねじ込む。その行為を、何度も。
「うくぅっ!!」
「あぐはぁ……っぐ!!」
明菜はその度に驚愕したような表情を見せた。逸物も最奥を抉られる瞬間、いよいよビィンと勃ちきって前後に揺れる。
美しい脚には、男の名残を感じさせるような力強い筋肉の蠢きが見えた。
その美しさと荒々しさが絶妙に混ざり合った姿こそ、シーメールのシーメールたる美しさの極致。
そう思わせるほどのいやらしさだ。
ユキは、そうした明菜の変化を肌で感じながら、着実に追い込んでいく。
そして、7度目のプッシュ。これが最後となった。
最奥まで突き込んでから、明菜の腰を両手で鷲掴みにし、グリグリとユキ自身の腰へとねじ込ませる。
「あぐうっ!!」
明菜から余裕のない声が上がった。
逸物から先走りがあふれ、ピクピクと大きな前後運動が始まる。
ギャラリーの指摘によってそれを知ったユキは、一度明菜の腰を開放すると、さらにもう一度ねじ込み直した。
「う!!」
声が上がる。その声を聞き、さらに一度。
「う」
声自体はより短く、より小さい。しかしそれこそが、人間の本当に余裕をなくした瞬間の声だ。喉が開かない状態なのだ。
その姿勢のまま、しばし。結腸にすら潜りこもうかという位置で、ユキの怒張がもごもごと蠢いた頃。
明菜の顔が天を仰いだ。声もなく、ただ麗しい身を震わせて。
決壊はいつも唐突だ。グラスの中でゆっくりと溶けていたロックアイスが、突如として崩れるように。
 
「ああ………………ぃ、いやぁあああっっ!!!!」
悲痛な叫びの後、ついに明菜の射精が始まった。
丸一週間に渡って射精を禁じられていた上に、焦らされ続けての射精。
その勢いたるや凄まじく、まさしく噴水のように高く噴きあがり、明菜自身の髪や頬に白く降り注ぐ。
汗を吸ったシーツに落ちた分などは、バタバタと音を立てるほどだった。
「あはははっ、出た出た出た! うわすっごい、何その勢い!?」
「ホントに女性ホルモン打ってるのか疑うぐらいの精力ねぇ。ちょっと懐かしいな」
「あーあー、まーだ撒き散らしてるよ。一週間分のザーメンって凄いわ」
生意気な明菜の決壊に、シーメール達は祭りのような騒ぎになる。
それを聞きつけたのか。部屋のドアが静かに開き、また1人が姿を現す。
数人がそちらを見やり、その瞬間に表情を変えた。
「あ、真優さん! お疲れ様です!!」
「お疲れ様です、姐さん!」
わざわざ居ずまいを正してそう声を掛ける所からして、また別格の人間であると解る。

腰までの艶やかな黒髪、優雅な着物、心地よい香。 切り身を思わせる桜色の唇。
誰もが律動で胸を焼かれるほどの容姿。
彼女こそは、この『アールヴヘイム』を取り仕切る女帝だ。
「ああ、そう畏まらなくてもいいよ。別に仕事で来たわけじゃない。
 あたしもすっかり“溜まっちまって”ね。そういや今日はこの日だったと思い出して、処理に来ただけさ」
鈴を揺らすような声で、真優が告げる。
そして着物の前を肌蹴ると、驚くほどの巨根が姿を見せた。
太さにして4センチ超、長さにして30センチ余り。 飲料ののボトルを思わせるサイズだ。
「わっ!!」
シーメール嬢の幾人かが、その威容を前にして凍りついた。
ベッドの上の明菜は経験があるのか、驚きはしない。ただ額に汗し、険しい表情をしているだけだ。


「ど、どうぞ真優さん」
ユキは明菜の肛門から逸物を抜き、早々に場所を譲る。
「悪いね、急かしちまったみたいで」
真優は言いながら、明菜に姿勢を変えさせる。
ベッドに手をつき、両脚は床に下ろしたまま、肛門を向ける格好だ。
「お、よく解れてるじゃないか。これならスムーズに入りそうだね」
その言葉の直後、規格外の怒張の先が肛門に触れる。
「…………っ!」
明菜は苦々しい表情を後ろに向けていた。しかし挿入が始まると、その表情はただ余裕のないものに変わる。
「あ、あが……ふっ、太い゛…………く、ぐぁああ…………あアあ゛あ゛っっ!!!」
怒張が1mm進むごとに、明菜の品のある唇から悲鳴が上がった。
両脚もガクガクと震えながら、がに股とそれ以上の開脚を繰り返し、よほどの極感に見舞われているのだと判る。
大臀部の肉感的な盛り上がりは、芸術的という他ない。
「そら、どうした。まだ半分も入っちゃいないよ、もっと尻の奥を開きな。
 お披露目の時に根元まで入るのは解ったからね、泣き言は言わせないよ!」
真優は明菜の脇腹を叩いて叫ぶ。そして、恐るべき力で腰を埋没させ続けた。

