大樹のほとり

自作小説を掲載しているブログです。

リョナ

香澄の息吹

※ 腹パンチ中心のヒロピン、リョナ物。嘔吐・失禁注意。
  また、かなり徹底的にやられてます。



呼吸。
人間が普段無意識に行っているこれは、生の基本にして、最も重要な要素でもある。
呼吸を正しく行えば、人の心は安らぎ、肉体は飛躍的にその性能を増す。
空手において息吹などの呼吸法が重視されるのもこのためだ。
その中でもとりわけ、呼吸に特化した格闘の流派がある。
名を、『風和呼神流』という。
特殊な呼吸法によって神を宿し、邪を祓うのがこの流派の理念だ。
その源流は神道にあり、政を担う表の人間の陰で、密かに人の世の闇と戦ってきたと伝えられる。
時代が下るにつれ、中国拳法の気功法・錬氣法などを取り入れながら、その技術は脈々と受け継がれてきた。
現代にも、その後継者がいる。
『風和呼神流』第36代目継承者、神代 香澄(かみしろ かすみ)。
齢15にして奥義を見につけた、天賦の才の持ち主だ。
もっとも、香澄が正式に36代目となる事は、まだ決定した訳ではない。
この流派を継ぐにはひとつの条件がある。“邪を祓う”力があると宗家筋の人間に認めさせる事だ。
香澄はまさに今、この試練に臨んでいる最中だった。

暴力が支配する街、多寡見町の高校に入学し、自らが頂点に立って治安を回復すること。
それを高校卒業までに達成すれば、晴れて正式な継承者として認められるという。
とはいえ、容易な事ではなかった。
地域でも札付きの不良が集う多寡見の闇は深い。
強盗に強姦、恐喝に殺人、違法薬物……ありとあらゆる犯罪が蔓延するスラム街だ。
ある広域暴力団がこの街の経済力に目をつけて“戦争”を仕掛けたが、一週間ともたずに敗走したという逸話もある。
多少武術の心得がある程度の女子高生ならば、まず3日と処女を守れまい。
しかし香澄は、その街に身を置いて1年あまり、未だに純潔を保っている。
それどころか、多寡見の各区画を牛耳る人間を次々に倒し、街中の注目を浴びる1人になっていた。
正義感に溢れる彼女の人気は相当なものだ。
通う高校にはファンクラブができ、常に10人以上の女生徒が取り巻きになっている。
下手な男を頼るより、香澄の目の届く場所にいた方が安全なのだから、当然といえば当然だが。
無論、そうした香澄の台頭を煙たがる人間は多い。
今日もまた、校門を出た香澄達の前に数人が立ち塞がる。


「よぉ、クソ女。昨日は弟分が世話んなったな」
タンクトップとジーンズを着用し、拳にバンデージを巻いた男が声をかけた。
線は細く、しかし肩幅はやや広い。見るからにボクサータイプだ。
「皆さんは、下がっていてください」
男の口調から敵意を感じ取り、香澄は取り巻きの女生徒に命じる。
「やーん、早く早く!」
女生徒は我先にと校門の陰へ隠れていく。
急いでこそいるが、誰一人として不安がってはいない。むしろ、アイドルのコンサートを心待ちにするような浮かれぶりだ。
そこには香澄に対する、絶対的な信頼が窺えた。
「おっ、また香澄が喧嘩するらしいぜ!」
「マジだ、しかも制服じゃん! パンチラ見れっかなぁ…………ま、無理だろな」
女生徒だけでなく、近くを通りかかった人間も次々に足を止め、野次馬に加わっていく。
その人の輪の中心で、香澄とボクサー風の男はゆっくりと歩を進めた。
そして、数歩分の間を空けて相対する。

「一応、名乗っとくか。俺は岡崎、テメェにボコられた藤野の兄貴分だ」
「そうですか。では岡崎さん、貴方にも忠告します。怪我をしたくなければ退いてください」
岡崎という男に対し、香澄は凛として言い放った。
『麗しい』という印象の強い見目に反し、声質はやや幼い。しかしその声は、一流のオペラ歌手さながらによく響く。
ただ一言を聞くだけで、特殊な呼吸を会得した稀有な人間である事が窺い知れる。
岡崎の頬に一筋の汗が流れた。
しかし同時に、彼は笑う。相手を屈服させた後を想像して。

岡崎の身長181cmに対し、香澄は170cmほど。体重は格闘家である事を加味すれば60kg前後だろう。
女子としてはかなりの高身長であり、同時にスタイルも群を抜いている。
セーラー服に包まれた胸は、首元の赤いスカーフを押し上げるほどに豊かだ。
腰も細く、紺のスカートから覗く脚線がまた極めつけに美しい。
モデルの世界へ足を踏み入れれば、すぐにでも一線で活躍できる逸材だろう。
顔立ちも整っていた。
瞳や鼻梁、唇といったパーツの全てが主張しすぎず、妙に好感が持てる。
瞬きをしたり、口を開いたり、それら全てに品がある。
風に靡く黒髪は艶やかで、揺れるたびに光の帯が流れていく。
まさに極上。
この後の人生で、もう二度とは巡り合えぬと確信できるほどの和風美人。
もしもその香澄を屈服させた暁には、街のルールに則って公然で陵辱できるのだ。
1匹の雄として、これほど狩猟本能をくすぐられる事はない。

「可愛い義弟の礼だ。悪ィが、初っ端からマジで行くぜ」
岡崎は義を貫く人間を演じながら、曲げた膝で軽やかなリズムを刻み始める。
そして猛然と踏み込んだ。常人の目では追えない速さだ。しかし、香澄の反応はさらに早い。
岡崎が迫るまでのコンマ数秒の間に、香澄は両腕を開いた。
「コオォォォォ…………ッ!」
桜色の唇が薄く開き、空手の息吹に近い呼吸が為される。
「っらァ!!」
まさにその顔面へと、岡崎の鋭いジャブが放たれた。
しかしそれは空を切る。間一髪で香澄に避けられたのだ。
「ッチ!」
相手の運の良さを呪いながら、岡崎はよりコンパクトにジャブを連発する。
しかし、それすらも当たらない。常に間一髪でかわされてしまう。
肩や視線でのフェイントを混ぜても、フックを振り回してもかすりもしない。
香澄の身体はただ、春風に舞う葉のごとく揺れているだけだというのに。

「ハァッ、ハァッ……クソッ、なんで当たらねぇ!!」
数分後、岡崎は肩で息をしながら香澄を睨み据えた。
対する香澄は、呼吸に一切乱れがない。静かな……否、あまりにも静かすぎる呼吸を繰り返している。
その呼吸法こそが香澄の強さの秘訣だ。
『風和呼神流』の極意は、呼吸を通じて風と調和し、遍在する神の力を身の裡へと呼び込む事にある。
無論、ここでいう神とは概念的なものに過ぎない。しかし、その効果は事実として顕著だ。
香澄が信仰する神は『四獣』。
『青竜』の青息(せいそく)、『白虎』の白息(びゃくそく)、『朱雀』の朱息(しゅそく)、『玄武』の玄息(げんそく)。
それぞれ効果の違うこれらの呼吸法を使い分け、あらゆる状況に対処する。それが香澄の戦い方だ。
まさに今、香澄の行っている呼吸が青息にあたる。
青息は、その特殊な呼吸によって、体内の筋やそれを包む膜を伸びやすい状態にする。
伸びやすい柔な筋肉は、動きを軽やかにし、衝撃を吸収し、疲労も溜めにくい。
そして鞭のようなそのしなやかさは、打撃の威力を何倍にも引き上げる。
挙句には、脳に新鮮な空気が循環し続けることによって、反射神経や動体視力が向上する効果さえ期待できる。
いわば究極のドーピングだ。
長年武術の鍛錬を積んできた香澄がそれを使えば、ボクサー崩れのジャブをかわす事など造作もない。
むしろ、リズムとタイミングが全てと言われる近代ボクシングこそ、呼吸を制する者にとって絶好のカモだ。

「ハァッ、ハァーッ…………!!」
香澄を睨みながら、荒い呼吸を繰り返す岡崎。
香澄は冷静にその様子を観察し、相手が息を『吸う』瞬間に動きを見せた。
人間は、吸気の瞬間が最も無防備になる。岡崎も香澄の動きに気付いたが、反応が間に合わない。
「がっ……!」
ガードしようとした手をすり抜ける飛び膝蹴りで顎を打ち抜かれ、鮮やかに意識を断ち切られる。
まさしく電光石火。ボクサーである岡崎を遥かに凌駕する機敏性だ。
見事な決着。しかし、戦いはまだ終わらない。
「こんの、アマァァああああっっ!!!」
香澄が着地しようとした瞬間、ギャラリーの輪の中から1人の男が飛び出した。
名は浜川。岡崎の仲間であり、香澄が岡崎の猛攻で追い詰められた所を羽交い絞めにする役目の男だ。
しかし香澄があまりにも軽やかに岡崎をいなすあまり、決着が付くまで機を逸していたのだった。

「オラアァッ!!!」
浜川は叫びながら、突き上げる形のボディブローを放つ。
「っ!」
香澄の視線が横目にそれを捉えた。
彼女の身体はまだ空中だ。回避は間に合わない、と浜川は確信した。
彼は動きこそ鈍いが、体重は100kgを超える。腹に一発見舞えれば、レスラーでも悶絶させる自信がある。
しかし、この時も香澄は素早かった。
足の先がかろうじて地面に着いた瞬間、素早く両脚を踏みしめ、両腕で身体の前に十字を切る。
「カッ!!」
鋭い呼気が一度発され、美貌が鋭く引き締まった。
直後、叩き込まれるボディブロー。巨体が突進する勢いを乗せた、丸太のような右腕での一撃。軽いはずがない。
美しい香澄の身体がくの字に折れ、吹き飛ぶ……そのイメージを何人のギャラリーが抱いたことだろう。
しかし、現実は違った。
肩幅に地を踏みしめた香澄のローファーは、衝撃で十数センチほどアスファルトを擦る。しかし、それだけだ。
地面に二筋の擦り跡を残して、止まった。
「なっ…………!!」
愕然としたのは攻撃した浜川だ。
体重に裏付けられた攻撃の重さには自信があった。
それを、少々体格が良いとはいえ、女子高生ごときに真正面から受け止められるとは。
動揺する男を他所に、一部のギャラリーからは歓声が上がっていた。
「おおっ、久々に白虎きた! やっぱカッケェなぁ!」
「避けらんねぇって判った瞬間に白虎って判断が流石だわ」
「バカねあいつ、よりによってお腹狙うなんて。香澄さんの一番丈夫な場所なのに!」
声を上げているのは皆、香澄の喧嘩を見慣れた人間だった。
幼い頃から丹田での呼吸を叩き込まれてきた香澄の下腹部は、ゴムタイヤのようにしなやかで強靭だ。
さらに今は、体内の筋肉や膜を故意に収縮させる『白息』を用いている。
その硬さと耐久力は、まさしく鉄板並みだと噂されていた。
「終わりです!」
香澄の鋭い声が響いた直後、自失した浜川の右腕が払い除けられる。
そして、鮮やかな右ハイキックが浜川の側頭部へと叩き込まれた。
「があ゛っ…………」
岡崎と同じく、浜川もまたこの一撃で意識を刈り取られる。

巨体が重々しく崩れ落ちると同時に、歓声が湧いた。
香澄の強さと美しさを称える声、暴力を撥ね退けた事への賞賛、そして……
「ううおおおっ、見えたぁっ!!!」
「ひゃひゃっ、今日はレースつきのピンクか。また可愛いの穿いてんなぁ!」
そう野次を受け、浜川を見下ろしながら残心を取っていた香澄の表情が変わる。
頬を染め、目を見開き。
「あ、あっ………………み、見世物じゃありませんっっ!!!」
通りの果てまで響き渡る香澄の叫びに、ギャラリー達は笑いながら逃げていく。
多寡見の街には長らくなかった、和やかな雰囲気だ。
こうした情景が見られる事こそ、香澄がこの街の“邪を祓っている”証拠と言えるかもしれない。


「相変わらず化け物じみた強さねぇ、あのガキ。……どう、同じバケモノとしては。勝てそう?」
ビルの一室から校門を見下ろし、白人の女が告げた。
返事はない。
女が訝しんで振り返ると、その視線の先では、大柄な男が女を激しく抱いている所だった。
「ん、んん゛っ……うあぐ、ふっ、太いい゛っ…………!!!」
女の悲痛な喘ぎが響く。
「はーっ……アナタねぇ。そいつらを宛がってやったのは、アナタなら神代香澄を潰せるかもって期待してるからよ。
 せっかく、その香澄の戦ってる所が見られるチャンスだっていうのに」
女が呆れたような口調で告げると、男は後背位で激しく交わりながら背を伸ばした。

どれだけの時間をトレーニングに費やしたのかと問いたくなるほど、全身が筋肉で膨れ上がっている。
特に、僧帽筋、三角筋、上腕二等筋などは、充分にマッシブな人間を1人用意し、
その上に戯れで別人の筋肉ブロックを上乗せしたような有様だ。
身長は低く見積もっても190cmを超え、体重は150kgを下回る事は有り得まい。
よく大柄な人間を指してヒグマのようだというが、彼に限っては比喩にならない。
まかり間違っても人を殴ることを仕事にしてはいけない。そう感じさせるほどの異形だった。
その彼がトレーニングすらした事のない素人だと言って、信じる人間がいるだろうか。

「なら訊くがよ、アベリィ。アンタは道向こうのショーウィンドーに肉が飾られててだ、それで涎垂らすのか?
 肉ってなァよ、こう目の前でジュウジュウ言ってて、ソースやらの匂いがして、ナイフが簡単に入る……そこで涎が出んだろうが。
 女も同じだ。手の平でグチャグチャに出来るって状況じゃなきゃ、勃たねぇよ」
男はそう言って、眼前の女の腰を掴む。そして力任せに引きつけながら、自らも腰を打ちつけた。
女はすぐに暴れ始める。
「い、いたいっ、痛いーっやめてっ!! お願い、もうやめてぇえっ!!」
まさに決死の形相で叫ぶ女。しかしそれを蹂躙する男は、彫りの深い顔に笑みを深めるばかりだ。
「ウルセェぞ。テメエもゲロ吐かされてぇのか?
 なら、せめて2発は耐えろよ。どいつもこいつも1発こっきりでオチやがって、クソ面白くもねぇ」
男が盛るベッドの周りには、彼に壊されたと思しき若い女が6人転がっていた。
その全てが腹部を押さえ、涙と吐瀉物に塗れたまま気を失っている。
「それで最後になさいよ。それとあの女も、本当に目の前にあれば平らげてくれるんでしょうねぇ……矢黒(ヤグロ)くん?」
アベリィと呼ばれた女は、男に向かって問う。
「当然だ」
異形の男……矢黒は、泣き喚く女を仰向けにしながら答えた。





神代香澄の元に果たし状が届くと、すぐに街中へ噂が広まる。
ある者は、救世主がまた一つ暴力の種を潰してくれるのか、と期待を寄せ。
ある者は、あの生意気な女が今度こそ地を這うのか、とほくそ笑み。
またある者は、戦いに挑む香澄の姿そのものを目当てに集った。
予め戦いになると判っていれば、香澄も相応の格好をする。吸汗性や通気性、動きやすさを重視した服装だ。
となれば当然、身体に密着した軽装……という事になる。
今日もやはりそうだった。
上はピンク色をしたノースリーブのスポーツウェア、下は3分丈の黒スパッツ。
密着性は高く、理想的な椀型の両乳房や、引き締まった腹筋、くびれた腰、流れるような脚線が浮き彫りになる。
さらにはポニーテールに纏めた髪型がいよいよスポーティな印象を強め、ギャラリーの視線を男女問わず釘付けにした。

「いつ見てもすげぇチチだ。たぶん本物だよな、アレ。蹴られてもいいから揉んでみてぇわ」
「スパッツ姿もエロくて堪らんわ。締まった尻とか、股下の三角の隙間とか、太腿への食い込みとか……」
「スパッツがエロいなんて、運動部系なら大体そうだろ。むしろあの子の場合、腹筋じゃね?
 バキバキに割れてるって程じゃねーけど、やたら綺麗だし」
「息止めてる間は鉄板みたく硬いらしいな。流石にそこまでにゃ見えねーが、確かに無駄がなくてカッコいい腹だよな」