「あああっ、ああっ、あぐぁぁあっ!!」
真優の腰がリズミカルに前後するたび、明菜から声が上がる。
「ああ、こりゃあ良い。本当におまえの尻穴は、性欲処理の道具として最高だ!」
真優は強烈に腰を打ちつけながら笑った。
スレンダーな明菜の肛門に、ボトル並の剛直が出入りする。
それは明らかに無理のある現象ではあったが、どうやら受ける明菜も辛いばかりではないらしい。
“彼女”の持ち物は、激しく後背位で突かれながら、幾度も射精に至っているからだ。
結合部からは、じゅぶじゅぶという腸液の攪拌音も響いている。
それは痛々しいというよりむしろ、恐ろしく心地の良い責めに見えてしまう。
「何も、おまえが憎くてこうするんじゃない。ただ今は、良い機会だから愉しませてもらうよ。
 こんなに具合のいい穴で、性欲の処理ができるんだからね」
真優はそう囁きながら体位を変えた。
ベッドに手をつく後背位から、片足の膝裏を持ち上げた背面側位へ。
これにより、結合部分は勿論、射精の瞬間までもが他のシーメール達に晒されてしまう。
「やめてっ、み、見ないでっ!!」
明菜は必死に叫ぶ。しかしその口からは、快感のあまりに涎を垂れてしまっている。
またその最中にもまた、逸物の鈴口から白濁の球が滲み出し、竿をドロリと伝い落ちていく。
「さぁ、さぁ、これからだ。あたしら全員が飽きるまで、もっともっと愉しませてもらうよ!」
真優の言葉に、明菜の眉が垂れ下がる。
まだかろうじて美麗さを保っているその顔は、これからいよいよ情けなく成り果てるのだろう。
一堂はそれを予感し、ゴクリと生唾を飲み込んだ。


                               終わり
続きを読む

女神の屈服

天使の洗礼の後の話です


「うわー、ホントについてるんだぁ!」

タイトジーンズを脱がせた瞬間、女子高生達は驚きの声を上げた。
彼女らはまだ高校から帰ったばかりといった様子で、
胸元の第二ボタンまでをはだけた制服を纏ったままでいる。
一人の例外もなくすらりとした脚や、化粧慣れした顔は、
世の中年男性からさぞかし好色めいた視線を向けられる事だろう。
けれども、その女子高生達が取り囲む人物は、
それよりもなお艶やかで女性らしい魅力を醸し出していた。

品のよい艶を見せる栗色の巻毛、豊かに実ったやわらかそうな乳房、
気持ちの良いほどくびれた腰つき、引き締まった健康的な太腿。
その洗練された肉体は、まるで西洋の彫刻を思わせるほど芸術的に磨き込まれていた。
道行く女性でも、そこまで完成度の高い身体を持つ者などそうは居まい。
それゆえに異様な光景だった。
この上なく女らしい脚線の付け根から、逞しい男根が備わっているという状況は。

“彼女”の名前は明菜。
高級ショーパブ『アールヴヘイム』の中でも指折りの人気嬢だ。
入店の際のお披露目でこそ乱れた姿を衆目に晒したものの、
その後は依然変わらず、その有無を言わせぬ美貌と高飛車な態度で、
多くの客を骨抜きにし続けている。



「凄いなぁ、世界の七不思議に入れたいくらいだよ。
 服着てたら絶対モデルか洋画女優のどっちかだと思うもん。
 これが元男なんてねぇ」
「元はどれだけイケメンだったんだろうね。勿体無くない?
 それともホモが行き過ぎたのかな?

女子高生達は裸を晒した明菜の周りを歩きながら、その肢体を品評する。
完全に見世物とされている状況に、明菜はやや不服そうだ。

「女よりも女らしい、それが本物のシーメールというものよ。
 女に生まれついた事実にただ胡坐を掻いてるだけじゃ、辿り着けない境地もあるの」
明菜が冷ややかな視線と共に告げる。
制服を着崩し、ショーツが覗く事にすら頓着していない女子高生に向けての言葉だろう。
その言葉を聞き、女子高生の中でも一際整った顔立ちの少女が笑った。
不自然なほどに欠点のないその顔は、美容整形を疑わせる。

「ふふ、パパから聞かされてた通り、高飛車でプライド高そう。
 でも、他にも色々聞いてるよぉ?
 パパのぶっといのをお尻に咥えこんで、気持ち良さそうに腰をうねらせるんですってね。
 ネクタイで柔らかく手を拘束してから前立腺を擦り続けると、
 潮吹きするみたいにぴゅっぴゅって精液が飛ぶんでしょ?
 女性ホルモン打っててあそこまで射精力の強いシーメールは珍しいって、パパ驚いてたわ。
 元はよっぽど性欲の強い種付け馬だったんだろうって。そうなの明菜?」

高校生の少女から呼び捨てにされ、明菜の眉が吊り上がった。

「年上につける『さん』、はどうしたの?
 あなたのお父様は大切な常連だから義理もあるけれど、
 別にその娘に過ぎないあなたにまで恩があるわけじゃないのよ」
「解ってないわね。アンタは今夜、私に買い与えられたのよ。
 大金を支払ったパパが一晩私に付き合うよう頼んで、アンタはそれを了承した。
 ビジネスは成立してるのよ、明菜」
見下す姿勢が板についている。それを前に、明菜は言葉を返せない。
「愉しい夜になりそうね」
女子高生は、静かに睨みつける明菜を見上げて嘲笑った。



「くッ…………ん!!」
部屋に明菜の呻きが漏れていた。
直立した彼女の前に女子高生の一人が跪き、逸物を咥え込んでいる。
気を抜けばたちまち射精するような、風俗嬢顔負けのフェラチオ。

「この子こう見えて、ウリしたりして相当遊んでるからさぁ。マジ上手いっしょ?」
女子高生の一人が、奉仕している少女を指して言った。
明菜は答えないが、その逸物は雄弁に快感を物語っている。
始め半勃ちだったそれは、今や脈打ち、玉袋をせり上げ、挙句には鈴口が開いて、
透明な先走り液をどろどろと幹に伝わせてさえいた。
明確に射精寸前といった様子だ。
奉仕する一人は、上目遣いを織り交ぜながら逸物の先端を掴んだ。
先走りを指に絡めたまま扱かれると、にちゃにちゃと耳を覆いたくなるような恥の音が響く。

「ふふ。ねーぇ、何でこんなに“お元気さん”なのぉ?
 さっきは女より女らしくとか何とか言ってたけど、実は羨ましいんでしょ。
 可愛い現役の女子高生にしゃぶってもらえて、男の部分が興奮しちゃったんだ?」
誘うような声色。
「……馬鹿じゃないの。勃起なんてただの生理現象よ、自惚れるのも大概にして欲しいわ」
明菜は凜とした表情で少女を睨みつけながら応じる。
けれどもその手は腰の横で強く握りしめられ、美しい脚はガクガクと痙攣してさえいる。
射精しそうな所をすんでで堪えているのは、誰の目にも明らかだった。

「ふーん、頑張るんだ。ねぇ皆、もうアレ、行っちゃう?」
責め手の女子高生が、逸物を片手で摘み、もう片方の小指の先で鈴口を穿りながら告げる。
部屋の主である娘が頷いた。



上に掛かった布が取り去られ、明菜の前に見慣れない責め具が現れる。
全てのパーツは透明で、中の様子がどこからでも観察できるようになっていた。
ボックスの一点、ちょうど明菜の腰の辺りに小さな亀裂があり、
ボックスの中の襞状の孔に繋がっていた。
その形状はまるで、男性が自慰の際に用いるグッズさながらだ。

「いわゆる名器と呼ばれる女の特徴をすべて兼ね備えた、男泣かせの逸品よ。
 勿論締め付けの強さなんかも、残酷なくらい絶妙に調節できるわ。
 さ、遠慮なく召し上がれ」

女子高生達が明菜の手を後ろで縛りつけ、腰を抱えて機械に近づける。
そして、ずぬりと挿入を果たさせた。
「ぐっ……!!」
数分前に、射精寸前にまで押し上げられたばかりの明菜から声が漏れる。
その状況で、機械は無慈悲にも動作を開始した。
透明な箱の中の襞がうねり、勃起した明菜の男根を包み込む。
根元から先端へかけて、絞り込むように蠢いていく。
凄まじい衝撃だった。
明菜の腰がぶるりと震え、わずか一分と経たずに射精を迎える。
「………………っ!!!」
濁流に押し流されるかのような射精に、明菜は声もない。

一旦動きを止めたボックスの中では、彼女の男根が痙攣するように暴れ、
白い飛沫を襞にぶち撒けている様がはっきりと見て取れた。
「うわー、すっごいねぇ。あの美人が、尿瓶の中に白いおしっこしてるみたいに見えるよ」
女子高生から笑いが起きた。
さらに一人は、機械横のメーターに目をやる。
そこには、今まさに明菜が放出した精液の量が表示されていた。
「すごっ、4.2ccも出てるわよ。これは気持ちよかったでしょ」
そう顔を覗きこまれて問われるが、明菜は答えない。
理不尽には抗えないが、屈しもしない……とでも言いたげに。
「ふーん、シカトなんだ」
女子高生達は、再び機械の電源を入れる。
モーターの音と共に、先ほどよりもやや緩めの刺激が加わり始める。
中火でコトコトと煮込むように。
「うううう……!!」
射精直後の責めはつらいのか、明菜は初めて顔を歪めて呻きを漏らした。
「喉に引っかかったような、その堪んなさそうな声、大好きよ」
女子高生達は各々椅子に座り込み、苦しみを表す明菜を悠々と観察し始める。



数十分後が経ってなお、明菜は絶頂の最中にいた。
4回ほど射精し、男根が自ら放った白濁に塗れている様が露わとなっている。
もうほとんど、計測もされないような透明な液が折に触れて染み出している状態。
それでも夢のような、いや地獄のような締め付けで身体が反応してしまう。
「はぁ、はああ、あっ、くううぅうううっ…………!!」
さすがに明菜の息も荒い。首や胸に幾筋もの汗が伝っている。
瞳はきりりとしたものだが、かすかに涙が滲んでいるのが見て取れた。

「綺麗よ、明菜」
明菜の背後から女子高生が近寄り、快感に震える尻肉を割る。
日々犯されているにしては慎ましい肛門が露わとなった。
足腰の形は完全に女のものであるにも関わらず、女性器がないのは不思議な光景だ。
白濁にまみれる肌色の睾丸。
その上から会陰部で繋がった肛門は、今まさに訪れた射精によって物欲しげにひくついている。
尻肉を割った女子高生が、そこに好奇心から舌を這わせた。
皺の一本一本を舐めるようにして、明菜に腰を振らせる。

「シーメールって不思議ね、綺麗な女のアナル舐めてるようにしか思えないわ。
 ここで何度もぶっといの咥え込んでるんでしょ?
 いくら美人に見えたって、挿れるところはお尻しかないもんね。
 そんなカマトトぶっても、滑稽なだけよ」

女子高生は明菜の肛門に舌を這わせながら、言葉責めを繰り返す。
蟻の門渡りや玉袋をも嘗め回し、唾液でヌラヌラと濡れ光らせていく。
時には、尖らせた舌先を穴の中心へうずめる事さえしているようだ。
「っっ!!!!」
明菜は声こそ聞かせなかったが、よほど心地よいのか、
腰を仰け反らせて舌から逃れるような行動を幾度も見せていた。
やがてようやく女子高生が口を離したとき、その行動にも納得がいく。
明菜の肛門は、濡れ光りながら、くぱっと花開くほどになっていたからだ。
そしてその追い詰められた排泄の器官へ、駄目押しと言わんばかりに指が宛がわれる。
「くっ……!!」
明菜が焦りを露わにして背後を振り返った瞬間、白い指はずぐりと腸内へ入り込んだ。



桜色の肛門に少女の指が入り込み、蠢く。容赦のない動きだ。
少なくともその少女は、男へのアナル責めに慣れているようだった。

「あはは、きつい。いつもぶっといの咥え込んでるくせに。
 ここが前立腺よね?扱いてあげるねー、ほら、こりこりこりこり。
 あ、逝っちゃったねー、気持ちよかったの?
 あんたってさ、美人なのに、実はものすっごくイヤラシイんだね」
「ンンンンン゛ン゛ッ……!!!!!」
「もしかしてだけど、それで声殺してるつもりなの?
 普通に喘ぐよりエロいんだけど。
 やっぱ風俗のプロはすごいねー。そうやって男をソノ気にさせるんだね」