快晴の中、指定の場所に現れた香澄を、ギャラリーが口々に品評する。
香澄はそれに一瞥をくれる事もなく、ただ静かに呼吸を整えていた。
だがやがて、その瞳が大きく見開かれる。
「ん、何だ?」
香澄の開眼を訝しむギャラリー達は、視線の先を追って息を呑んだ。
ゴリラか、あるいはヒグマか。明らかに人間としては不自然なシルエットが、ゆっくりと近づいてくる。
「え…………誰、あいつ?」
「し、知るかよあんなバケモン。ここらじゃ見たこともねぇ」
「っていうか、まず人間なの……?」
「強そうなのは強そうだけどよ、歩き方とかブラッとしすぎじゃね? すごい素人臭いっつーか……」
香澄を相手に軽口を叩いていたギャラリーも、ただ戸惑いの色を浮かべるばかりだ。


ゆったりとした歩みのまま、男……矢黒は香澄と対峙する。
矢黒がまず行ったのは、香澄の瑞々しい肉体を舐め回すように眺める事だった。
「ほぉ……ナマで見ると、また美味そうだな」
口元を緩めて告げる矢黒。小物めいた言動だが、しかし、彼の纏う雰囲気が蔑む事を許さない。
至近に寄れば、その印象はいよいよ獰猛な獣そのものだ。
香澄の顔に汗が伝った。
「あら。流石に余裕なくなっちゃったみたいねぇ、多寡見の救世主さま?」
矢黒の後ろからアベリィが姿を現す。
「なるほど……貴女の差し金ですか」
香澄は正面の矢黒を警戒しつつ、アベリィに鋭い視線を投げた。
香澄とアベリィには因縁がある。
多寡見町を訪れたばかりの香澄に洗礼を浴びせようとした結果、逆に手痛い敗北を喫したのがアベリィだ。
ある意味、香澄が“救世主”と呼ばれるようになったきっかけとも言える。
しかし、香澄の栄光の始まりは、アベリィの挫折の始まり。
力が全ての街で、新参者に後れを取る……それがどれほど致命的な事かは、香澄にも想像がつく。
当然、いつか何らかの形で復讐に来ることは予見していた。
「そういう事。お前には、私が受けた以上の屈辱を味わって貰わないと。
 とりあえず彼にボコられた上で、犯されてちょうだい。そこでどのぐらい惨めに啼くかで、後の処遇を考えてあげるわ」
アベリィは矢黒の腕を撫でながら、血色の悪い唇を歪めた。

「無闇に人を傷つけたくはないのですが……退いては頂けませんか?」
香澄は矢黒の顔を見上げて問う。
岡崎の時も身長差はあったが、矢黒相手ではさらに違った。およそ頭一つ分……いや、それ以上の差か。
そしてその身長差以上に、上腕のサイズが違いすぎる。香澄の腕4本で、ようやく矢黒の1本分。
至近で邂逅したヒグマと少女、まさにその図だ。
そしてヒグマは、飢えていた。交渉の余地など端からなかった。
「残念だがそうもいかねぇ。俺ァたった今、お前を喰う事に決めたんだ」
矢黒はそう告げ、無造作に腕を伸ばした。そう、無造作に。そしてその腕の先は、容易く香澄の左胸を掴む。
「なっ!!」
ギャラリーから驚愕の声が上がった。
ボクサーのジャブすら難なく回避する香澄が、立会い直後に乳房を掴まれるとは思いもしなかったのだろう。
香澄自身も掴まれた左胸を見下ろし、唖然とした表情を浮かべている。
「ふふっ」
アベリィが塀に寄りかかってほくそ笑んだ。
矢黒という男は、格闘技の経験が一切ない。路上の喧嘩のみで勘を養った、正真正銘の素人だ。
そして素人の動きは、時として玄人の裏を掻く。
今もそうだ。『漫然と乳房に手を伸ばす』という無謀な動きが、かえって香澄の虚を衝いたのだろう。
こと神代香澄に対しては、なまじ格闘技が染み付いた人間よりも、全くの素人の方が勝つ可能性が高い。
アベリィは、自分のその読みにいよいよ強い確信を抱いていた。

「チッ、さすがにナマ乳じゃねーか。とはいえ、なかなかの揉み心地だな。
 変な呼吸法を使うらしいが、スーハーしてっと乳まで膨らむのか?」
パッドごとスポーツウェアを揉みしだき、矢黒が笑う。
ギャラリーの中から生唾を呑む音がしはじめた。まさに男の夢を実現している矢黒を羨んでの事か。
しかし、香澄とてされるがままの女ではない。
「………………っ!!」
最初こそ唖然としていた香澄も、胸を揉みこまれるたび、表情に怒りを孕ませ始める。
そして、一瞬にして反撃に転じた。
胸を掴む矢黒の右肘に手を添え、後方に反動をつけてから勢いよく飛び上がる。
跳ね上がった長い両脚は、そのまま蛇のように矢黒の肩に絡みつく。
同時に全体重をかけて腕を引き込んだため、矢黒の巨躯は為すすべなく前転する。
鮮やかな飛びつき腕十字だ。
「うおおっ!?」
姿勢を崩された矢黒が、驚愕の声を上げた。そして直後、その声は腕関節を極められる苦悶の声に変わる。
「ぬ、うぐぐっ……!!」
彫りの深い顔を顰めて逃れようとする矢黒。しかし香澄のポジショニングは完璧であり、固めは微塵も緩まない。

「ウソ、もう決まっちゃうの? 格好よすぎなんだけど香澄さん!」
「だろうな。いくら筋肉あっても、素人が関節外すのは無理だろ。決まりだわこれ」
「まぁあいつも、負けて本望じゃね? スパッツ穿いた香澄の股に挟まれてギブとか、最高じゃん」
ギャラリーは口々に噂する。大半が香澄の瞬殺劇だと考えているらしい。
しかし。壁に寄りかかるアベリィは、口元の笑みを消していない。

「非を詫びて、降参して下さい!」
香澄は背を反らせて極めを強めつつ、よく通る声で叫ぶ。
「ぐぬっ、ぬぐぁ…………お、面白ェ…………!!」
矢黒はしばし両足を暴れさせていたが、やがてその動きをぴたりと止める。
ギャラリーには、それを降参と見る者もいたが、足裏を地面につけて力を溜めているのだと見る者もいた。
そして、正解は後者だ。
「うるぁ…………ああぁらァっっ!!!」
矢黒は獣のように吼え、極めで伸ばされた右肘を強引に曲げ始める。
「あっ!?」
驚愕したのは香澄だ。渾身の力で伸ばしていた肘関節が、重機を用いたかのような凄まじい力で戻されていく。
背中が地面から離れ、矢黒の腕にしがみ付いたまま宙に浮く形となる。
 ――まずい!
その直感が香澄を救った。
矢黒は持ち上げた香澄の身体を、腕の振り下ろしで地面に叩きつけようとする。
香澄はそれより一瞬早く技を解き、頭を庇う形で受身を取った。
もしも反応が遅れれば、後頭部からアスファルトに激突していたところだ。
「うわっ、危ね…………」
ギャラリーの声がした瞬間、香澄の頭上を影が覆う。矢黒の影だ。
右腕を地面に振り下ろした直後、体を反転させる勢いを利用して左拳を振りかぶったらしい。
岩のように巨大な拳が、香澄に迫る。狙う場所は、フック気味の左拳がもっとも自然に狙える場所……腹部だ。
それを察した瞬間、香澄は即断する。
まだ地面に叩きつけられた直後で、矢黒の丸太のような腕が胸の上にある。横に転がって避ける事は不可能。
ならば耐えるしかない。
「カッ……!!」
鋭く大量の息を吸い、肺に留める。身の内の筋肉や膜を極限まで収縮させ、石の一塊と化す。
「おおっ、白虎だ!」
間に合ったか、という響きの声がギャラリーから漏れた。
彼らは『白息』をよく知っている。体重にして倍近い巨漢の突進をも、苦もなく止める受けの奥義だと知っている。
だからこそ、その次の瞬間の出来事を、誰一人として瞬時に理解する事はできなかった。

「ぐふ……っ、……ご、ほ…………っ!!!」

香澄の唇から漏れる、苦しげな息。
瞳孔が開いている。顎が上がっている。
そして、爆心地……左拳を叩き込まれた場所は、岩のような拳の半ばまでが隠れるほどに陥没していた。
その衝撃を物語るかのように、伸びやかな両脚が宙を彷徨う。
股座に食い込んだスパッツもまた衆目に晒され、主の窮地を喧伝すると共に、否応なく男達の鼓動を早めた。
「っぐ、けふっ…………かほっ、あがはあっ…………!!」
香澄は苦しげに咳き込みながらも、跳ねるように数度横転して矢黒と距離を取る。
一方の矢黒は、叩き込んだ左拳をただ見つめていた。
「おお、硬ってぇ……」
そう呟き、視界の端で香澄が立ち上がるのを認めると、逞しい顎を歪めて笑みを作る。
「最高だ、立ちやがった。他の女どもは、一発殴っただけで血ヘド吐いて壊れちまうのによ!」
飢えた獣が威嚇するようなその笑いに、ギャラリーは言葉を失う。
その不穏な空気に影響されたかのように、晴れていた空までもが曇り始めた。
しかし、香澄の心が折れる事はない。
「今の言葉が事実なら、あなたは女性の敵です。…………その悪行、ここで止めます!」
凛と響き渡る声で一喝し、呼吸を整える。
両腕を開いて行う、空手の息吹に酷似した呼吸。『青息』だ。
「ほぉ、生意気なオンナだ。せっかくだが、説教は俺の鬱憤を呑みこんでからにしてくれや。出来るんなら、なァ!!」
矢黒も肩を回して戦いに応じた。
まさに柔と剛。対照的な2人が、互いの瞳を睨みながら間合いを詰めていく。
「――カァッ!!」
矢黒のワークブーツが強く地を蹴った瞬間、静寂は終わりを告げた。




「アイツ、マジで化け物かよ…………」
数分の後、ギャラリーの1人が漏らした言葉は、その他大勢のそれを代弁するものだった。
『青息』を使った香澄の反射神経の良さは、街中で広く知られる所だ。
曰く、ナイフや七首を持った不良6人に襲われても、かすり傷一つ負わなかった。
曰く、生で観たボクシングの世界ランカーと、反応速度がほぼ同じだった。
他にも、多重ドーピングだと揶揄されたり、ピストルの弾すら避けられるのではと本気で語られたり、
その異常性を物語るエピソードは枚挙に暇がない。
しかし矢黒の身体能力は、その『青息』の反応速度をも凌駕する。

「くっ!」
突き出された矢黒の右拳を捌ききれず、香澄の身体が泳いだ。
そこへ間髪入れず左フックが襲う。香澄は頭を下げてかわすが、その首筋を矢黒の右手で押さえ込まれてしまう。
直後、矢黒の左膝が腹部にめり込んだ。
「がはっ……!!」
香澄の瞳が見開かれ、口元から唾液が散る。爪先立ちになった脚が、膝の突き上げの強烈さを物語る。
さらに矢黒は、駄目押しとばかりに右のフックを叩き込んだ。
「ぐうう゛っ!!」
香澄は咄嗟に左腕で脇腹を庇うが、直撃した以上は身体が泳ぐ程度では済まない。
暴風に吹き飛ばされたかのように錐揉みし、地面に2度バウンドして転がる。
無論、自ら飛んで衝撃を殺した部分もあるが、間違っても優勢と言える状況にはない。
パワー、スピード、そして当て勘。矢黒はその全てが人間離れした域にあった。
「やだぁっ、頑張って香澄さん!!」
「そうよ、負けないで!」
香澄の取り巻き達が声を限りに叫ぶ。
香澄という後ろ盾を失えば、たちまち食い物にされる身なのだから必死にもなろう。
またそれを抜きにしても、純粋に香澄に憧れている女生徒もいるようだ。
彼女達は、自分達の強さの象徴である香澄を涙ながらに見守っている。正義が暴力に屈する事のないよう、祈っている。
そうした事情を背負っている以上、香澄に負けは許されない。
「はぁ、はぁっ……」
『青息』を使い続けた挙句にそれを破られ、並外れた肺活量を誇る香澄も、ついに呼吸を乱し始めていた。
しかし、その程度ならば持ち直せる。まだ手は尽きていない。
「すーっ、ふぅーーーっ」
香澄は迅速な深呼吸で肺の中をリセットする。そして次の瞬間から、また異なるリズムの呼吸を始めた。
「ほぉ。まだ何か隠し玉があるみてぇだな?」
矢黒は指を鳴らしながら香澄に歩み寄っていく。
彼は気付いただろうか。繰り返される香澄の呼吸が、彼自身の呼吸と全く同じタイミングである事に。
『玄息』……水に身を映すがごとく、呼吸を通じて相手と同化する、玄武の技。
対象は1人に限られるものの、風のように舞う『青息』以上に精密な回避行動が期待できる。
事実、香澄が『玄息』を使い始めてから、矢黒の攻めは明らかに精彩を欠き始めた。

「ぐおあ゛っ!!」
ビルの合間に野太い声が響く。
右フックを鮮やかにかわされ、巴投げの要領で背中から投げ飛ばされた矢黒のものだ。
矢黒は声ならぬ声で吼えながら跳ね起き、アッパー気味に拳を突き上げる。
「はっ!」
香澄は冷静にそれをかわし、逆にハイキックで矢黒の側頭部を舐めた。矢黒の巨躯が横ざまに倒れ込む。
「っと……フン、馬鹿が。スカりやがって」
片膝を立て、拳を地に突いて立ち上がろうとする矢黒。しかし、すぐに崩れ落ちる。矢黒の表情が変わった。
「脳を揺らしました。眩暈や吐き気もするはずです。これ以上は危険、と忠告しておきます」
矢黒を見下して香澄が告げる。
「…………へへ、う、嘘だろ。なんでだ、なんで立てねぇ。なんで、足がシャンとしねえ。
 この俺が、女の下で地べたを這うだと? ……………クソが…………………クッッソがァあああぁぁッ!!!」
矢黒は吼え、顔中を歪ませた。歯を食い縛り、太い青筋を浮き立たせ。
笑みにも見えるが、そうではない。脳の血管が破れそうなほど激昂した人間が見せる、憤怒の表情だ。
この表情が出た人間の馬力は恐ろしい。
いや……矢黒の場合、理性を飛ばした時の怖さは馬力だけではない。
男としての矜持を傷つけられた屈辱は、生まれついての天才に“執念”を植えつける。
眼前の獲物は生かしておかない。必ずや息の根を止める。そう決した瞬間、規格外の怪物は内なる進化を遂げていた。


ダウンから立ち上がった矢黒の変貌は、傍目にも明らかだった。
つい数分前まで矢黒の攻撃を華麗に捌いていた香澄が、再び後手に回り始めたからだ。
「っ!!」
鼻先を矢黒の拳に舐められ、香澄の表情が強張る。
絶えず『玄息』は用いているが、それで呼吸を合わせてもなお、矢黒の猛攻を凌ぎきれないのが現状だ。
呼吸のリズムから予想されるタイミングと、実際に攻撃の来るタイミングとがズレている。
闘争本能が肉体の望むリズムを振り切っている、という所か。
また、問題なのはタイミングだけではない。
「ッシャア!」
矢黒は香澄の突きをダッキングでかわし、その状態で右腕を振り回す。
上体を水平にまで下げたテレフォンパンチ、という風だ。
普段ならば当たる筈もない。しかしカウンターで出された今は、香澄とて避けきれない。
ならば防ぐしかないが、豪腕から繰り出されるパンチを防ぎきるには、両腕を使うしかなかった。
「ぐっ!!」
両腕をクロスさせて頭を庇い、膨大な衝撃を殺す。その代償として、香澄の脇腹は完全に空いてしまう。
怒りに狂う今の矢黒が、その隙を見逃す筈もない。
「貰った!」
矢黒は腰を捻り、渾身の力を込めて左のフックを叩き込む。
それは香澄の無防備な脇腹へ深々と抉りこまれ、スポーツウェアに歪な皺を刻んだ。
「ほぐうっ…………!?」
悲鳴が響く。豊かな肺活量を持つだけに、曇天へ吸い込まれるかのような悲鳴が。
香澄の身はフックの衝撃で軽々と吹き飛ばされ、アスファルト上でパウンドし、横ざまに数メートル転がった所でようやく止まる。
「…………ァ゛ッ、はっ…………」
桜色の唇から、苦悶の呻きが吐き出された。
右腕はぶるぶると痙攣しながら、患部である右脇腹を抱えている。左手は堪らないといった様子でアスファルトを掻く。
アスファルトに突っ伏し、尻だけを高く掲げる格好はそれ以上に無様だ。
広い輪を形成するギャラリー達は、誰もが目を見張っていた。
いかにも育ちの良さそうな香澄が取る無様な姿に、興奮とも、絶望ともつかぬ感情を覚えているのだろう。