そうして散々に追い込んだ末に、少女は4本の指を使って明菜の肛門を大きく押し広げた。
別の一人がペンライトで中を照らす。

「へー、綺麗なピンク。こんな内臓の部分まで女の子みたい」
「ウンチはないけど、あの奥まりの左っ側にあんのって、ザーメンじゃない?
 確か美樹のパパと、店でプレイしてから来たんだよね」
「マジで!?じゃああたし、もうちょっとであのデブの精液舐めるとこだったわけ?
 それは勘弁だわー」
「あ、見て。おちんちんが搾り取られる度に、腸が蠢いてんのが見えるよ」

様々な声が、明菜の肛門を覗き込みながら交わされる。
肛門が一旦閉じられても、それで終わりではない。
女子高生達の、美しい第3の性への興味は、生半可では尽きないようだった。



そこから明菜の肛門は、様々な手段で嬲られた。

先端に鈴の提げられた長い肛門栓をはめ込まれ、放置されもした。
「アーラ何で鳴るのかしら?風もないのに」
「自分で腰を動かしでもしなければ鳴らないはずなのに、ねぇ?」
そのような言葉責めが課せられるが、機械によって際限のない射精地獄に置かれている明菜は、
浅ましく尻を振りながら鈴を鳴らし続けるしかない。
やがて緊張に次ぐ弛緩で肛門栓が抜け落ちると、それもまた物笑いの種にされた。

肛門栓の次には、一回り大きなアナルビーズが挿入される。
太い珠をいくつも捻じ込まれ、ゆっくりと、あるいは勢いよく引き出され。
「る゛っ……!!!」
明菜は下唇を噛みしめて必死に声を殺していた。
しかし度重なる肛門開発で、抑えがたい快感を得始めているのだろう。
すらりとした脚が艶かしくうねり、何度も組み変えられる。
さらに、十度目ほどに強くパールを抜き出された時には、がに股を作ったまま浅ましく腰を震えさせた。
「あら何かしらこの足は?」
快感の発露は目敏く見つけられ、少女らの手で片足の膝裏を掲げられる。

その状態で、さらに肛門に対して残酷な形状を持つ波状アナルバイブが捻じ込まれる。
相当に高い値段をする責め具なのだろう、それだけに得る快感は絶望的だ。
「ひぅ゛うんぐううううっ……!!!」
子犬が鳴くような明菜の声。
たまらなそうに持ち上げられた片脚が、少女達の手の中でびくんっと跳ねた。
「すらーっと綺麗な脚が、お尻の孔の快感であさましく感じてるのが解るわぁ」
女子高生はなお明菜の心を追い込んだ。
そこからさらに数度、波が肛門を通りぬけた頃、ついに明菜の唇の端から涎が垂れる。
「あ、ああ……」
それは、何とも解りやすい極まりの図だ。
「うっわぁー、気持ちよくて堪んなそうな顔になってきたよぉ。
 美人のこんな顔見てると、コッチまで堪んなくなってきちゃう」
明菜の顔を覗きこみ、少女達が歓声を上げた。

「そろそろね」
明菜を買い与えられた主役の少女が、上半身には制服のブレザーを纏ったまま、
白い下半身にペニスバンドを装着する。
成人男性よりも太く、長く、そして驚くべき反りを誇る凶器だ。
その凶器は、少女の笑いと共に幾度も明菜の尻穴に擦り付けられ、
明菜が戸惑ったように背後を振り返った瞬間に有無を言わせぬ挿入を開始する。
「ああああ、あ゛ああ゛……………ッッッ!!!!!」
明菜の瞳と唇はその瞬間に開ききり、女のものでも男のものでもない、
ゾクゾクするようなハスキーボイスを響かせた。



「どう?パパのよりも太くて、長いでしょう。反りだって、現実では有り得ないのよ。
 所々に、よく解った位置と大きさでイボがあるし……。
 男相手よりずっと気持ちよくなれるって、レズの間で大人気なんだから」

少女が腰を遣いながら明菜に囁きかける。
毛のひとつもないすべらかな4本足が絡まり、パンパンと音を弾けさせる。
リズミカルなその叩きつけは、受ける側にとって特に堪らないものであるようだ。

「すべすべの気持ちいい脚ねぇ、悔しいけど肌触りは私より上か。芸術的ね。
 ああこのむちっとした弾力、気持ちよくなっちゃった時の筋肉の張り。
 確かにこれは男でも女でもないわね、パパが病みつきになるのも無理ないかも」

腿を両手で挟み込むことで両脚を揃えさせたまま、少女が背中側を突き上げる。
「ああ゛っ……!」
明菜は背を丸め、泣くような瞳の形を作って悶えた。

「ほぉら鏡見てみなよ、世にもおかしな光景よね
 元男のアンタが抱かれてあんあん言って、女の私達に男の物がついてるだなんて
 でもどうせだから、この異常を突き詰めましょ。
 アンタの喉から男の子の声が出るまで……やるわよ」

少女が唇の端を吊り上げながら告げる。
彼女に後ろからねっとりと犯される一方で、明菜は横の一人に顎を摘まれ、唇を奪われてもいた。
舌を奥まで入れる濃厚なキス。
さらには豊かに実った乳房を、本物か確かめるように丹念に揉みしだかれもする。
明菜の乳房は、ホルモンを利用した正真正銘の性感体だ。
それを女子高校生のふくりとした掌で揉み上げられれば、当然に昂ぶってしまう。
「ふぁあうああうああ゛……っ!!!」
水商売をしていても滅多には味わう事のない多人数からの責め。
明菜はそれに翻弄され続けた。



少女が明菜の腰に手を添え、尻肉を鷲掴みにして深々と突き上げる。
「うっわー、ちょっと聴いてみて。突かれてるお尻の奥の方で、クポクポ音なってるよ。
 この綺麗なお腹ん中で、何が起こってんだろ」
横に座り込んで結合を見ていた一人が声を上げた。
「へぇ?」
それを聴き、責めていた少女が一旦責め具を抜き出す。
さらりとした液が表面に纏わりついていた。
「これ何?ローションとは違うみたいだけど」
「何ってそりゃ、腸液でしょ。
 さっきのクポクポって音、これが空気とで掻き混ぜられてる音だったんじゃん?
 まぁともかく、こんなのが滲んじゃってまで、感じてないなんて言えないよねぇ」
少女の一人が分析し、意地悪く解説する。
明菜の顔は羞恥に染まった。
そしてそこからいよいよ、明菜はその羞恥を深められる。

特に両脚を女子高生達に抱え上げられ、蛙のような格好のまま尻穴を穿たれて、
機械に淡々と精を搾り取られるのは恥辱の極みだった。
「ふぁあああああっ…………!!!」
意識せずとも声が出る。
泣きそうな気分になると共に、体中を被虐の快感が駆け巡る。
自分の培ってきた尊厳が、価値観が、ずぶずぶに侵食されていく。
自分が、果たして女なのか、まだ男が残っているのか、気高いのか、浅ましいのか。
全く解らなくなってしまう。

「うわぁすっごい、脚にまで腸液垂れてきてるぅ!
 あたしらみたいな素人にここまで本気で感じさせられて、プロとしては気分どうなの?」
「はぁううっ……!!」
「こいつ、腰反らせたままグッて深く突くと、物凄い切なそうな反応するね。
 前立腺のきついとこ捉えちゃったのかな?可愛い~」

心を斬り付ける様な屈辱的な言葉。耐え難い快感。
それらがない交ぜになり、明菜の尊厳を削り取っていく。



「おおおおおおお゛お゛お゛っ、はぁううう゛あぐおおおほおおおっ!!!!!!
 ま゛っ、まだでるっ、もぉ出したくない!!もう、前を絞るのはやめでえぇっ……!!!」

いつしか明菜は凄まじい咆哮を上げ、精液でない何かを屈辱の悦びから滲み出させていた。
フローリングの床が、汗と精液、腸液でぬめりを帯びていく。
自らの分泌した体液が足の裏でぴしゃっと音を立てるのは、現実に引き戻されるようで耐えがたい。

「ふふ、可愛い。でも朝まではまだ六時間以上あるからね。もっともっと可愛くなれるよ。
 このぷっくりしたお尻の孔に、どうやっても忘れられないぐらいの想い出を刻み込んであげる。
 あはっ、またちょっとだけ射精しちゃったんじゃない?
 想像して感じちゃったのね、明菜」

自分よりも遥か年下の子供に貫かれながら、明菜は涙を零して髪を振り乱す。
女神のように優れた容姿は、もはや見る影もなかった。
「ううううう゛!!!!ふむ゛ぅううう゛う゛っっ!!!!」
屈服などしたくない。けれども身体はすでに、悦びを露わにしてしまっている。
心までもそれに追従してしまうのは、そう遠い事ではない。

明菜にはそれが解っていた。



                                  終わり
続きを読む

変化 (ショタ×♂)

昔、SM系のショウパブで働いていた頃、変わったショウをしたことがある。
落ちぶれた12歳のジュニアアイドルを調教するというもの。
ただしアイドルといっても、男だ。
白瀬晃(しらせひかる)といい、ティーン系の雑誌では少し有名だったりしたらしい。
いわゆる女子中高生のアイドルという奴だ。

だが白瀬晃はブレイクしなかった。恐らくは彼の不遜な性格のせいだ。
なまじ同年代の女アイドルより可愛い中世的ルックスを有したせいで、
学校でも雑誌の取材でも蝶よ花よと持て囃されてきたらしい。
アイドルの飽和した今の日本で、上に好かれないキャラクターでは生き残れない。
だから落ちぶれた。至極当然だ。
にも関わらず、ステージ裏で俺と会った晃はまだ不遜な態度を改めていなかった。

「じろじろ見ないでくれる?」
晃はそう言って軽蔑しきった目線を俺に寄越した。俺はそれが可笑しかった。
俺は昨晩、この少年を引き渡した社長と杯を交わした。
芸能界でも男色の噂が絶えない男だ。
彼はその噂を肯定するように、俺にビデオを見せた。
この白瀬晃を営業接待と称して“可愛がっている”ビデオだ。

映像の中では何でもやっていた。
本気で少女と見紛うような白い身体を赤縄で縛り、蝋を垂らしたり。
AV男優と思しき男の前に跪かせ、ディープスロートで何度も嘔吐する晃を30分延々と接写し続けたり。
中でも印象的だったのは、彼がお尻の処女を失ったシーンだ。
後ろ手に縛られてソファに押さえつけられ、背後から肥満体の社長に圧し掛かられている。
素人撮りらしくアングルは最悪で、シーンの殆どがオヤジの汚い尻と少年のすらりとした脚しか映っていなかったが、
漏れ聞こえる声は最高だった。
「いたい、いたい!やめてください、痛いっ!!」
声変わり前の澄んだ少年の声。晃の声に間違いないだろう。
ギンギンに屹立した社長の逸物を根元まで突き込まれ、声の様子だと肛門でも裂けただろうか。
ソファを掴んで絶叫する姿は、お世辞にも美しいとはいえない滑稽な物だった。