「どうした、もっと楽しませてくれよ。オンナの敵である俺の悪行を、止めるんだろ?」
矢黒は指を鳴らしながら香澄との距離を縮める。
香澄は涎を滴らせながら立ち上がるが、矢黒の猛攻を捌く手立てはなかった。
風に揺れるような『青息』では、反応速度が追いつかない。
相手の呼吸に合わせる『玄息』でも、格闘素人ゆえの出鱈目な動きは読み切れない。
状況が変わらない限り、同じ事態が繰り返される。
「きゃああっ!!」
香澄の悲鳴が響き渡った。
強引なアッパーを避けようとして体勢を崩した所へ、一手早く腰を落とした矢黒からのボディブローを受けたらしい。
『白息』をする暇もない、正面からの直撃被弾。
香澄の身体は再び吹き飛ばされ、背後にあった廃ビルの扉を突き破る。
咄嗟に背を丸めて後ろ受身を取り、空中を蹴り上げて即座に立ち上がる辺りはさすがと言えよう。
「う゛っ!かはっ……けはっ……!!」
しかし、直立できたのも一瞬のこと。すぐに内股で壁に寄りかかり、腹部を押さえて咳き込みはじめる。
「へっ。第二ステージへ突入、ってか」
矢黒もまた老朽化した扉の片方を蹴り破り、廃ビルの中へと踏み込んだ。
「香澄さんっ!」
「やめとけ、危ねぇぞ!!」
香澄の取り巻きの女学生が後を追おうとするが、男達がそれを止める。
その判断は正しかった。化け物2人の戦いに、普通の人間が介入するべきではない。
彼らに許されるのはただ、朽ちたビルを囲み、漏れる音を手がかりに中の様子を想像することだけだ。





長い間換気がなされていないのか、廃ビルは空気が淀んでいた。そして妙に蒸す。
いや、あるいはその熱は、矢黒の肉体が発するものか。
矢黒はシャツを荒々しく脱ぎ去った。汗ばんだ胸板が空気に晒され、興奮が増していく。
下半身も硬く隆起していた。
あと何時間、いや何分か後には、香澄を屈服させられる事だろう。そうすれば、あの瑞々しい肉体を貪れるのだ。
そう考えれば、局部に血が巡って仕方がない。
「そこか」
矢黒は2階の廊下で足を止め、前方に立つ香澄を見やった。
数分前までは腹部を押さえて逃げ惑っていたようだが、いつの間にか呼吸が整っている。
しかし、その見目は変わり果てていた。
解けかけのポニーテールに、皺だらけのスポーツウェア、初めと比べてひどく裾の上がったスパッツ。
頬は切れ、両腕には痣が残り、ウェアに包まれた腹部は呼吸と共に蠢き、膝は細かに震えている。
「ひでぇ有り様だ」
矢黒は言った。無論、同情などではない。あえて言葉に表すことで、嗜虐の快感を高めているに過ぎない。

矢黒は元々、弱者を虐げるのが好きだ。
もっとも、目に映る全てが弱者なのだから、単に『人を殴るのが好き』と言い換えてもいい。
中でも女は最高だ。女の腹は、殴ればぐちゃりと潰れて小気味いい。いい匂いもするし、泣き顔がまたそそる。
唯一の不満が、女は皆、ボディブローの一発限りで潰れてしまう事だった。
しかし、香澄は違う。今まで会った中でも指折り数えられるほどに美しく、凛とした品がある女。しかも、潰れない。
今までに何発も直撃弾を見舞っているにも関わらず、なお静かな闘志を向けてくる。
「あなたのように、理不尽な暴力を振るう人には負けません!」
香澄は矢黒を睨み据え、やや幼い声を響かせる。その声すら、今の矢黒には愛おしかった。
健気だ。健気な人間は誰でも愛でたいものだ。普通の人間なら撫でるだろうし、矢黒のような人種は…………殴る。
キュッという音を立てて、ワークブーツが床タイルを蹴った。
目的は、香澄の“中心”に拳を叩き込むことだ。ただその為に、戦闘の勘を研ぎ澄ます。
「シッ!」
近づく矢黒に対し、香澄がローキックを放った。
恐ろしく鋭い呼気で放たれるそれは、当たれば電気ケーブルを押し当てられたような痺れが走るだろう。
ただし、防ぐのは簡単だ。矢黒は突進の勢いを利用し、香澄に喉輪責めを掛ける。
矢黒と香澄とでは実に20cm以上の体格差がある上、肩幅に恵まれた矢黒はリーチも長い。
その条件下で前屈み気味に喉輪を極めれば、香澄のあらゆる打撃はむなしく空を切る。
「がはっ!」
香澄は顔を引き攣らせていた。喉輪の苦しみか、それとも状況の悪さを察してか。
「なーるほど、最初っからこうすりゃあ良かったんだな」
一方の矢黒は余裕たっぷりに舌なめずりをし、喉輪をかけていない方……利き腕の右を引き絞る。
「ああ、うあ゛っ…………!!」
いよいよ焦りを見せた香澄が脚をばたつかせるが、それも艶かしい股関節がスパッツ越しに強調される効果しかない。
「…………いくぜぇ………………!!」
矢黒は声を震わせながら宣言する。セックスで膣内射精を宣言する時と同じ調子で。
引き絞りに引き絞った右腕を解き放ち、同時に喉輪を極めた左手を引いて、正面から衝突させる。
拳が空気と擦れ合う感覚の後、膨大な肉の壁にぶち当たった。
香澄も『白息』とやらを不完全ながらに行い、必死に力をこめているのだろう。そもそもの腹筋もよく鍛え込まれてはいる。
しかし、そんな壁では止められない。
拳先は易々と香澄の肉壁を突き破った。力を込めた腹筋はウインナーと同じ。一度表皮を破ってしまえば、後は柔らかいものだ。
ぐじゅりっ、と一気に深くまで埋没する。
どくんどくんと脈打つ臓器が手首を押し返そうとしてくるが、拳を捻りこめば簡単に更なる奥まで入り込んでしまう。
「げぇあっほごおお゛ぉえ゛っっ!!!」
抉る感触も会心ならば、漏れる悲鳴も会心の出来だ。
育ちの良さそうな顔からは想像もできない、ヒキガエル以下の濁った声が響き渡る。
「っらぁっ!!」
気合一閃、拳を振りぬけば、香澄の細い身体は為すすべなく壁へと叩きつけられる。
「げほっ、げほっげはっ、ぁはっ!…………ん゛っ、ごぶっ…………!!」
壁沿いにずるずると崩れ落ちながら、香澄は数度激しく咳き込み、口元に手を当てた。
そこでまた咳き込むと、指の合間からどろりと茶褐色の液体が漏れる。
眉根は寄せられ、瞳はきつく閉じられ、目の端には涙が光り。
その姿は、矢黒の歪んだ性癖をひどく満たす。精神的な射精というものがあるとするならば、彼はまずここで達していた。


今まさに嘔吐したばかりの香澄は、俊敏には動けない。
壁際にへたり込んだ所を矢黒の蹴りが襲えば、よろめくように横に避けるしかない。
当然、その動きは矢黒に読まれる。後ろからポニーテールを鷲掴みにされ、そのまま仰向けに引き倒されてしまう。
さらに腹部へ膝を乗せられれば、もう逃れる事はできない。
「う゛ああああーっ!!」
香澄は悲鳴を上げた。
散々痛めつけられた腹部へ、150kgを超える体重が、全てではないにせよ掛かっているのだから当然だ。
「ハハハッ、どうだ。小技使いのテメェでも、こうなりゃ呼吸もクソもねぇだろうが!」
膝頭でグリグリと腹部を虐め抜きながら、矢黒は笑う。
膝を押し込むたび、香澄の美貌が苦痛に歪む。スパッツに包まれた太腿が暴れる。
一度絶頂を迎えた嗜虐心が、また緩々と扱きたてられていくようだ。
「がはっ、かはぁ…………っ!!」
矢黒の言う通り、丹田を潰されては如何な香澄でも呼吸どころではない。
膝で下腹部を抉られるたび、口の端から涎を零して苦悶するしかない。一見、絶体絶命に見える。
しかし、それでも彼女の瞳は、細く開いて矢黒を観察していた。
溢れる涙を瞬きで払い、入念に観察を続けた。
彼女は一瞬を待っている。どんな人間であれ、常に力を篭め続けることは不可能。
力を篭めるためには、どこかで必ず息継ぎをしなければならない。

「すーっ…………」
今、その一瞬が訪れた。膝の力が緩み、矢黒が大きく息を吸う。
「コヒュゥ――ッ」
その瞬間、香澄も息を吸い込んだ。常人には真似できないほど、深く、素早く。
そしてその膨大な空気を肺に留め、一時的とはいえ爆発的な力で背を反らせる。朱雀の力、『朱息』だ。
「な、なにっ!?」
矢黒は完全に意表を突かれた。盛り上がった香澄の腹に押し上げられ、股を開いて体勢を崩す。
空中での大股開き。それはすなわち、男が最大の急所を晒した状態だ。
そこへ、香澄の蹴りが襲った。
一切の容赦なく利き足の甲で蹴り、さらにインパクトの瞬間、内側へ抉り込む。最も効くローキックの蹴り方だ。
「がっ、あ…………ぐぎぉああああがぁあおオオ゛オ゛オ゛っっ!!!」
咆哮が響き渡った。いかに屈強な男といえど、金的を渾身の力で蹴り込まれては堪らない。
「はぁーっ、はぁーっ、はっ…………!!」
矢黒が股間を押さえて苦悶している隙に、香澄は彼の下から腰を引くようにして脱する。

しかし、ここで誤算があった。
矢黒が極度の興奮状態にあった事だ。その興奮状態は、彼に睾丸の痛みをも超えるほどの怒りを湧き上がらせた。
「クォォ……オ゛…………!!」
矢黒は、閉じた瞳を無理矢理に開き、立ち上がろうとする香澄を視界の端に捉える。
そして、見つけた、とばかりの笑みを浮かべた。
「んだらっすぞオラアアァァァッ!!!」
言葉の体を成さない叫びと共に、怒り任せの拳を振るう。
闇雲に放ったそれが、よりにもよって香澄の顔面を捉えるなど、一体どれほどの確立だろう。
だが、結果として不運は起きた。
「ぐぶあっ!!?」
香澄は避ける暇もなく顔面に被弾し、壁に備えられた火災報知機へと後頭部を叩きつけられる。
廃ビルにも関わらず、ジリリリリとけたたましい警報が鳴り響いた。
「うわ、何だっ!?」
「か、火災報知機だ。中はどうなってんだよ、一体……!」
ビルを囲むギャラリー達は、一際耳障りな警報を耳にし、ただ顔を見合わせるばかりだった。


「うぶっ……うぶぁっ…………あぐ、ぅっ」
崩れ落ちた香澄の右目は閉じ、左の鼻から鼻血が噴出している。
呼吸は完全に乱れていた。
大の男に馬乗りになって甚振られ、渾身の力を振り絞って脱した直後に、顔面へ直撃を喰らったのだ。
ショックと恐怖を考えれば、正常な呼吸が出来ている筈もない。
とはいえ、香澄は冷静だ。腰を抜かしつつも距離を開け、呼吸を整えようと図った。
しかし、矢黒がそれを許さない。瞬時に追いつき、横臥した香澄の腹部を痛烈なフックで抉る。
「ぐはっ…………!!」
香澄の目が見開き、口から空気が抜けていく。
「さっきのでよーく解ったぜ、テメェの呼吸は厄介だ。なら、その力の源を止めてやるよ!!」
矢黒は叫び、もがく香澄の腹部をいよいよ集中的に狙い始めた。
香澄も抵抗はするものの、双方共に息が切れた状況下では、単純な筋力が物をいう。
「げはあ゛っ!!」
またしても腹部を抉られ、吹き飛ばされる香澄。
今のままでは勝ち目がない。そう判断し、彼女は受身からの立ち上がり様に逃走を図る。
「逃がすか!」
矢黒はすぐに追いかけるが、当然香澄とてそれを予測している。

香澄は、矢黒との間に充分な距離を稼いでから振り返り、素早く呼吸を行った。
肩幅に開いた両手を、親指を上にした状態で垂直に降ろしつつ、膨大な酸素を取り込む呼吸法。
「コヒュゥ――ッ…………」
独特の呼吸音は、矢黒にも覚えがあった。先ほど、矢黒の押さえ込みを一瞬にして跳ね除けた時のものだ。
さらには香澄自身、総身の毛が逆立つかのような気迫を発し始めている。
流石の矢黒とて、これには追う足を止めた。
「ふっ!!」
直後、気合と共に香澄の身体が凄まじい速度で回り始める。
腰を切り、足を振り上げ、腕を回して、その勢いでまた腰を切る。そうした繰り返しで加速度を増しながら、一息の間に矢黒に詰め寄った。
「うおっ……!!」
矢黒が声を上げた時にはもう遅い。香澄は跳躍しつつ腰を引き上げ、目にも止まらぬ速度で矢黒の鳩尾を蹴った。
「ぐぅえ゛っ!」
思わず噎せかえる矢黒だが、香澄の猛攻は止まらない。
鳩尾に埋まった右足を軸に、振り上げた左脚で首元を蹴り付ける。さらにその反動を利用し、矢黒の髪を掴んだまま、顔面へ右膝を叩き込む。
「ぐぶあああっ!!」
これには矢黒も堪らず、後ろ向けに倒れ込んだ。
明らかに人間離れした動きだ。身体中の筋と膜を格闘用に特化させ、短時間だけ意図的にリミットを外す、これが『朱息』。
この奥義を使った以上、香澄もただではすまない。
「あうっ!」
為すすべなく腰から落下し、呻きを上げた。とはいえ、鳩尾、脊髄、顔面への3連撃を喰らった矢黒よりは回復が早い。
ぜぇぜぇと息を切らしながら立ち上がり、階下に逃れる。
矢黒は、壁に寄りかかりながらそれを眺めていた。
鉄臭い鼻に手を当てると、ぬるりとした感触がある。手の平を見やれば、真っ赤に染まっている。
「…………最高だぜ。大層なジャジャ馬じゃねぇか」
矢黒は鼻の下を拭いながら、愉しげな笑みを浮かべた。
そして、立ち上がる。
階段の一段一段を降り、1階へ。そこには苦しげにへたり込んだ香澄の姿がある。
「なっ…………!!」
香澄は、矢黒を振り返って驚愕の笑みを浮かべた。まだ追いつくはずがないのに、という風だ。
しかし、香澄が化け物なら、矢黒もまた化け物。
スタミナもタフネスも回復力も、一般的な人間の範疇から逸脱している。
矢黒が並みの人間なら、死力を振り絞った先の猛攻で充分な時間を稼げただろう。
矢黒が並みの人間なら、逃げ惑う香澄はポニーテールを掴んで殴り飛ばされ、ガラスに叩きつけられる事もなかっただろう。