俺は実物の白瀬晃に睨まれながら、それを思い出していたのだ。


「さすがティーンモデル、綺麗な顔してるな」
俺が褒めると、晃は溜息をついて視線を外した。
これは少々頭にくる。あたりまえだ、そう態度で語っているからだ。
「…脱げ」
俺は少し高圧的に命じた。晃が鋭い目でこちらを見上げる。
「脱げ」
ややトーンを低めて繰り返す。
ここに来させられた事がどういう事か、解らない立場でもないだろう。
晃は一瞬しかめ面を作り、乱暴にシャツをたくし上げた。ズボンを剥ぐ様に脱ぎ捨てる。
色気の欠片もない脱ぎ方だ。だが一方、晒された彼の身体は色気に溢れていた。

華奢な肩、くびれた腰、すらりと細長い脚。
肌色は白く、健康的に艶めいてくすみのひとつもない。
俺は思わず息を呑んでいる自分に気がついた。これが同じ男だとはとても信じられない。
股座にひっそりと頭を垂れた部分さえ隠せば、完全に少女で通せる。
「だから、男のカラダじろじろ見過ぎだって。アンタも変態なの?」
晃がまた嘲ってきたが、今度は気にならない。
「ああ、可愛いよ。すっげ可愛い」
むしろ堂々と彼の綺麗な体を見つめ返してやる。晃の視線が変わった。ふふ、脅えているのか。

俺は黙って晃を眺めたまま、今回のコスチュームを引っ張り出す。
地元女子校の制服だ。それも制服だけを単に購入したのではない。
ブレザーも、ブラウスも、蝶タイも、果てはショーツやハイソックスに至るまで、
すべてそこの女子中学生が提供した私物だ。
対価として彼女らには、本来一席8万はするこのショウパブの招待券を送っている。
つまり観客として見に来るということだ。

俺はそれを晃に説明しながら、彼にそれを着せてやった。
真裸の彼に細長い脚を上げさせ、生暖かいショーツをすりあげて腰でパンと密着させる。
「どうだ?お姉さんの脱ぎたてだ。意外に清楚そうで可愛い子だったぞ」
すりすりと股座を擦りながら問いかける。かなりいい生地だ。晃は無言だが、これを履けば気持ちいいだろう。
俺はさらに彼に女子中学生の服を着せていく。
ブラウスを着させ、ブレザーを被せ、蝶タイを結び、スカートとハイソックスを履かせる。
その工程を踏みながら、俺は名だたる彫刻家の気分になっていた。
似合いすぎる。
細い腰がブラウスに包まれ、すらりとした脚がスカートとハイソックスに彩られ、
ますます輝きを増していく。

全て着終わった時、目の前にいたのは清楚な黒いショートカットの女学生だった。
だが俺が彼の正体を知るからだろうか、危うい魅力に溢れている。
これ以上なく女らしい見た目をしながらも、その中身が女を受け入れていない。
そのアンバランスさだ。
「制服」と「少年」。これは普通の女学生よりずっと良いのではないか。俺はそう感じた。
俺はホモでもゲイでもない。
だが今のこの晃になら、キスでもできる。
「可愛いな。裸の時よりもっとずっと可愛くなった」
俺は晃のさらさらした髪を撫でながら語りかけた。つい口調が優しくなってしまう。
そして彼の…いや、彼女の細い肩を抱きながら唇を重ねる。
「んんっ!?」
澄んだ声が悲鳴をあげた。
俺はその開いた口に舌を滑り込ませ、相手の舌を探った。唾液がとろとろと流れ込んでくる。
味などはないはずなのに、心なしか甘い匂いが鼻を抜ける。

だがそんな心地よさに酔っていた直後、俺の舌を激痛が襲った。
「ひてえっ!!!!」
思わず舌を引っ込める。目の前には口を拭いながら、燃えるような目で俺を睨む晃がいた。
「し、しし信じらんねえ。お、男にキスするなんて、何考えてんだあんた!
 肌もガサガサだし顔つきもやらしいし、おまけに変態か?ださい大人だな!!」
息を切らせながらまくし立てる彼を、俺は意外に静かな心で見ていた。
口の中に血の味が染みる。涙が滲む。それでも怒りはない。
惚れたか。
「ああ、悪かったな。確かにステージの裏でまで俺の言うなりになる必要はない。
 ただ、もうすぐ本番だ。泣かないように心の準備だけはしておきなよ」
俺はぺろりと口の中を舐め、楽屋を後にした。
あれほどの『美少女』、どうやって愉しもうか。その考えが自然と歩きを早めた。




「おいおい、いきなりアナルかよ!!」
「あのルックスの娘がお尻まで解禁ですか。さすが高級パブ、恐れ入りますな!」
開始わずか数分で会場のボルテージは鰻登りだった。
晃が肩幅に足を開いて立ったところで、俺がおもむろにショーツを下げて後孔に指を突っ込んだからだ。
会場には晃のことは「清楚系女子中学生・ヒカル」としか伝えていない。
制服などを提供した少女らも、まさか男に着せるとは思わないだろう。
そこしか穴がないなどとは、想像する者もいないのだ。

俺は瓶からたっぷりと香油を掬い取り、人差し指と中指で晃の尻穴に塗り込めてゆく。
その様子は俺の胸に着けたカメラを通じて客席のスクリーンに大々的に映し出され、
さらにステージの各所に設置された集音マイクが衣擦れの音さえ響かせる。
さながら映画館でのAV鑑賞だ。
俺は屈んだまま晃の尻を見上げ、スクリーンを確認しながら指を蠢かす。
素晴らしい光景だった。
晃の後孔はあの変態社長に散々開発された筈なのに、そんな気配が一切ないほど皺の綺麗に並んだピンク色をしていた。
そう、ピンクだ。褐色でもなければ肌色でもない、桃色の排泄口。
SMショウで山のように人間のアナルを見てきた俺は、まずこれに狂喜した。
これほど鮮やかな桃色は、年若い女の子であっても10人に1人いれば良い方なのだ。
恵まれた顔に綺麗なアナル。俺はこの贅沢な組み合わせを許した神に感謝した。

そして不幸にも俺の琴線に触れたアナルは、ねちっこい地獄の責めを受けることになる。
俺とて人間だ、汚らしい尻穴などいつまでも指で捏ねていたくないため、すぐに道具に任せてしまう。
だがこの類の美味しそうなアナルなら別だ。
俺は指2本でただ延々と尻穴を捏ね繰り回した。会場の反応も上々だ。
桜色の蕾の美しさは勿論、少年らしい肉薄の尻、たくし上げたスカートから覗くすらりとした脚など、
オカズになりそうなものがいくらでもあるからだ。
だが観衆にはわかるまい。この指を食い千切らんばかりの菊輪の締め付け、複雑な腸肉の蠢きは。
名器であることをこれでもかと伝えてくる反応に、俺はますます昂ぶっていく。

晃は開始以来、ずっと黙って耐えていた。
足を肩幅に開いて仁王立ちし、尻側のスカートを捲り上げて正面を睨む。
スカートのお腹側を捲れば大変な事になるのだから内心冷や冷やだろう。
だが声を上げてくれなくては面白くない。俺は少し本気を出した。
これでもそれなりに長いことSMをやってきた人間である。男の相手も慣れている。
「くっ!」
突然会場内に響いた澄んだ声に、観衆が何事かと騒ぎ始める。
スクリーンを見ても、俺の指が少し深く入り込んでいることしか解らない。
俺はこのとき、晃の前立腺をごりごりと扱きたてていた。
どれほどの美形でもここの位置は変わらない。そしてその反応も等しく同じだ。
「ああう!あああう、っぐう!!」
とうとう正面を睨む事ができなくなったか、晃は唇を噛んで下を向いた。
膝がぶるぶると震えている。抜けそうなのだろう。
何も恥じることはない。俺は先ほどからじっくりと時間をかけて尻穴をほぐしてきた。
いわばスローセックスの気持ちよさ。
単調で見ている者には退屈だったかもしれないが、単調だからこそ快感がえぐいのだ。

俺はぐりぐりと急所を穿ち続ける。
晃は軸足を踏みしめながら片膝を浮かせ、少し爪先立ちになるような仕草を見せた。
「まだ出すなよ、始まったばかりだ」
俺の言葉にびくりと尻穴が反応する。
出すなよ。この言葉は客席には、失禁するなよとでも取られただろうか。
俺はようやく晃の尻穴から指を引き抜いた。指に香油がやけに粘ついたまま纏わりついてくる。
そして一拍置き、指2本分だけ開いた尻穴からごぽりと液体が漏れ、すべらかな太股を流れた。
まるで透明な中出しだ。会場が喉を鳴らす。

はぁ、はぁっ…

指責めで荒ぶった晃の息がマイクに拾われる。俺はその昂ぶりを逃すまいと道具箱を手に取った。
取り出したのは直径4センチの極太のアナルパールだ。
通常ならばそれなりの特訓を要する代物だが、今の晃ならいけるという確信があった。
小さな窄まりに対して冗談のように大きい一球を押し当てる。
メリメリッ…。そういった音がしそうなほどゆっくりと、球が晃の腹の中に沈んでいく。
「っ…!っっ……!!」
晃は汗をびっしょりと?いてそれを受け入れた。
可憐な足の奥に巨大な異物が呑み込まれる様を、観衆も声を殺して見守る。

十分な時間をかけてすべてが収まったとき、他ならぬ晃自身がこれ以上ないほどの安堵の息を吐いた。
だが……俺と観衆は逆だ。極限にまで張り詰めさせた気を、さらに張る。
俺はパール末端のリングを掴んだ。
晃が不穏な空気を察し、顔を上げた直後。巨大なパールの球が勢い良く引き摺りだされた。
会場の音が錯乱した。
晃の尻穴から排泄音に似たぶりぶりという音が漏れ、水音が飛び散った。
次に聞こえた声は晃の悲鳴で、最後に聞こえた驚きの声はこう言っていた。

「男よ!!このコ男だわっっ!!!!」

声の主が指した先には、必死に掴んでいたスカートの裾を驚きのあまり引き付け、
顕わとなったショーツから勃起しきった逸物がはみ出させた晃がいた。
先端には白い糸が引いており、よく見れば暗いステージの上、仄かに白濁の線が延びている。
場は騒然となった。
絶世の美少女だと思って扱いていたものが男であった事に唖然とする者。
今の射精の壮絶さを思い返す者。
崩れ落ちた晃の色っぽさに見惚れる者。

俺はそんな阿鼻叫喚の中、放心した晃を後ろから抱きかかえる。
そして先走りに濡れた怒張を取り出し、早くも慎ましく閉じはじめた蕾へと押し当てた。
ぬるい締め付けが一気に亀頭を包み込む。

最高の気分だ。晃の中はやはり名器だった。
柔らかいうねりが亀頭を撫でる。菊門の根元への締め付けが射精感を煽る。
「ああ可愛い可愛い、可愛い可愛い可愛いよ」
俺は言葉を考えるのもまどろっこしく、彼をひとつ突く毎にそう囁いた。
後背位からはじまり、今は対面座位だ。
それに合わせて俺の胸のカメラは、揺れ動く細い腰に代わり、快感に蕩ける少年の顔を映すようになっていた。