廃ビルの1階には、かつて何らかのテナントが入っていたようだ。
至る所に天井から床までのガラスが張られ、通りから中の様子が覗けるようになっている。
とはいえ劣化は著しく、土煙で曇りガラス状になっているものや、激しくひび割れている箇所も多い。
矢黒はその一つに香澄を追い詰めていた。
背中をガラスに付けさせ、細い両手首を纏めて右手で掴み上げた、圧倒的優位な状況だ。
「くっ…………!!」
口惜しげに睨む香澄に、矢黒は挨拶代わりの一発を見舞う。狙いは当然、腹部だ。
「ふも゛ぐぅっ!!」
目を見開き、口元から唾液を飛ばす香澄。矢黒はその反応を楽しみつつ、ゆっくりと香澄のスポーツウェアを捲り上げる。
香澄の腹部は、痛々しいまでに赤く腫れ、陥没している。
普通に呼吸するだけでも激痛で悶えるであろうその有様で、よくもあの猛攻を仕掛けたものだ。矢黒は感嘆する。
しかし、そうして香澄を見直すほど、彼の嗜虐心は燃え上がってしまう。
「どうだ、苦しいか? 救いが欲しいのか?」
赤く腫れた腹部を撫で、矢黒は訊ねた。彼の望む答えは一つだ。ここで“許して”などと哀願されては興が削がれる。
おそらくその瞬間、矢黒は無表情に相手を殺すだろう。
しかし、香澄には…………彼の興味を一身に惹きつける香澄に限っては有り得ない。
哀願どころか、呼吸を深め、汗まみれの顔で睨みあげる。
「いい顔だ。その顔で何発耐えられるか試してやろう」
矢黒は、香澄の腹の上で拳を握り、小さく引いて突き込んだ。
「ぐっ!!」
香澄が苦悶の表情を浮かべる。だが、まだまだ前菜だ。
一旦引き抜かれた矢黒の拳が、より大きく引かれ、腰を切って打ち込まれた。
拳が固められた腹筋を突き破る。後方のガラスから、ビシ、と音が響く。
「ぐぁあ……っかは…………!!」
ストロークを増した分だけ、香澄の反応も大きい。口が開かれ、空気が漏れる。
豊かな乳房が肉感的に暴れまわる。
「もっとだ。もっと苦しめ」
矢黒は対照的に笑みを深めながら、さらに容赦なく拳を抉り込んだ。
徐々に強めていくつもりが、やや力加減を誤り、本気に近い一撃になってしまう。
拳は半ば以上が腹部にめり込んだ。
「ぐぅうおえ゛っ……がは、ぁ、か……っぐ!!」
拳が臓腑を押し上げる事で、肺が圧迫されたのだろう。呻き声はひどく窮屈そうだ。
鳩尾近くまで跳ね上がった右膝が、苦痛をよく物語る。
1本筋の走った大腿部の引き締まりは、アスリート少女特有のものだ。
さらによく観察すれば、やや内股に閉じたスパッツの隙間から、透明な筋が流れ落ちていくのも見えた。
「ははっ、何だ。漏らしちまったのか?」
矢黒は嘲った。香澄の見せる羞恥の表情が、いよいよ矢黒の興奮を底上げする。
そこからは、ひたすらの連打だ。香澄の手首を頭上で掴み上げたまま、幾度も幾度も、腰の入った拳を叩き込んでいく。
「がへぁっ、ごびゅっ……!ぐぶっ、げごぁっ、カはっ……むごぅあ゛、ォう゛ウ゛っぐ!!!」
苦悶の声が響き渡った。
ファーストコンタクトで矢黒に鉄を感じさせた腹筋は、もはや跡形もない。
ガラスに力の逃げ場を塞がれ、腹部を断続的に潰されながら、いよいよ少女の生の反応が出始めていた。
緩い腹肉へ手首まで拳を埋没させるたび、肘付近に涎や唾液、吐瀉物に汗などが雨あられと降り注ぐ。
矢黒に掴まれた手首が無駄な抵抗を繰り返し、スパッツを穿いた腿が跳ね上がる。
打点を左に寄せれば左腿が、右に寄せれば右腿が。まるでそうプラグラムされたゲームのようだ。
足裏が地面に着いている時でも、モデル級に長い両脚はガクガクと激しい痙攣を続けていた。
尋常ではない。女にとって最大の山場といえる出産の瞬間でさえ、香澄をここまで苦しめる事はないだろう。

香澄の窮地は、ビルの外から見守る人間にも余さず伝わっていた。
ポニーテールがついに解け、汗を吸ったスポーツウェアがガラスへ楕円形に張り付いている。
そこへ矢黒の豪腕が襲うと、香澄の背中全体がべたりとガラスに押し付けられる。
元々細く走っていたガラスの亀裂が伸び、枝分かれし、事故を起こした車のフロントガラスのようになっていく。
そしてその都度、聞くに堪えない香澄の呻きが上がった。
『げぼっ、ごぇっ! んも゛ぇっ、ぐぶ、がふ……っ! ぐむっん、げおぉ゛え゛っっ!!』
元は、大人びた見目とギャップがあるほど幼く澄んだ香澄の声。それが、反吐を吐くように濁りきっている。
ぐぇっ、おえっ、という声が聴こえるたび、女学生達は泣き腫らした目を惑わせる。
興味本位で集った野次馬達すら、助けに行くかどうかを談義しはじめるほどの異常事態だ。
しかし結果として言えば、助けに行く必要はなかった。
劣化したガラスの亀裂が広がりに広がった末、とうとう派手に割れたからだ。
心臓を刺すような破砕音と共に飛び出した香澄は、そのままアスファルトへと倒れこんだ。


「がはっ、アは……っげほ、えぼっ……ぐひゅっ…………!!」
香澄は仰向けのまま、喉からの吐瀉物を吐き溢す。
あの類稀な美貌が見る影もない。
美しかった髪は薄汚れて乱れに乱れ、顔は酸欠で青ざめている。スパッツは一部が変色し、つんとした臭いを漂わせている。
手足には数える気をなくすほどの打ち身跡や裂傷があり、見るも痛々しい。
そして、やはり最も変貌著しいのが、スポーツウェアから覗く腹筋だ。
健康的などとは程遠い。さながらネズミに齧られ続け、大部分が赤く変色したチーズ、といった所か。
それは矢黒という化け物が、彼女の丹田から出る力をどれほど危険視したかの表れでもあった。

「カスミさん、カスミさんっ! しっかりして!!」
「ひどい……こんなの、酷すぎる!」
女学生達が香澄に駆け寄り、涙ながらに訴える。
「フーッ、フーッ、クフーーッ…………」
香澄はひとしきり吐瀉物を出し終えた後、風変わりな呼吸を始めた。
息に精通する彼女のことだ、特殊な気道確保の法なのだろう。
確かに、矢黒が追ってこない今はチャンスだ。圧倒的劣勢ではあるものの、ここで呼吸を整えれば多少は持ち直せる。
“不運さえなければ”、まだ香澄にも勝ちの目は残っている。
しかし、それも所詮は空しい願いだ。今日の彼女にはツキがない。
無作為に放たれた矢黒の一撃を、まともに顔で受けてしまったように。
立会いの時点では晴天だった空が、香澄の戦況悪化につれて曇っていったように。

「きゃああああっ!!」
突如、廃ビルの中から悲鳴が上がる。
香澄達が見上げると、ビル2階の窓際で、1人の少女が矢黒の人質になっていた。
「ミユキ!?」
女学生達が少女の名を呼ぶ。香澄もその美由紀という取り巻きの少女は知っている。
普段は臆病なものの、ここぞという時には妙に思い切りのいい娘だ。
矢黒は美由紀の首に鉄パイプを押し付けて人質にしているが、おそらくそれは彼女自身が持ち込んだものだろう。
ビル2階……おそらく火災警報器が原因だ。
警報を聞いて黙っていられず、香澄を心配するあまり、鉄パイプ片手にビルへと忍び込んだものと考えられる。
もしも香澄が窮地に陥っていれば、物陰から矢黒を殴ろうとでも思ったか。
「オラ、早く戻ってこいよ! じゃねぇと、こいつがガキ産めねぇ身体になっちまうぜ!?」
矢黒は香澄を見下ろしながら叫び、美由紀を一旦開放した。
しかしよろけるように歩みだした美由紀の横で、矢黒がフックのモーションに入る。
「危ない、美由紀ちゃんっ!!」
香澄が叫んだ直後、美由紀の姿は窓辺から消えた。
「がぁ゛ああ゛ーーーっ!!」
直後、痛々しい声が響き渡る。大人しい少女が発するものとは思えぬ、断末魔じみた声だ。
女学生達も、ギャラリーも、眼前の悲劇にただ立ち尽くすしかない。
ただの女学生が、異形の怪物に襲われた。無事では済むまい。すぐにでも助け出したいが、では誰が、どうやって?
その絶望的な考えが場を支配した、その時だ。

ギリッ――。

歯軋りの音が、重い静寂を切り裂いた。音の主は香澄だ。
「コフーっ…………ふーーーっ…………」
彼女は満身創痍の身を地面から引き剥がし、廃ビルの入り口へと歩みだす。
「お、おい、何やってんだ、やめとけよ! アンタだってもう、まともな状態じゃねぇんだぞ!?」
「そ、そうよ! ミユキは確かに心配だけど、今行ったら、カスミさんまで殺されちゃうよ!」
何人かが止めに入る。しかし、香澄は静かに首を振った。
「ありがとうございます。でも私は、誰一人として見捨てたくないんです」
覚悟を決めたその表情に、誰もが言葉を失う。
彼らは勇気ある犠牲者のために道を開け、ただ祈りを込めて凛とした後姿を見守るばかりだった。





「お願い、もぉ゛やめでぇ゛っ!!」
2階フロアに上がった途端、悲痛な叫びが聴こえてくる。
フロアの中央……吹き抜けになった場所に、腹部を抱えて倒れ伏す美由紀がいた。
矢黒はその身体を無理矢理に引き起こし、ボディーブローを叩き込む。
「うげぇえ゛お゛っっ!!」
格闘の経験など皆無であろう少女は、その華奢な身体を海老のように丸めた。
細めた瞳からは涙が零れ、開いた口から吐瀉物があふれ出す。

「やめなさい! あなたの相手は、私ですっ!!」
フロア中に響く香澄の怒声に、矢黒の笑みが深まった。
「当然、そのつもりだ。こんな素人のガキじゃあ歯ごたえがねぇ。やっぱテメェの腹じゃねぇとな」
矢黒は無造作に美由紀の体を投げ捨てる。
反応もせずどちゃりとタイルに落ちる美由紀は、精巧な肉のマネキンのようだ。
そして、今まさに人一人を肉に変えた巨岩のような拳が、その矛先を香澄に向ける。
香澄の頬に汗が伝った。
ビル外で多少のインターバルが取れたとはいえ、香澄は本調子には程遠い。
並外れた力で腹部を殴られ続け、肺も臓器も損傷している。アバラも数本逝っているだろう。
呼吸として最も自然にできるはずの『青息』ですら、苦しさのあまり吐き気がこみ上げる。
勝ち目が、ない。

「フン、すっかりブルっちまったか。だが、もう手遅れだぜ。
 テメェはいい女だが、ちっとばかしおイタが過ぎた。この俺に、人前で膝をつかせちまった。
 後々はダッチワイフとして贔屓にしてやるにしてもだ。その前に今日この場で、躾を済ませとかねぇとな」
岩山のような肩が、ゴグッ、ゴグッ、と鳴らされる。
鉄骨を思わせる10の指が握り締められ、パキパキと音を立てる。
腰が左右に捻られ、ヒグマのように分厚い上体が空を圧する。
無造作に暴れるだけで人を殺傷しうる異形の肉体。それが、その本領を発揮するべく解されていく。
これからその絶大な暴力を向けられる香澄の心中は、穏やかであろう筈もない。
「………………ッ」
気丈に濁りのない瞳を見開いてはいるが、引き結ばれた唇の中心はヒクヒクと痙攣している。
そして矢黒は、まさにその反応に沸き立つ。
「さぁて、仕置きの時間だ。その生意気な腹、ベコベコにしてやらぁッ!!」
ワークブーツが床を蹴り、巨体が猛然と駆け出した。
「シッ!」
気合と共に香澄の突きが放たれる。しかし矢黒の反射神経は、それを悠々と回避させた。
その返礼として浴びせられるのは、巨岩のごとき剛拳だ。
下から突き上げるようなそれが、深々と香澄の身を抉り、爪先を宙に浮かせる。
「げお゛はっ!!」
身体をくの字に折ったまま、香澄は床に倒れ伏した。
身を起こそうとする動きの中で吐瀉物がこみ上げ、口から零れていく。
と、その頭上をブーツの影が覆った。
香澄は咄嗟に横転して踏み付けをかわすが、それも矢黒の術中だ。
体勢不十分で立ち上がった香澄の喉を、矢黒の巨大な手の平が押さえ込む。喉輪だ。
「むぐっ、はぁ、う゛っ!!」
無理矢理に天を仰がされながら、香澄の身は震えていた。
嫌というほど、骨の髄にまで染みこんだ痛みがフラッシュバックする。
そして、その悪夢はすぐに現実となった。ズン、と腹部へ沈み込む鉄塊として。
「ぐぅううおっお゛ぉえ゛あお゛あああ゛…………っっっ!!!」
香澄の長身はくの字に折れ、彼女自身の肩より高く突き上げられた。
垂れ下がった胸の果実が揺れる。美しい手の指が、宙に救いを求めるように蠢く。
「っらぁあっ!!!」
突き上げる右拳が引き抜かれた瞬間、入れ替わるように左拳が叩き込まれた。
「げぶぐぅうお゛っ…………!!」
頬を膨らませながら、香澄は呻く。それ以外に行動の余地はない。
カハッと口が開き、唾液と胃液、そして僅かに赤いものが空中に散る。
そして香澄の肉体は、硬質なタイルの上を転げまわった。

「ぐふっ、がふぇあ゛っ! う゛、んう゛、ふむ゛んぐくくっう゛っ…………!!」
腹部を両腕で押さえ込み、額を床に着けて呻く香澄。その声色は泣き声と酷似していた。
「今のは中々良かったぜ、イイ感触が拳に染みてきやがった」
矢黒がゆっくりと香澄に歩みより、苦しみの渦中にある下腹部を蹴り上げる。
「ぎゃうっ!!」
「おう、これもいい声だ。お前の悲鳴は股間に響く……特に、腹ァ痛めつけた時のはな!!」
ただ香澄だけを視界に捉えて笑い続ける矢黒。その一途さは、さながら玩具遊びに興じる子供だ。
玩具役となる香澄にとっては、地獄でしかないだろうが。



激しい格闘の音がフロアに響く。
靴底が床のタイルに擦れる音、荒い呼吸音、拳が空を切る音に、骨が肉を抉る音。
攻撃の応酬ではない。繰り広げられているのは、完全なワンサイドゲームだ。

「オラどうした、立てよクソ女。俺ァ、テメェのその生意気な腹を100発ブン殴るって決めてんだ。
 もし途中でヘバったりしたら、このひ弱そうなガキに肩代わりさせんぞ?」
矢黒は口汚い挑発と共に、美由紀の髪の毛を掴み上げた。
「ま……まだ、です…………!」
香澄は口内の血を吐き出し、痙攣する足を叱咤して身を起こす。
もはや彼女を支えるものは使命感だけだ。
しかし、それにも限界が来ていた。
酸欠で意識は朦朧とし、視界も定まらない。腹部の痛みは極限に達し、死が甘美に思えてしまう。
「ンだよ、フラフラしやがって。しゃあねぇ、もう一発、強烈な活入れてやるよ!!」
矢黒の声がし、身を灼くような殺気が発せられる。

 -―――ああ、駄目だ。あれを喰らったら、今度こそ死んでしまう。

香澄がそう思った瞬間、無意識に身体が動いていた。矢黒の突きを嫌がるように。
ピシッ、と肉を打つ音がした直後、矢黒の殺気が途切れる。
「んおっ!?」
不意を突かれて矢黒はよろめいた。そして首を傾げ、再び打撃の姿勢に入ろうとする。
しかしその予備動作を、また香澄の打撃が止める。矢黒はこれにより、溜めた動作エネルギーを霧散させてしまう。
「なっ……テメェ、さっきから何をしてやがる!」
矢黒が動揺も露わに怒鳴りつけた。
何をした、という物でもない。香澄はただ直感的に、矢黒の嫌な動きを防ごうとしたに過ぎない。
香澄が直感で突いた箇所に、後出しで矢黒が力を篭めようとし、勝手に自滅していく。
強いて言うなら、相手の行動を先読みする『先の先』の呼吸。
いや、更にその上、相手の動こうとする意思そのものを読み取る『先々の先』の呼吸だ。
これにより矢黒のあらゆる行動は、その動作が起ころうとする段階で潰されてしまう。

しばしそれを繰り返した所で、香澄はふと、自分が無意識の内に行っている呼吸に気がついた。
「ぜっ、ぜっ、は、はっ……はっ…………」
「ぜっ、ぜっ、は、はっ……はっ…………」
香澄がやや荒い呼吸をした直後、正面に立つ矢黒から、まったく同じ呼吸が発せられる。
矢黒が香澄の呼吸を真似ているのか。
いや違う。香澄が、矢黒の一手先の呼吸をしているのだ。だからこそ、矢黒が動作に移ろうとする予兆を見抜けるのだ。
なぜ急に、そのような技術が身についたのだろう。
『玄息』でも読めないほどランダムだった矢黒の動きが、勝ちに執着するあまり単調になってきたせいか。
それとも呼吸というものを追求し続けた成果が、この死の淵で結実したのか。
理由はどうあれ、今にも意識の途切れそうな香澄にとっては、これが最後の光明だ。


矢黒は、氷のように冷たい汗を掻いていた。
死に体だった筈の香澄が、どういう訳か矢黒の攻撃をことごとく封じ込めてくる。
肩を動かそうと思った時には、香澄の手が肩の付け根を押し込んでおり、ビクリと体が硬直してしまう。
肘を動かそうとしても、足を動かそうとしてもそうだ。
痛みがある訳でもなく、運動機能を損なった訳でもない。しかし、動けない。
「ぜハッ……ゼハッ…………」
香澄は、虚ろな瞳でこちらの目を覗き込みながら、苦しげな呼吸を繰り返している。
鬼気迫るその様は、燃え上がる矢黒の嗜虐心を鎮火していく。
眼前に立つのはもはや、彼が好んで屠る弱者ではない。この世ならぬ何かだ。
「な、何だっつぅんだよ、クソが…………」
矢黒は顔を引き攣らせ、踵を返して逃げようとする。
しかし、香澄はそれを許さない。足首を掬って巨体を転倒させ、背後から被さるように後三角絞めに入った。
2本の長い脚が首に絡みつき、強烈に締め上げる。
「ぎひぃいいいっ!?」
矢黒は恐怖からの悲鳴を上げた。瞬く間に気道が狭まり、脳への酸素供給が寸断される。
「あ゛、ががかっ…………!!」
苦しい、息が苦しい。
もがく矢黒の脳裏に、ふと酸欠で苦しむ香澄の様子が浮かんだ。
なるほど、これは報いか。散々腹部を殴り、肺を痛めつけてきた自分への罰というわけか。
藻掻けど足掻けど逃がれられず、矢黒はついに観念する。
しかし、それにしても苦しみが長い。
いっそもう絞め落としてくれ、という嘆願を込めて視線を横に向けると、ガラスに映る香澄の体は力なく後ろに垂れていた。
すでに意識を失っている。矢黒の首に脚を絡みつかせた所で限界が来たのだろう。
「ぬぅう、おッ!!」
矢黒が改めて渾身の力を篭めると、ようやくにして脚が引き剥がせた。
支えを失くした香澄の肉体が、どさりと床に倒れ伏す。
「ハァーッ、ハァーッ、ハァァァッ………………チッ」
矢黒は喘ぎながら香澄に一瞥をくれると、口惜しげに舌打ちし、背を向けて歩き出した。
1階への階段を降り、廃ビルの外へ。

矢黒の勝ちを確信していたらしく、ビルの入り口にはアベリィが満面の笑みで寄りかかっている。
「ハァイ、ダークヒーロー。お愉しみの割には早かったわね。
 ……って、あら? お土産の肉はどこ?」
周囲からの冷ややかな視線を意にも介さず、矢黒に問いかけるアベリィ。
矢黒はそれを黙殺し、怯える観衆の波を割って進む。
アベリィの表情が変わった。
「……ま、まさかアナタ、あの女にトドメを刺さなかったんじゃないでしょうね。
 何を考えてるの!? 今があの女を倒す、千載一遇のチャンスなのに!!
 ねぇ、答えて! アナタ、あの女をボコボコにして、犯したいって言ってたでしょう、なのに何でっ!!」
アベリィはヒステリックに喚き立てる。
矢黒が歩みを止めた。
「少し黙れ、ビッチ」
ゆっくりと振り返る形相は、正しく猛獣そのものだ。
「…………テメェなら殺せるぞ?」
唸るような一言を残し、異形の化け物は都会の雑踏へと消えていく。

放心状態のアベリィは、ペタリとその場に崩れ落ちた。



「香澄さん! 香澄さん、しっかり!!」
「美由紀、大丈夫!?」
女学生とギャラリーによって、ビル内から2人の女性が運び出される。
「う゛っ、ゴボッ…………な、なんとか大丈夫…………」
先に意識を取り戻したのは美由紀だ。無事とは言い難いが、意識ははっきりとしていた。
そして、それを救った“救世主”も。

「ん、うぅんんっ…………」
呻き声と共に、香澄が弱弱しく目を開く。そして歓声の沸く周囲を見渡し、数度瞬きを繰り返した。
「ここは……そっか。私、負けちゃったんですね」
香澄が苦笑すると、すぐに周りの人間が首を振る。
「いえ、香澄さんの勝ちですよ。アイツ、ビビリまくって逃げていきましたもん!」
「そうだ。アンタはまた一つ、この街の暴力を潰したんだよ!」
その言葉をきっかけとして、満身創痍の香澄に惜しみない拍手と声援が送られる。
まさに救世主を讃えるが如くだ。
「え、えっ!? あ、あの、ええっと…………ありがとうございます」
香澄は困惑しつつも笑みを見せた。麗しい見目とは裏腹に、童女のようなあどけなさで。


傷が癒えれば、香澄はまた暴虐との戦いに身を投じる事になるだろう。
そしていつまでも、弱きを助け、強きを挫き続ける筈だ。

その身に、息吹が続く限り。


                      終
続きを読む

苦痛のツケ

※腹責めモノ。苦痛系&嘔吐注意。


『不沈の無神経女』。
それが、女子ボクサー・細貝理緒奈のニックネームだ。
相手選手や観客に対し、配慮のない発言を繰り返す様……だけが由来ではない。
理緒奈が、『痛みを感じない人間』でもあるからだ。
彼女はボクサーとしてデビューして以来、ボディで倒れた経験がない。
そればかりか、苦悶の表情を浮かべた事さえない。
どれほどボディを打たれ続けようと、締まりのない笑みを浮かべたまま相手を蹂躙する。
いかにフライ級のパンチといえど、その様は異常極まるもので、過去には幾度も薬物使用の疑いがかけられた。
しかし、検査で異常は出ていない。
ゆえに理緒奈は“無痛覚症”なのか、と噂されている。

種明かししてしまえば、理緒奈は無痛覚症ではない。
世間が暗黙の内に疑っている通り、試合のたびにドーピングを施している。
仕掛け人は、理緒奈のセコンドである谷内。
スポーツ医学の権威でもある彼の開発した薬が、理緒奈に異常な耐久力を与えていた。
谷内の薬は、摂取した者の交感神経を刺激する。
結果としてアドレナリンの過剰分泌が起き、選手の痛覚を劇的に鈍らせる。
試合中のボクサーが一般的に分泌するアドレナリンの6倍もの量だ。
そうなれば、たとえ車に撥ねられようとも痛みを感じない。
品性と引き換えに、一切のダメージを無視できる体となる。

何人ものボクサーが、このペテンの餌食となってきた。
数知れぬ努力の結晶を踏みにじり、理緒奈は今宵、とうとうフライ級のベルトを獲りにかかる。
日本中の大多数が、王者による返り討ちを期待している事だろう。
『ストイック・ヴィーナス』弓木麗佳……。
アイドル級のルックスを有しながらも、比類なきストイックさで自らを鍛え続けてきた古強者。
その試合内容に博打性はない。どのような相手にも、ボディ打ちを基本とした堅実なボクシングをする。
それはまさしくボクサーとしてのあるべき姿であり、ボクシング界の最後の良心ともいえた。

「調子に乗んなよ、このマグロ女!」
「お前なんかが麗佳さんに敵うもんかよ! 選手としての厚みが違わぁ、厚みが!!」
「麗佳ー、そのガキにボクシングの怖さ教えてやれー!!」

途切れることのない怒号が、四方からリングに浴びせられる。
理緒奈はコーナーに背を預けたまま、トップロープ越しにグローブを突き出す。
親指を下にした、『地獄へ堕ちろ』の形で。
ブーイングがいよいよ苛烈さを増し、ドームに響き渡った。
実にふてぶてしい態度だ。半目の柄の悪い目つき、締まりの無い口元。
鎖骨までのダークブラウンの髪は、その性格を示すように緩くカーブを描き、先端のみ淡い朱に染まっている。
体型は至って普通。ただし、“ボクサーとしての普通”ではない。“一般人としての普通”だ。
腹筋はたるみこそ無いが、割れている様子も無い。
その辺りを歩いている女子校生のセーラー服を捲り上げたような、平々凡々な腹部だ。
とても、タイトルマッチに挑めるような肉体には見えない。

その点で言えば、麗佳などはまるで違う。
腹筋はしっかりと六つに割れ、側筋が実に美しい。
手足もアスリート特有のエッジの利いたもので、けれども女性らしさが損なわれていない。
顔立ちは完全にハーフのそれで、化粧栄えのするものだ。
癖のない黒髪は邪魔にならないよう後ろで括られており、実にスポーティーな印象を与える。
どこを取っても優等生という風で、全く嫌味が無い。
常に喧嘩を売り続けるような理緒奈とは、なるほど好対照といえた。

「タイトルマッチだからと言って、気負う必要はないよ。いつも通りにやりなさい」
谷内は理緒奈の額の汗をタオルで拭いながら、淡々と告げる。
理緒奈は、その忠告を聞いているのかいないのか、小馬鹿にするような表情で対面の麗佳を眺めている。
セコンドアウトが命じられ、リング中央に歩み出る間にも、その表情は変わらない。
「ここで負けて、身の程を知りな。小細工で取れるほど、ベルトってのは軽くないんだよ」
麗佳は静かに告げた。
記者からのインタビューには模範的な回答しかしてこなかった彼女だが、内心では思うところがあったらしい。
しかしその決意をぶつけられても、理緒奈の笑みは消えない。
「残念だけど、無理矢理もぎ取っちゃうから。勝てるわけないじゃん、今のあたしに」
妙にギラついた瞳は、完全に薬物中毒者のそれだった。



かくして、ボクシングの威信を賭けた一戦は始まった。
理緒奈は開始直後にビーカブースタイルを取る。
グローブを噛むような鉄壁の頭部ガード。頭は打てないぞ、さぁ腹を打て。そう誘っているかのようだ。
麗佳はボディ打ちの名手と名高く、本人にその自負もあろう。当然、狙いに行く。
「シッ!」
電光石火。相手の正面に踏み入った次の瞬間、右膝を深く沈めて斜め40度の角度でフックを抉り込む。
ドッ、という鈍い音が、観客席後方にも届いた。
リング上で幾度となく叩き込まれてきた、肝臓直撃の殺人ブロー。
それをもろに喰らった相手の反応は皆同じだ。顔を歪め、体をくの字に折って膝をつく。
しかし……理緒奈は違う。
「ふふっ」
両グローブの端から笑みを覗かせ、挑発するように麗佳の瞳を覗きこんでいる。
「くっ……!」
麗佳が表情を強張らせた。噂には聞いていても、実際にパンチが効かないとなると別物らしい。
特に彼女は、直に殴った事で気付いたはずだ。
理緒奈の腹筋が、事実として柔な事に。
脂肪に隠されたしなやかな筋肉……ではなく、素人の腹筋も同然ながら、ボディブローが効かない。
その異常性にはオカルトめいた怖さがあるだろう。
とはいえ、麗佳も歴戦の猛者だ。特殊な相手と戦うのは初めてではない。
一発で倒れないのなら、二発。二発で倒れないのなら、三発。三発で無理なら……百発でも。
相手が限界を迎えるまで殴り続ける覚悟が出来ている。

「フッ、シィッ!……シッ、フゥッッ!!」
麗佳はボディを打ち続けた。
鋭い息を吐きながら、あらゆる角度から、緩急を織り交ぜて。
後のビデオ映像によれば、丸2ラウンドの間、ほぼ2秒に一発という頻度で攻撃がなされていたそうだ。
当然、理緒奈の腹部には変化が表れた。
刻一刻と赤い痣が広がり、繋がりあい、特に良く打たれた部位は赤黒く染まっていった。
そのダメージは放送打ち切りが検討されるほどの凄惨さで、過度の損傷を理由にTKOが宣告されてもおかしくなかった。
そうならなかったのは、憎き理緒奈がさらに苦しむように、という目論見もあったのだろう。
しかしそれ以上に、理緒奈自身が僅かにも闘気を萎えさせていない事が大きい。
「フーッ……フーーッ…………」
理緒奈は、いよいよ病的にギラついた瞳で麗佳を観察していた。
獲物が弱ったところへ襲い掛からんとする獣のように。
「はっ……はぁっ、はぁっ、はぁっ………………!!」
いつしか息の荒さは、攻める麗佳の方が酷くなっていた。
2ラウンドの間打ち続けだった疲労もあるのだろうが、それ以上に精神的な消耗が激しいのだろう。
深呼吸の合間に見られる、左目尻の痙攣……それが麗佳の動揺を如実に表していた。

転機は、3ラウンド中盤に訪れた。
それまで何十と打ち込まれてきた麗佳のフックが、理緒奈の左グローブに弾き落とされたのだ。
疲労の蓄積で甘く入ってしまったのだろう。麗佳は容易に体勢を崩し、体を開いてしまう。
「っ!」
麗佳が顔色を変えた。
男をそそる絶望の表情。
勘の鋭い女性だ、その表情は、自らの置かれている危機的状況を正確に把握した結果だろう。
ドッ、と鈍い音が響き渡った。
疲労を全く感じさせない、憎らしいほどに綺麗なフォームのフック。
それが深々と麗佳の腹部に沈み込んでいた。
「っがァ…………!!」
麗佳の反応は生のものだ。
目を見開き、口を半開きにして苦悶を表す。
体はくの字に折れ、腕で腹部を庇いながら力なく後退する。
『お、おいおい……効かされたのか!?』
『いや、ありえねぇだろ。麗佳の鋼のストマックだぜ……』
観客席からざわめきが漏れた。
麗佳の耐久力は、同階級の中でもけっして低い方ではない。
しかし疲労が溜まった状態でのボディ打ち、それもほぼカウンターで喰らっては、平静ではいられないらしかった。
理緒奈は渾身の一打を打ち終えた後、静かに構え直す。
ビーカブーではなく、ほぼノーガードに近い構え。もはや守りを固める必要なしという意思表示だろう。
そもそも、力なく後退する相手に追撃しない時点で、舐めた態度と言わざるを得ない。

「へーぇ……フツーはボディ喰らったとき、そういう反応するんだ、チャンピオンでも。
 明日からはアタシがチャンピオンだから、参考までに覚えとくよ。
 って言っても、アタシにはそんなみっともないマネ、とても無理だけど」
理緒奈は挑発の言葉を投げかける。
誇り高き王者として期待を受ける麗佳は、その挑発を受け流せない。
「煩い!」
短く叫ぶと、足を使って一気に理緒奈との距離を詰めた。
無論、ただ近づくだけではない。ようやく覗いた相手の顎に向けて、踏み込みつつの右ストレートを放つ。
しかし、その動きは万全ではなかった。疲労と腹部のダメージが、1割ばかり彼女のスピードを奪っていた。
ほんの1割、されど致命的な1割。
理緒奈は上体を傾けて悠々とストレートをかわしつつ、斜め下から突き上げるように右拳を振り上げる。
ドッ、と先ほどより重い音がマイクに拾われた。被弾箇所は臍の真上だ。
「うう゛---っ!!」
絶望的な呻き声が上がる。アイドル顔負けとされる桜色の唇から、漏れだした声。
『うわぁあーーっ、麗佳ぁっ!!』
どこからか悲痛なファンの声が響き渡る。
その直後、二度目の悲劇が襲った。動きを止めた麗佳に対し、理緒奈が返す刀の左拳を抉り込んだのだ。
防御を捨てた代わりに、相手を痛めつける技術だけは面白半分に鍛え上げたのだろう。
二発目の理緒奈の左拳は、一発目と寸分違わぬ場所……麗佳の優美な臍の真上を抉り上げた。
不意を突かれて力を込め損ねたのか、それとも疲労で力が入らないのか。
6つに割れた健康的な腹部には、理緒奈のグローブが半ばほども沈み込んでしまっている。
『そんな…………!!』
観客の声が先に響き渡った事を考えると、実被害までには一瞬の猶予があったのだろう。
「おご、っが…………ァ………………!!!!」
麗佳はとうとう、顔一面に苦悶の余波を広げた。
目はこれ以上なく大きく開き。
口は女の拳がそのまま入ろうかというほどに開かれ、舌と下部の歯並びを綺麗に覗かせ。
たとえば四肢の一本を失うときでも、人間はもう少しまともな表情をしているのでは。
そう思わせるほどの壮絶な顔つきだった。