視点がぼんやりと定まらず、容のいい小鼻をひくつかせ、口の端からは涎を垂らし。
なんと気持ちよさそうな顔をするのだろう。
半勃ちの状態の彼のペニスは、射精したばかりで派手に噴き出すことこそないものの、
剥けていない包皮の中にはたっぷりと白い先走りを滲ませており、身体の揺れに合わせて下腹へ零れ落ちていた。
小さな両足首は俺の腰に引っ掛けたまま掴まれ、尻穴を突かれるたびに鉤状に曲がっていた。
そしてその尻穴。
大きいことには自信がある俺の怒張と根元まで結合し、聞くだけで勃ちそうな粘っこい音を立てている。
見ることは適わないが、感触からして結合部からは腸液や潤滑油があふれ出し、彼の背中まで伝っていることだろう。
そうまで考えて俺は苦笑した。なるほど気持ちいいはずだ。

元々つくりのいい晃のその蕩け顔は、騒然としていた会場を少し変えた。
ホモセックスなど見に来たのではないと激昂する中年は、今や完全に画面の虜だ。
私物を美形少年に履かれた女子中学生は歓喜したのち、彼が白瀬晃ではないかという結論に達して黄色い悲鳴を上げていた。
「見ろよ。皆お前をみているぜ」
俺は晃にそう語りかけた。晃の呆けた視線がゆっくりとこちらを向く。
「ヒカル、すげえ可愛いもんな」
俺は心からそう言った。そして晃の足首を離し、顔を引き寄せる。
キスをしただけなのに女の悲鳴が聞こえる。だが気にしない、役得だ。
舌を蠢かし晃の口の中を探る。震えるような小さな舌を見つけ、舌先でつつく。
『噛まないのか?』
俺は晃に目で問うた。晃は俺と目線を合わせ、ふっと外し、そしてまた、おずおずと合わせた。
かみません。
そんな声が聞こえた気がした。
俺はその瞬間、異様な気持ちのよさを感じ、たまらず腰のピストンを早めた。
晃の唇が銀色の糸を引きながら離れ、その口から明らかな喘ぎが漏れた。
「あ!あ!あ!あ!あッ!!!」
2人分の喘ぎ声がカウントとなり、痙攣を始めた俺の亀頭に合図を送る。
最後に晃の足が俺の腰をしっかりと抱え込んできたとき、俺は今までで一番深い所まで突きこんで射精した。
腰が抜けそうなほど快感が大きく、一回分射精した直後にまた同じ量を噴射する。
その二度目の射精中、快感で凍りついたように晃の腹を凝視していると、俺の頬を熱いものが掠めた。
それは晃の射精だった。いつのまにか皮が剥けるほどにそそり立った逸物から放たれたのだ。
俺達は互いの身体に自らの証をぶちまけながら、最高の快楽に身を委ねた。


ショーはその後も続いた。むしろ、観客としてはそれからが本番である。
疲れきった晃にバイアグラの錠剤を丸二錠飲ませ、分娩台のような椅子に座らせる。
これで手首足首をベルトで拘束すると、座部中央に生えた直腸奥まで届くバイブから逃れられなくなる。
そしていざスイッチが入ると、客席のスクリーンには晃の腸内が映し出されるのだ。
これはバイブの先端部がCCDカメラになっており、ピストンに合わせて腸内映像を送るためだ。
台の脚を乗せた部分は開閉が自由であり、脚の開き具合によって腸内の締まりがどう変化するのかもよくわかる。

晃はこの台に固定され、自らの腸内を見ながら、バイアグラで過敏になった逸物より延々と射精を繰り返すことになる。
一方客はその晃を見ながらこちらの供するクイズに答え、正解すればステージに立つ権利を得る。
正解者が女であれば、主に晃のそそり立った逸物を自らの膣に入れて美少年を犯す快感に浸り、
男であれば美少女と見紛う晃の口を思うさま蹂躙する。
それを終了時間まで繰り返すのである。

晃は涙していた。椅子に縛り付けられ、真上に勃ちあがった逸物から放つ精子を何度も顔に浴びながら。
それはつらい状況に対してなのか、それとも自らの全てに懺悔してのものなのか。
俺にはそれを知る由もなく、ただ事務的にショウを進めた。

そして…





「ただいまぁ…」
俺はくたくたになって玄関にへたり込んだ。
裏の仕事をやめリーマンになった俺は、社員の球技大会で年甲斐もなくはしゃいでしまっていた。
「あ、おかえんなさぁい!!」
パタパタとスリッパの音が響いてくる。
声の主はキャミソールから決して膨らむことのない胸を覗かせ、俺を助け起こす。
今日もにこにこと元気な嫁だ。
「今日は先におフロにする?あったかく沸いてるよ。
 それともご飯?今日は赤鯛が安かったから香草で焼いてみたの。美味しいかわかんないけど…」
俺は大きく頭を振る。
「え?じゃあ」
首を傾げる嫁のミディアムヘアをわしわしと撫でて、俺は要望を突きつけた。
「まずは、お前だ」
「……だっさーい。ベッタベタなんですけど」
くく、と晃は俺を睨んで笑った。俺は少々頭にきて、そのぷくぷくの頬を抓ってやった。
「ひへへへへ!!あんだよばか!!」
俺は容赦しない。
今日変にはしゃぎ過ぎてしまったのも、小さな拳で俺を叩くこいつとの馴れ初めを思い出したせいだ。
あの頃は俺も若かった。
そしてこいつは、今もまだ若い。
俺はそれがまた癪に障って、今夜は立てなくなるほど可愛がってやろうと思うのだった。

 
                 おわり
続きを読む

リンクに「Blue Rose Garden」さんを追加

2chエロパロ板にある『ニューハーフ・シーメールでエロパロ』スレで、
甘エロなニューハーフ物を書き続けておられる BLUE ◆ROSE/9P7pw さんのサイトです。
その尽きることのないキャラ愛と妄想力は、私も切に見習いたいものです。

ほのぼのしつつも勃起する良作揃いですので、皆様もお暇があればぜひ。
Blue Rose Garden
アクセスカウンター

    ありがたいコメント
    さくさく検索
    Amazonライブリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    プロフィール

    kunsecat

    • ライブドアブログ