ダ、ダン、と耳障りな音がドームに響く。
それは麗佳の右膝、そして左膝が、わずかな時間差でマットに叩きつけられた音だ。
「ダ………………ダウン!!」
レフェリーが、苦虫を噛み潰したような表情で宣言する。
彼も、本心では麗佳の側だろう。ボクシングに真摯な麗佳が、不真面目な理緒奈に制裁を加える事を望んでいるのだろう。
しかし現実には……自らの言葉で、英雄の不利を告げているのだ。なんという皮肉だろう。
『ひぃいいっ、立ってくれぇ麗佳!!』
『う、ウソだろ! あんなに鍛えまくってるの、テレビでやってたじゃねぇか。効かねぇよなあ、なぁ麗佳っ!!』
狂乱が場に渦巻いていた。
その状況を、ニュートラルコーナーの理緒奈は満面の笑みで眺め回す。
「ひひひ、啼いてる啼いてる…………」
デビュー戦で期待のホープを血塗れにして以来、理緒奈には常にブーイングが付き纏ってきた。
そして、それを完勝で黙らせる事を、全ての試合でやり遂げてきた。
今回もそれは同じ。そして今日それが為された時、自分は全国一の強者という称号を得るのだ。
笑いが止まらないというものではないか。
「うう、ぅふぅううぅぐっ…………うふぅっ………………」
麗佳はカウント5が過ぎても、左手で腹部を押さえ、右手でマットを掴みながら這い蹲ったままでいた。
青コーナー最前列からなら、腕の間の表情が覗ける。
右目は閉じ、左目はやや上を向いており、口からは3本の濃密な涎の線がマットと繋がっていた。
目頭から鼻の横を通って流れ落ちる涙の線が、妙に女性らしさを感じさせた。
もう無理なのでは……表情を見た人間の何人かは、早くもそう感じたらしい。

しかし、麗佳はカウント8でマットを押しのけて跳ね起きる。
ボクサーとしての性か。たとえ内股気味であろうとも、確かなファイティングポーズを取る。
『おおおっ、あっさり立ったぞ!?』
『わざとカウント8まで休んでたって訳か。流石だぜ!!』
客席から歓喜の声が上がる。レフェリーもまた安堵の表情を浮かべた。
「ボックス!!」
その掛け声で、闘いが再開される。
肉体的損傷は、比べるまでもなく理緒奈の方が大きい。
しかし現実に表情を歪めているのは麗佳の方だ。
その不釣合いさが、理緒奈というボクサーの異常性を改めて観客に認識させる。
恐怖からか、その余裕すらなくなったのか、いつしか理緒奈へのブーイングは聴こえなくなっていた。
代わりに、希うような悲痛な麗佳への声援ばかりが搾り出されている。
「はぁっ!!」
麗佳はそれに応えようとする。応えることを義務付けられている。
しかし、その動きはいよいよ精彩を欠くものとなっていた。

理緒奈は余裕ある動きで麗佳の攻撃をかわしつつ、積極的に攻勢に出る。
最初の2発で麗佳の動きを止めた後は、小気味良いリズムで左右のフックを繰り出していく。
「ウっ、くぶっ、ン、う゛っ…………!!」
麗佳は左右の脇腹に叩き込まれるフックを受けてよろめき続けた。
そしてコーナーに追い込まれる寸前、尻餅をつきそうになるのをロープに手を掛けて防ぐ。
しかし、素直にダウンしていた方がまだ良かったのかもしれない。
眼前に迫る理緒奈に対し、麗佳はその痛んだ腹部を晒す格好になったのだから。
ギヂッ、とロープが痛々しく軋んだ。
中心から大きくしなったロープ。しならせているのは、腹部に痛烈なストレートを叩き込まれた麗佳だ。
打ち込みは今度も絶望的に深い。
「むぐぅっ………………!!」
右頬の奥を噛みしめ、凛とした表情で前方を睨み据える麗佳。
しかし一見力強いその視線は、どこか焦点がおかしい事に気付くだろう。
強靭なロープが元に戻り、麗佳の肉体を理緒奈の拳に押し付ける方向へと作用する。
そこに生まれるエネルギーを前に、麗佳の体内は耐え切れなかった。
「ぶふゅっ」
その小さな破裂音が麗佳の唇から漏れた。
続いて、しかと引き結ばれていた右唇から、一筋の液体が零れ落ちる。
白いそれは、初めは唾液かと思われた。しかしその一瞬後、誤魔化しようもないほど濃い黄線が上書きされる。
『きゃーっ、吐いてるっ!!』
『うっわマジかよ!?』
『オォイ、マスコミは映すのやめてやれよ、あんなトコよ!!』
場が一気にざわついた。
『ストイック・ヴィーナス』弓木麗佳の嘔吐。そんなものは、今まで有り得なかった。
スクープ性こそあるだろうが、けして公の場に晒されてはならないものだった。
なにしろ、アイドル顔負けのルックスを持つ日本チャンプだ。その広告塔の放送事故など、あってはならない。
数台のカメラが慌てて中継を切る中、麗佳はさらに幾筋かの吐瀉物を吐き出していく。

理緒奈は、それを冷静に観察していた。
そしてちらりとセコンドの合図に目をやった後、追撃として拳を放つ。
しかし、力はない。拳は、軽く麗佳の顎を叩く。失神さえしない程度の軽さで。
『え…………?』
麗佳と観客が、一様にその行動に疑問符をつける。
ヒントは理緒奈の表情にあった。麗佳を見下すような、嘲るような表情に。
そう、彼女は舐めているのだ。本来ならここで仕留められた、けれども慈悲で活かしておいてやる……そう言っている。
その真意に気付いた瞬間、誇り高い王者は激昂した。
「っあ゛あぁ゛ぁ゛っっ!!!」
荒々しい咆哮と共に理緒奈に殴りかからんとする。
しかしその動きは、あろう事かレフェリーによって遮られた。
「くッ!?」
なおも暴れる麗佳に、レフェリーは同じ言葉を繰り返す。
「…………まれ、止まれ! 弓木、ゴングだ、止まれ!!!」
その言葉を認識した瞬間、麗佳は唖然とした表情で動きを止めた。
試合中にゴングを聞き逃すなど、初めてのことだ。
理緒奈の嘲笑が響き渡った。
「あっはっはっ! 基本ルールぐらい守ってよね、チャンピオン。
 あとゲロ臭いから、ちゃんと口ゆすいで次始めてよ?」
タブーに躊躇なく踏み込みながら、『不沈の無神経女』理緒奈はコーナーに戻っていく。
場は完全に彼女に掌握されていた。
観客席から失意の溜め息が漏れたのは、けして気のせいではないだろう。


この試合における麗佳の戦いぶりを、蔑むファンはいないだろう。
チアノーゼの症状をありありと顔に浮かべながら、麗佳は果敢に前へと出続けた。
ポイント勝ちに逃げず、あくまで理緒奈の強みである腹筋を攻略して勝とうとする。
それはボクサーとしての、いや人間としての尊厳に満ちた姿だった。
しかしその勇敢さが、麗佳を刻一刻と崩壊へ導く。

6ラウンド中盤、状勢は決定付けられた。
それまで懸命に打ち合いに応じていた麗佳の拳が、むなしく空を切る。
入れ替わりに理緒奈の強烈な一撃が入った。
縦拳の形で接触し、内へと捻り込むように打つ、コークスクリューブロー。それが麗佳の下腹部に突き刺さる。
麗佳の身体がよろめいた。
ロープへ肩を預けるように倒れ、目を半開きにしたまま、グローブで腹部を押さえている。
明らかに様子がおかしい。
「弓木、大丈夫か? ……弓木?」
レフェリーが麗佳の顔を覗き込み、はっとした表情を見せる。
「ふう゛っ…………!」
麗佳は涙を零していた。
優美な顔をこれ以上ないほど歪め、止め処なく涙を零していた。
黒い瞳に宿るのは絶望。自らの身体ゆえに、現在の損傷の度合いもよく解るのだろう。
それでも、諦めない。
ほとんど立っているのがやっとの状態。両の脚を痙攣させながらもなお、麗佳はファイティングポーズを取る。
「やれるのか、弓木!?」
レフェリーは縋るような声で告げた。
本来であればストップも已む無しという状況にありながら、麗佳の勝利を諦めきれない様子だ。
「う……うぅ…………ぁぁ…………あ!!」
麗佳はその期待に応え、猛然と前へ突き進む。
しかしその道の先には、獰猛な肉食獣が大口を開けて待ち構えていた。

麗佳のファン達は、幾度同じ光景を目にしただろう。
麗佳の研ぎ澄まされた打撃が防がれ、逆に理緒奈の拳が優美な腹筋に叩き込まれる光景を。
スタンスを広く取り、十分に力を乗せてのボディ。
それは、麗佳の片足を僅かにマットから浮かせるほどの威力があった。
「う゛っ、ぐぅう゛うっっ!!!」
もはや麗佳に声を抑える余裕などない。
凄絶に顔を顰めながら倒れる麗佳は、その勢いで仰向けに寝転がる。
「はっ、はひっ……ひっ…………!!」
形のいい胸を病的なほど上下させる、痛々しい寝姿だ。
「ダウン!」
レフェリーが苦々しく宣言し、理緒奈へコーナーに戻るよう指示を出した。
しかし。
「ったく、しつっこいなぁ」
理緒奈は苛立ちも露わに告げ、麗佳の傍らに歩み寄る。
「何をしてる。早くコーナーに…………」
レフェリーがなおも告げた、直後。
「さっさと…………落ちろ!!」
理緒奈のグローブが振り上げられた。狙いは、無数の赤い陥没が残る王者の腹筋。
「ッ!? よせっ!!」
レフェリーの空しい叫びと同時に、拳は風を切る。
鈍い音が響き渡る。
そのとき、場の皆が目撃した。六つに割れた麗佳の腹筋へ、グローブが根元まで埋没する様を。

「…………ごっ……ッォぉおおお゛っ…………ッあ………………!!」
えづき声と共に、麗佳のすらりとした右脚が宙へ投げ出される。
焦点を定めず見開かれた瞳、舌を突き出した大口……深刻なダメージが表情から見て取れた。
「ッハァ!」
嬉々として2打目を狙う理緒奈。
それを、レフェリーが突き飛ばすようにして止める。
「もうやめろ! ダウン後の攻撃は反則だ!!」
ロープ際で指を突きつけて注意を与えるが、理緒奈の顔に反省の色は見られない。
レフェリーは思わず減点を宣告しようとする。

そのやり取りの最中、レフェリーの背後では、王者の最後の意地が燃えていた。
腹部を抱えて苦悶しながらも、麗佳は徐々に身体を起こす。
「負け………………る……か………………ッ!!!」
完全に2本足での直立を成した瞬間、麗佳は猛然と駆けた。
レフェリーを押しのけるようにして、全力で拳を突き上げる。
執念の拳は、見事に理緒奈のボディに突き刺さった。
「んっ」
理緒奈が小さく呻く。
さらに一撃、さらに一撃。理緒奈の身体は左右に揺れ、観客席から歓声が沸き起こる。
効いていない筈がない。死力を振り絞った麗佳の連打は、そう思わせるほどインパクトのあるものだ。
けれども理緒奈は、その連打の中で反撃を試みた。
鋭いフック。麗佳は素早く後ろへ下がってそれをかわし、しかしそこで呼吸の限界を迎えてしまう。
「ハッ……はっ、はっ…………ハァッ、はぁあっ…………!!」
顔中に汗を浮かべ、苦しげな呼吸を繰り返す麗佳。
理緒奈は口元に笑みを浮かべ、悠然と歩を進めて彼女に止めを刺そうとする。
しかし、ここで初めて理緒奈に異変が起きた。
歩みだした足がもつれ、そのまま膝から崩れ落ちたのだ。
「ダ……ダウン!」
レフェリーが信じがたいという様子で叫ぶ。客席からの歓声はいよいよ会場を揺るがす程のものとなる。
それもそのはず。これが理緒奈のキャリアにおいて、初のダウンなのだから。
やはり麗佳はこれまでの相手とは違う。ならばこのまま、逆転もありえるのでは。
理緒奈がキャンバスに膝をつく光景は、観客にそうした希望を持たせるに十分なものだった。
けれども……現実は残酷だ。
大多数の人間がどれほど切実に願おうと、結果を決めるのは事実の積み重なりでしかない。
勝利を期待される麗佳に、もはや追撃の余力はなく。
敗北を期待される理緒奈は、生涯初のダウンを奪われた屈辱で、その相貌を獣のように歪める。
「…………よくも………………この……このォアマアァァアッッッ!!!」
理緒奈が吼え、ヒステリックな音を立てながら麗佳に迫った。
「くうっ…………!!」
麗佳はとうに力の全てを出し切っており、構えを保つだけで精一杯だ。
力ないガードは怒り狂う理緒奈の拳によって突き崩され、悪意の塊が臓腑を抉る。
割れんばかりだった歓声がぷつりと途絶えた。
「ごあ゛っ!!!」
痛々しい悲鳴が響き渡る。
麗佳の腹筋は、すでに内臓を守る鎧としての用を為さない。
ただ薄いだけの柔肉となって、暴虐の拳がもたらす衝撃をそのまま内へ伝えてしまう。
「お゛っ、おう、う゛んっ!!」
腹部への連打を受けて後退を続ける麗佳の体は、ついにコーナーへと追い込まれた。
いけない―――!
誰もがそう思っただろう。そしてその直感の通り、そこから王者への残虐な処刑が始まる。

「ぐごぉおお゛あえ゛っ!!!」
拳が深々と腹部へ埋没し、麗佳は喉を潰したような叫びを上げる。
あまりの苦痛に身を捩って逃れようとするが、コーナーに追い込まれては碌に身動きが取れない。
理緒奈の片手で首をコーナーに押し付けられ、もう片手で連打を浴びる。そればかりだ。
「がぁおおお゛ぼっ!!!」
王者の肉体が痙攣し、マウスピースが口から零れ出た。
唾液を纏いつかせたマウスピースは、キャンバスを空しく転がりまわる。まるで、応援する者の感情のように。
本来であれば、即座に試合を止めるべき一方的な展開だ。
しかし、それは麗佳の負けを決定付ける事を意味する。
誰もが麗佳の負けなど望んでいなかった。それがあってはならないと思い続けてきた。
ゆえに、レフェリーも判断に迷う様子で状況を見守っている。
誇り高い王者の公開処刑を。

理緒奈の拳は雨あられと降り注ぎ、元より傷ついている麗佳の腹筋を徹底的に叩き潰した。
ボゴリボゴリと腹が蠢く様からして、表皮だけという事はありえない。
恐らくは内臓までが、跳ね回る水袋のように蹂躙されている事だろう。
「ごお゛っ、おぼぇ゛ええ゛っ!!! があ゛っ、ごッ、おぶぇっ……!! お゛っ、ぉおおお゛お゛お゛っ!!!」
泣き崩れるような麗佳の表情からは、感情を読み取ることができない。
王者としての屈辱か、それとも単純に、死に瀕する者としての恐怖か。
間近で見守るものには、麗佳の美しい腿を、黄金色のせせらぎが伝い落ちていく様が見て取れた。
それはやがてキャンバスに滴り、より多くの肉眼とカメラに捉えられる。
左右の拳は、それでも麗佳の腹部を叩き続けた。
麗佳はただ、その美しい脚を強張らせ、シューズで空しくキャンバスを擦るばかりだ。
その無力な有様は、スラムの路地裏で強姦される娘と何も変わらない。
『同階級の男性ランカーより強いのでは』……そう噂されたフライ級絶対王者は、そこにはいない。
「らあぁっ!!!!」
理緒奈が殊更力を込めて打った一撃が、強かに麗佳の腹部を抉る。
「お゛、げぼ、がっ…………あ゛げ…ごぼぉ゛…………………っっ!!!」
その一撃で、とうとう麗佳は人の姿を失った。
見開かれた瞳の中で、天井のライトを凝視するようにぐるりと黒目が上向く。
身体中の痙攣がとうとう頚部にまで行き渡り、顎と、頬が膨らみ、一秒後。大量の吐瀉物が吐き出される。
その様を見て客席から悲鳴が上がり、レフェリーが頭上ですばやく両手を交差させた。
ゴングがけたたましく打ち鳴らされ、強制的な試合の幕引きを世に示す。
その瞬間、理緒奈は拳を止めて高く振り上げた。
暴虐からようやく開放された麗佳の肉体が、理緒奈に縋りつくようにズルズルと崩れ落ちる。
理緒奈はそれを汚らしそうに押しのけ、麗佳を文字通り“キャンバスに沈めた”。
自らの吐瀉物に塗れながら、尻だけを高く突き上げ、乱れた黒髪を放射状に拡げる醜態。
それは、レフェリーや観客達の理想が敗北した姿だ。

「はっはっはっはっは! さて、あたしがこいつに敵わないとか、ボクシングの怖さ教えてやるとか言ったお馬鹿は誰?
 必死に必死に、極限まで教科書通りの鍛え方した結果、あたしに全く歯が立たなかったねぇ!
 これで分かったでしょ、このあたしが、ボクシングの常識なんかより遥かに上だって事がさぁ。
 このミジメなザマをよーく目に焼き付けときなよ。あんたらの硬い頭が祀り上げた、スケープゴートの成れの果てをさ!!」

理緒奈は拳を振り上げながら、目に映る全てを侮辱し続けた。
絶望の溜め息、すすり泣く声…………それが場内を覆いつくしていた。
「ふふ、くくくっ…………くっくっくっくっく………………!!」
ただ1人、理緒奈のセコンドである谷内の忍び笑いを除いては。





その日の深夜。
一夜にしてヒーローとなった少女は、ショーツ一枚という姿で拘束されていた。
手足には鎖で繋がれた枷を嵌められ、凧のように身を開いている。
窓のない部屋は極めて無機質だ。
少女と男が一人、カメラが一台…………その殺風景さが、異様な雰囲気に拍車を掛ける。
「さて。心の準備はいいかな、女子フライ級新チャンピオン」
男……谷内は、何とも愉快そうな口調で切り出す。
一方の理緒奈は、そんな彼を敵意むき出しの視線で睨み据えていた。
「やるならさっさとしなよ、ゲス野郎」
理緒奈から悪意ある発言をされても、谷内は微塵も動じない。
「そうだな。私もいい加減、お預けの限界だ」
涎も垂らしそうな言い方でそう告げると、懐からひとつの錠剤を取り出す。
理緒奈から痛みを奪った薬の、解毒剤だ。
「さ、口を開けなさい」
谷内は理緒奈に命じ、開かれた口の中に解毒剤を放り込む。
ごくり、と理緒奈の喉が鳴った。
そこから、ほんの数秒後。理緒奈の雰囲気が変わる。
「…………あれ………………あ、あたし………………?」
そこにいるのは、理緒奈と同じ肉体を持ちながら、リングでの理緒奈ではないもの。
膨大なアドレナリンに支配されていない、臆病で繊細な少女だ。
「落ち着いてきたようだね。今の気分は、どうだい?」
谷内は、ひどく優しい口調で語りかける。
しかし理緒奈の瞳に映る表情には、一かけらも情らしきものが見当たらない。
それは、薬を投与したマウスを見守る研究者の目だ。
理緒奈は優しげな垂れ目を惑わせ、素人そのものの肉体を震わせはじめた。
薬が解毒されれば、まずは攻撃的な気分が消え、その後1分ほどで麻痺していた痛みが感じられるようになる。
リングの上で感じているはずだった痛みが、全て襲い掛かってくる。

「あ、あたし……こっ、怖い。ドクター。あたし、怖くて、たまらない!
 あのチャンピオンの人、ものすごく鍛えてた。凄く強かった」
「ああ。強かったね」
「あたし、そんな人のパンチを、避けずに何発も何発も受けちゃって…………
 最後の方には、意識とは無関係に膝までついちゃった。
 あたしの身体、どれだけボロボロになってるんだろ。どんな痛みが、この後来るんだろ。
 ね、ドクター…………あたし、死なないよね? この後も、生きてられるよね!?」
「……ああ、大丈夫だ理緒奈。おまえの脳は、痛みの許容力が極めて大きい。
 だからこそ、実験のパートナーに選んだ。
 だからこそ、あの捨て置けば死んでいた状態から、二度目の生を与えたんだよ」

理緒奈と谷内の会話はそこで途絶えた。
谷内は嬉しげに笑みを深める。逆に理緒奈は、恐怖で顔を歪ませた。




「ああぁぁ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っっ!!!!」
咆哮とも呼ぶべき、凄まじい悲鳴が密室に響き渡る。
手足を繋ぐ鎖が煩く鳴り散らす。
痣だらけの理緒奈の腹部が、ひどく蠢いていた。
痛みを感じたゆえの反射的な反応なのだろうが、傍目には不可視の何かに殴打され続けているように見える。
「あがあぁあああ゛っ、げぉっ、ふげぇええお゛ごごごおごごぇえ゛ぐっ!!!」
目を剥き、大口を開き、唾液を垂らし。
まるで鍛えていない素人同然の腹部は、プロのパンチに耐えられる代物ではない。
本来リングの上で見せているはずだった醜態が、今この場で遅い再現を見せているのだ。
「ふふふ、いいぞ。いい表情だ、理緒奈。
 これが表の世界では、フライ級王者というのだから傑作だな。
 愚民どもは、痛みを感じないターミネーターのようにお前を見始めるだろう。
 真実を知るのは私だけだ。回ってきた“ツケ”に苦しむお前を見られるのは、この私だけなのだ」
谷内は恍惚とした表情でビデオカメラを回す。
そのフレームの中で、理緒奈は地獄の苦しみを味わい続けていた。

幾度も幾度も、ボクサーとして試合をする度に繰り返されてきた事ではある。
しかし、麗佳は強かった。パンチ力もさる事ながら、打たれても打たれても諦めず戦い続けた。
最後には、身に残った全ての力を振り絞って理緒奈からダウンをももぎ取ったのだ。
そのダメージの総量は、今までの相手の比ではない。
何人もの犠牲の果てに築き上げられた『ベルトの重さ』が、それを愚弄した理緒奈を押し潰す。

「げぼっ、おおぉええ゛っぼっ!! あああっ、もうイヤ゛ぁーーっ!!
 ギブアッぶ、ギブアップしますうっ、ご、ごめんなざいっ、もうイヤッ、もうぐるじいの……ごぶぅ゛ぇっ。
 んん゛もぉ゛ぉえ゛っ、げぼごろっ、ウ゛……っ……!! う゛っ、んん゛ごお゛お゛ぉォお゛っっ…………!!!」

祝勝会で口にしたものを余さず吐き戻しながら、理緒奈は赦しを請い続ける。
すでに全てが過去の事。
どれだけ泣き叫ぼうが、今さら赦される事などないと知りながら……。


                            終
続きを読む

Water boarding

※水責め&腹責めモノ。嘔吐・失禁注意。


Water boarding……それは世界中で最も重宝されている拷問の一つだ。
いわゆる水責めの一種だが、頭を逆向けにしたまま水を飲ませるため効果が高い。
人間の脳は、頭を下にして水を飲んだ場合、即座に溺死の危険を察知するようにできている。
反射的なパニック状態からの自白率は極めて高い。
そのため各国特殊部隊では、こぞってWater boardingの訓練を行っている。
某国においては特殊部隊のみならず、軍属の者すべてがこの特訓への参加を義務付けられているほどだ。
この風潮にほくそ笑むのがバドという男だった。
階級は中尉ながら、態度だけは将官クラスと揶揄される男。
彼は敵地にてWater boardingの尋問を受け、それに耐え抜いたという逸話がある。
実際には、今まさに尋問を受けようとしていたところを救出されただけなのだが、真実は彼のみぞ知るところだ。
このように虚偽と欺瞞で自身を塗り固めたバドには、眼の敵にしている同僚がいた。

レスリー・リセント。
バドと同じ中尉でありながら、こちらは物が違う。
レスリーには華があった。
やや垂れ目気味ではあるが眼光は鋭く、意思の強さが顔つきに表れている。
顎までの長さで切り揃えられた金髪は陽によく煌めく。
首から上は映画女優と言っても違和感がない。
しかし、鎖骨から下に視線をやれば、その煌びやかなイメージは一変する。
現役軍人さえ目を見張る、鍛え抜かれた肉体がそこにある。
弛みのないボディラインが美しい。
特に腹筋の発達は顕著であり、酒宴の後でさえしっかりと8ブロックに分かれているほどだ。
自分を甘やかさず、面倒見もいい彼女は部下からの人望も厚い。
バドもまたレスリーに惚れた一人だ。
『貴様はマシな女だ。特別に今のうちから、私の傍に置いてやろう』
この調子で高圧的に交際を申し入れ、あえなく一蹴された経緯がある。
それはバドのプライドを傷つけた。
以来バドは、いつでもレスリーへの報復を画策し続けている。
とはいえ真正面から争って敵う要素はバドにはなく、歯軋りする日々を過ごしていた。

その折に飛び込んできたWater boarding訓練は、彼にとってまさに天からの恵みだ。
彼はここぞとばかりに上層部に訴えかけ、自らの逸話を元に訓練教官の座を勝ち取った。
教官の肩書きがある限り、訓練中に限ってはバドが部隊の最高権力者となる。
レスリーとて一時的に指揮下へ入らざるを得ない。
たとえ、どのような仕打ちを受ける破目になろうとも……。



Water boardingの特訓に大掛かりな仕掛けは必要ない。
対象者は傾いた台へ頭を下にして寝かされ、身体の各所を拘束される。
その際両手は体前部のどこかに置き、薄い円状のプレートを握る。それだけだ。
水責めに耐え切れなくなった被験者は、ギブアップの印としてプレートを落とす事になっている。
プレートを離せば溺死の恐怖から開放される訳だ。
鍛えに鍛えられた特殊部隊の男といえど、この『溺死の恐怖』を平然と乗り切る者など居はしない。
顔に布が被せられ、水が注がれはじめてからプレートが落ちるまでの平均タイムは僅かに4秒足らず。
しかしこれを不甲斐ないと思うべきではない。
貼りついた布が顔から引き剥がされた時、被験者の顔は一様に恐怖に引き攣っているものだ。
目と口を裂けんばかりに開いたその表情は、Water boardingという拷問の恐ろしさを見る者に焼き付ける。
レスリーはこの拷問を、数十人分に渡って見せ付けられた。
彼女の順番は最後の最後。
名目上は上官であるゆえだが、その実は残り時間を気にせず嬲り者とするためだ。
「…………っ」
膝の上へ乗せられたレスリーの手に、刻一刻と力が篭もる。
いかに気丈な女軍人といえど、圧し掛かる恐怖が尋常ではないのだろう。
単に水責めへの恐怖だけではない。
大勢の部下が見守る前だ、無様など晒せない。ギブアップ制度など無いに等しいと思うべきだ。

「……さてレスリー、私が誰か解るかな?」
台に横たわったレスリーを見下ろしながら、バドは下卑た笑みを見せる。
レスリーは嫌悪の表情を作った。
「ええ、教官殿。盗撮とボディ・タッチが御趣味だそうね」
レスリーの言葉で、どこからか笑いが漏れた。
バドは顔を見る間に赤らめ、目を剥いて周囲を威圧しながら続ける。
「ふん、いいだろう。ともかく、とうとう貴様の番だ。
 散々見て知っているだろうが、ギブアップなら宣言の代わりにプレートを投げろ。
 もっとも、それを投げる行為が『仮想敵への屈服』を意味する事は忘れんようにな。
 上官たる貴様が、もしもそのような不甲斐ない姿を晒した場合……教育的指導をせねばならん」
バドの顔に再び歪んだ笑みが浮かぶ。
言動共にいやらしい男だ。
「言われなくても、理解してるわ」
レスリーの眉間に皺が寄る。
バドは満足げに頷きながら、周囲の男達にレスリーを台へ拘束するよう命じた。
男達はバドお抱えの隊員だ。
バドも下衆として知られる男とはいえ、それはそれで同じ人種からの人気がある。
特にあのレスリー・リセントを嬲れるとあれば、その気のある者は嬉々として馳せ参じる。

太い拘束帯がレスリーの鳩尾へと巻きつけられた。
これにより、レスリーの女らしい胸が否応なく強調される。
支給のタンクトップは深く皺を作り、肩口からインナーが覗く。
すべて白一色の無味乾燥なものではあるが、女気のない特殊部隊においては充分すぎる興奮材料だ。
「へへへ……中尉殿の胸に、こんだけのボリュームがあったとは驚きだ」
「ああ、いやらしく上向きに突き出してやがる。もっと早くから拝んどくべきだったぜ」
「仕方ねえだろう。真面目な中尉殿の胸なんぞ覗けば、どんなお叱りを受けるか解ったもんじゃねえからな」
男達はレスリーを前に辱めの言葉を口にする。
「お前達、誰の事を言ってるつもり? 随分と良い根性してるじゃない」
レスリーから貫くような視線を向けられてもなお、臆する素振りはない。
まるでこの特訓の後も、レスリーに叱責される恐れはないと確信しているかのごとく。


男達はさらにレスリーの腰周り、そして腿の付け根を手際よく固定していく。
身動きを封じるよう厳重に拘束する中、腹部にだけは拘束帯を巻かないのは、特別な意図あってのことだろう。
訓練を監視すべき軍医がひとつ欠伸をする。
本来ならば拘束段階から神経を張り詰めておくべきところだが、彼もすでに買収済みという事らしい。
初めからレスリーに勝ち目などない勝負、しかし退けない。
レスリーを慕う部下達が、遠巻きにこちらを見ているのだ。
彼らの前で無様を晒すわけにはいかない。バド相手に降伏の意思を示すことさえ恥だ。
レスリーは、今まさに手の上へ乗せられたプレートを強く掴んだ。決して離すことのないように。
「さあ、しばし空気とお別れだ」
男が下卑た笑みを浮かべつつ、レスリーの顔へと赤い布を被せた。
すかさず別の一人がその端を押さえつければ、布地は隙間なくレスリーの顔面を覆う。
今は布が乾いているため、布越しの呼吸もかろうじて可能だ。
しかしそれが一度水を含んだが最後、たちまち未曾有の地獄が襲い来ることとなる。

バドが舐めるような足取りでレスリーに近づいた。
「どうだレスリー、まさか怖いのか? そう硬くなるな、私でさえこの尋問を耐え抜いたのだ。
 その私をあろうことか軟弱などと罵った貴様なら、何の問題もなかろう」
陰湿にそう囁きかけ、レスリーが布越しに唇を噛みしめると、傍らの男へと合図を送る。
「やれ」
男はすかさず水を垂らした。
まずはタンクトップの胸の部分……フェイントを兼ねた性的な嫌がらせだ。
「!!」
レスリーの身体がびくりと反応し、バド達の笑いを誘う。
タンクトップは水に触れた分だけ透け、余った水は一筋の流れとなってレスリーの首を伝う。
「へ、興奮するぜ」
ペットボトルを握る男は喉を鳴らしながら、再度レスリーの上でボトルを傾けた。
今度は頭の上でだ。
銀色に光る流れが、顔を覆う布の表面で弾けていく。
一秒。二秒。三秒。
恐ろしく長く思える時間の中、刻々と男達の限界タイムが近づく。
当然、レスリーも苦しみを隠せない。
下腕が持ち上がって拘束帯を軋ませ、布の張り付いた顎が喘ぐように尖りを見せる。
「止めろ」
五秒経過時、バドの号令で給水が途切れた。
そして素早く顔の布を取り去れば、そこにはかろうじて溺死を免れた、生々しい女の顔がある。
「ぷはっ……!! はぁ、はっ……は、あ゛っ…………!!」
目を見開き、奥歯さえ見えるほどに口を開いて短く空気を求めるレスリー。
しかしその鬼気迫る表情にも、やはり凛々しさが残っている。少なくとも今までの男とは別物だ。
「死地から舞い戻った気分はどうだ?」
「…………そのニヤケ面を見るぐらいなら、布があった方がマシね」
見下ろすバドの問いに、レスリーは憎々しげな表情で告げた。
元より負けん気の強い性格が、バドを前にしてさらに頑なになっているようだ。
しかしその気丈さがまた、バド達の嗜虐心をくすぐる。
「ほう、そうか。ならば続けよう。水は、まだいくらでもある」
バドは満面の笑みを浮かべたまま、再び布でレスリーの視界を奪った。


数分が経ってもなお、レスリーは良い見世物となっていた。
引き締まった健康的な身体をしているだけに、苦悶する様子も見応えのあるものだ。
中でも目を惹くのがやはり腹部だった。
日々100回×6セットの腹筋を自らに義務付けているというだけあり、均等に8つに割れた腹筋。
それが捲れたタンクトップの裾から覗いている。
ちょうど拘束帯の隙間にある白い肌は、下手に露出が多い格好よりもよほど性的に映った。
おまけにその腹筋は、溺死の苦しさを表すように、激しく上下に形を変えるのだ。
「この腹、やっぱ堪らねぇな」
男の一人がついに我慢の限界を迎えたらしい。
レスリーの腹部に手を近づけ、臍周りを軽く押し込む。
直後、レスリーの腹部が激しく震えた。唐突に触れられた驚きか、あるいは苦悶の動きの延長だったのか。
いずれにせよ、その反応がバド達を刺激してしまう。
「ふふふ、良い反応をするな。……そうだ、名案を思いついたぞ。
 よく鍛えているこの女には、ただの水責めなどでは手ぬるかろう」
バドは芝居がかった口調で呟きながら、レスリーの腹の上で拳を握りこむ。
彼の目はちらりと軍医を見やったが、軍医が表情を変えることはない。
ただ新調した金縁眼鏡を拭いているだけだ。

なんと残酷な事だろう。
バドが腕を振り上げる瞬間と、レスリーの顔から布が取り去られる瞬間はまったく同じだった。
幾度目かの溺死から開放されたレスリーは、激しく咳き込みながら視界にバドを捉える事だろう。
今まさに振り上げた太い腕を、自らの腹部へと振り下ろすバドを……。
「ぐぅうええ゛お゛!!」
状況把握もできぬまま、レスリーから苦悶の声が搾り出される。
一方のバドは恍惚の表情を禁じえなかった。
充分な弾力のある、ゴムタイヤのような腹筋が己の拳を受け止めている。
拳が弾かれる感触は異常な心地よさだ。
おまけに眼下では、憎きレスリーが苦しみ悶えている。
右目を細めて左目を見開き、大口を開けた、『当惑』そのものの表情で。
それはバドの歪んだ心をよく満たした。
自分よりも有能で、人望があり、強い女を苦しめる……その望みが叶っているのだと実感できる。
堪らない。
バドは再度拳を握り締めながら、周りの男達に合図を送った。
混乱の渦中にあるレスリーの瞳が、再び赤い布に覆い隠されていく。
その後にバドが拳を叩きつければ、赤い布は歪な形での尖りを見せた。
「お゛ぁああ゛……っ!!」
発声の不自由そうな悲鳴も漏れる。
これから彼女が徐々に水を飲んでいけば、その悲鳴と腹部の感触はどう変わっていくのか。
バドはそれが気になって仕方がない。
「ああ愉しみだ……レスリー、まだまだお前の肉を叩いてやる。
 女だてらに生意気に鍛え上げた腹部を、殴って殴って、メス本来のやわらかい肉に戻してやるぞ!!」
下劣な本性を剥き出しにしながらバドが吼えた。
その横暴を止められる者はいない。
軍内部の上下関係は絶対だ。レスリー自身も、それを慕う部下達も、訓練教官であるバドに抗議などできない。





拳が打ち込まれるたび、明らかに腹筋は張りを失っていった。
ただでさえ水を飲まされている最中だ。
胃の中へ少しずつ飲み下した水が溜まっていき、体力の消耗も著しい。
いかに鍛えた肉体とて、いつまでも腹筋の硬度を保っていられるはずはない。
「ぼはぁあっ!!」
レスリーの口から水が吐き出され、赤い布を通して染み出てくる。
布越しに目をきつく瞑っている様子が透けて見えた。
しかし、レスリーはけして手にしたプレートを離そうとはしない。
むしろ苦しくなればなるほど、指先が白くなるほどに強く握り締める。
「しぶとい女だ。そうでなくてはな」
バドは嬉しげに腕を振り上げた。
ドツン、とでも形容すべき音と共に、彼の拳はレスリーの腹筋を突き破る。
腹筋は、拳を緩やかに内へと呑み込むような動きを見せた。
レスリーの均整の取れた身体が痙攣する。
布の下から妙な音も聞こえた。排水溝が詰まったような音。
「ほう?」
バドはその変化を聞き逃さない。
打ち終えたばかりの肉体を酷使し、素早くもう一打をレスリーに見舞う。
ドブ、と鈍い音が響いた。
鈍い音、しかしそうであればあるほど効果がある事を、兵士達は日々の格闘訓練で知っている。
今のはまずい……多くの者がそう感じただろう。そしてその予測は正しい。
「も゛ごぉおう゛っっっ!!!」
レスリーの上げた呻きは、それまでのどんなものよりも苦悶に満ちていた。
拘束された膝下が暴れて拘束台を軋ませる。
腹筋が左右に揺れながら痙攣する。
ここまでは今までどおりながら、今度はとうとう喉元までが激しく蠢いている。
「お゛は……っ!!」
レスリーが発したその“音”の意味を、誰もが一瞬のうちに理解しただろう。
嘔吐。
どれほどの美女でも醜男でも、その音は同じだ。
かくして、レスリーの顔を覆う布から一筋の吐瀉物が流れ出す。
大量に水を飲んでいるため、ほとんど水に等しい薄黄色の流れだ。
それがレスリーの美貌を横切り、陽に煌めく金髪の合間へと伝い落ちていく。
「ひゃはははは、こいつとうとうゲロ吐きやがった!!」
「ああ。実技訓練の時、おもっくそ腹に蹴り入れても平気で反撃してきやがる女がな。
 まったく水責め様様だなぁ、いいもん見たぜ!」
「貴様等、私の拳の威力だとは考えんのか? ……まぁいい」
バド達は鬼の首を取ったように騒ぐ。
逆にレスリーを慕う者たちは、怒りと嘆きをそれぞれの表情に宿している。

「教官、もう止めましょう! 中尉は嘔吐までしているんですよ!?」
兵士の一人が堪らず叫んだ。
それに対し、バドは蔑みの視線を寄越す。
「何を言うか。実際にこの拷問を受けた時、嘔吐した程度で解放されると思うのか?
 貴様等雑兵は溺死体験だけで済ませたが、この女は違う。
 階級の高い人間は、重要な機密を知らされて作戦に臨むものだ。
 当然、自白によって我が軍が被る損害は、貴様等などとは比較にもならん。
 ゆえに訓練とはいえ、より実践的なものにせねばならんのだ。
 それとも、どうだ中尉、もう降参か。貴様にはその権利もある。
 私の時は……そのような物はなかったがな」
バドは建前を並べ立てた上で、巧みにレスリーを挑発する。
その物言いをされては、レスリーに選択肢などない。
「ひっ、ひっ、は、はひっ、ひ……ひっ、はっ……まさか!!」
短い呼吸を繰り返しながら、気丈に叫ぶレスリー。
涙と汗、そして吐瀉物に塗れているとはいえ、美貌は崩れていない。
むしろその穢れた美女の顔は、いよいよバド達のサディズムに火を点けていく。
「中尉は続けて構わんそうだ」
バドが命じるまでもなく、取り巻きの男はレスリーの顔に布を被せ直していた。
空気を遮断されるその直前、レスリーは決死の表情で大きく息を吸う。
恐怖はあるだろう。
しかし、降伏を示すプレートは未だ固く握られたままだ。
見守る者の中には、その姿に涙を浮かべる者さえ現れていた。
そして、満面の笑みで拳を握り締める男も。

バドは足を肩幅に開いたスタンスで、大きく肩を引き絞る。
斜めになったレスリーの腹部へ、垂直に近い角度で拳を打ち込めるように。
一方彼女の頭部付近では、やはり容赦のない水責めが再開されていた。
「おら、たっぷり飲めよ」
満面の笑みを湛えた男が、布を被せられた口周りにペットボトルを宛がう。
水は静かに布へと染みこんでいく。
「っ!!!」
声にならない叫びと共に、レスリーの顎が左右に揺れた。
男はそこで一旦ペットボトルを離し、布を押さえる役が位置を調節する。
そしてまた男がペットボトルを宛がい、注ぐ。
何度も何度も、飽きるほどに繰り返されている地獄。
レスリーの豊かな胸が激しく上下し、溺死の苦しさを訴える。
そこからさらに足までが暴れ始めれば、そこでおおよそ五秒だ。
「ぶはぁっ!!」
顔を赤らめたレスリーが、布のどけられた口で大きく息を吸う。
バドはまさにその瞬間、彼女の腹部へと拳を打ち込んだ。
「ん゛ごはぁああ゛っ!ぐ、くくっ…………!!!」
当然、レスリーはあられもない声を上げて身悶える。
唇からは新たな吐瀉物が溢れ、地面に飛び散っていく。
瞳はきつく閉じられ、開くと同時に目尻から一筋の光を流す。
それでもなお、プレートを持つ手だけは微動だにしない。
矜持は穢させないと、見る者すべてへ示すように。
「生意気な女だ」
追い込む立場にあるバドは、余裕の表情で再度拳を打ち込んだ。
それはちょうど水責めの始まったタイミングであり、レスリーの喉から激しく水を逆流させる。
「げほっ、げえぇほっ、うえ゛あはあっ!!!!」
まさに悶絶というべき有様で、レスリーは首から上を暴れさせた。

「……もう、やめてくれよ…………!!」
一人が痛切な声と共に頭を抱える。
その横に立つ兵士もまた、辛そうに目を伏せていた。
ドン、ドンという打撃音が、鳴るたびに彼等若き兵士の肩を震わせる。

レスリーの腹部は、一打ごとに拳を深く受け入れるようになっていた。
各所が赤く窪んだ腹筋は、もはや鎧としての役目を果たさない。
水を注がれるタイミングで殴られれば、混乱と共に多くの水を飲まされ。
布のないタイミングで殴られれば、飲んだ分以上の水を吐瀉物として吐き零す。
レスリーは人形の如く、これら2つの動作を不規則に繰り返していた。意思とはまったく無関係に。
「ごほ、がはっ……!!おおお゛うう゛う゛え、あ゛げええ゛お゛っっ!!!」
かつて誰か一人でも、レスリーのそのような汚い姫を聞いた事があっただろうか。
少なくともマーシャル・アーツの模擬戦においてすら、彼女はそのような声を上げた験しがない。
まさに極限に近づいている人間特有のえづき声に、場はいよいよ騒然となる。
悲喜交々の歓声が上がっていた。
「へへへ、美人ぶりが見る影もねぇな。ゲロやら涙やらでズルズルだぜ」
「ずっと蛙みたいに喘いでるばっかりだしな」
男達はレスリーの顔の布を剥がしながら、獲物が刻一刻と限界に近づく様を愉しんでいる。

またしても、強烈に肉を打つ音が響く。
バドはもはや、目の色すら変えてレスリーの腹筋を叩き続けていた。
「ぐぅっ、ごぼぉっ!!ご、がは……あ゛ぐお゛お゛ぉっ!!!」
レスリーからは絶え間ない悲鳴が上がる。
とうに腹筋は張りを失い、内臓を直に叩かれている状態だ。
地獄のような苦しみだろうが、幾重もの拘束帯を全身に巻かれては身を捩ることすらできない。
「どうだ、苦しいか。苦しかろう、ええッ!
 貴様の腹を叩き潰しているのは、私の腕だ。『鍛錬が足りん』と貴様の言い放った、私の腕だ!!」
バドが肩を入れて放った打撃が、今一度レスリーの腹部に沈み込む。
「がぁああ゛ああ゛っ!!!」
台ごと軋むような衝撃を受け、レスリーの肢体が痙攣する。
そして拳が引き抜かれた瞬間、ズボンの尻の部分がかすかに変色しはじめた。
染みは次第に濃く広がり、台を伝って背中の方へと流れだす。
「ふん、失禁か。あわれなものだな!」
バドは笑みを深めながら、なお打ち込みを続けた。
たっぷりと身を仰け反らせてのテレフォンパンチ。通常では当たるはずのない、最大限に体重を乗せた一打。
それが今だけは、易々とレスリーの腹部を叩き潰す。
拘束台が生命を持ったかのように暴れ回る。
一撃、一撃。また一撃……。
「ご、あがっ!!あがあげっ、ごがっ…………!!っぐ、げぇっ……!!!
 ぐ、ぐるじ……が、ああっ……いぎ、がっ…………むうう゛っ、むげごあぁあ゛っっっ!!!!!」
レスリーはいよいよ危険な声を発しながら悶え狂う。
涙を流し。唾液を零し。空嘔吐を繰り返し。 挙句には口から泡があふれ出す。
ついに意識が途切れたのだろう。
それまで頑なに握り締められていたプレートは、とうとうレスリーの指の間から滑り落ちた。
回転しながら落下するプレートは、キン、と冷たい音を立てて地面に転がる。
「おーお、とうとう落としちまいやが…………」
女軍人の陥落に、水責めを繰り返していた男達が喜びに湧きかけ、そのまま固まる。
その沈黙を破るように、重い打撃音が響き渡った。

「お、おいおい……」
さしもの男達も顔を引き攣らせる。
その視線の先では、無我夢中でレスリーの腹部を殴りつけるバドがいた。
瞳は赤く凹凸の出来たレスリーにしか向いておらず、足元に転がるプレートを意に介していない。
病的な集中力でレスリーの腹部を叩き続けている。
「ごぁああ゛っ……!!?」
哀れなレスリーは、腹部への更なる打撃で無理矢理に覚醒させられた。
そしてまず手にプレートが無いことに驚愕の表情を見せ、
続いて、なおも視界で暴れ狂うバドの拳を見て顔を歪める。
「ま、待って、もう…………!!」
必死に訓練の終了を訴えようとするが、その言葉を言い切る暇は無い。
「いいぞ、柔らかくなってきた……いい女の肉になってきたぞ。心地良い……心地良い!!」
歯止めのきかないバドの拳が、すぐにその腹部を抉りこむからだ。
「あ゛あぁあああ゛っ!!がふっ、げぶっ!!あごろろえげぇえあぁああ゛っっ!!!!」
まさに悲鳴と呼ぶべきものが迸った。
口から夥しい量の水を吐き零しつつ、レスリーは溺死さながらに悶え狂う。
傍観者の誰もが、しばし固まるほどの光景だった。
危険を察した者達がバドを止めに入るまで、追加で10発以上が叩き込まれていた事がその証明だ。

すべてが終わった時、レスリーはその美貌が見る影もなくなっていた。
完全に白目を剥き、半開きの口から泡を噴き、鮮やかな金髪には垂れた吐瀉物が絡み付く。
全体としての表情は溺死の恐怖に引き攣っている。
腹部には余す所無く赤い陥没ができ、何かの事故に巻き込まれたかのような有様だ。
仮にも現役の軍人が何十発も殴ったのだから、当然といえば当然なのだが、
レスリーを信奉する者達にはさぞや衝撃的だろう。
「フウ、フウ…………結局この女も、私のようにWater boardingに耐え抜く事はできなかったな。
 貴様等も証人としてよく憶えておけ。この女は、この程度が限界だった。
 よって今から、腑抜けたこの女の性根を叩き直す事とする。誰も私のテントに近づくなよ」
荒い息を吐きながら、バドは目を輝かせた。
状況はどうあれ、彼はついにレスリーを屈服させたのだ。
レスリーを慕っていた男達が膝から崩れ、バドに従う男達が下卑た笑みでレスリーの拘束を解いていく。
その様は、実に対照的なものだった。


以来、レスリー側だった若き兵士達は耳を塞いで夜を越すようになる。
指を離せば聴こえてくるからだ。

「やめて、もうやめてっ!…………お願い、休ませてよ…………!!」

あの逞しく美しいレスリーが、バドの思うままに弄ばれている様。
狂気じみたスタミナで夜毎犯され、殴られ、苦悶の声と共に果てる様が。
テントの周りは“お零れ”に与らんとするバドの側近達が固めている。
加えてテントの主は『絶対的な』上官だ。
レスリーを慕う兵士に、乱交を止める術はない。
たった一つの命と引き換えにでもしない限り……。



                       終
続きを読む

荒事

※腹責め物。嘔吐注意。


会心のストレートだった。
腰の切れも、腕のピンと伸びきった感触も、言うことなく。
しかし笑香(えみか)さんは、それを難なく捌いてしまう。
そして捌いたその右手が二度、俺の前をチラついた。
「ぐ!」
動けなくなる。
そこに至って初めて、俺は笑香さんの突きを食らっていた事に気がついた。
鳩尾と人中、ほぼ同時に一発ずつ。
静止した時間の中で、笑香さんの左手が握りこまれる。
そして次の瞬間には、その拳はもう俺の顔面へ迫っていた。
殴られる――!
そう覚悟した直後、顔の横を風が通り抜ける。
チリチリとした熱さが頬の皮膚を炙る。
視界一杯に広がる拳。寸止めの正拳だ。
「…………参り、ました。」
俺はそう呟いた。負けを認めるしかない、圧倒的な敗北だったからだ。

俺の言葉を聞き届けた笑香さんは、そこで残心を解いて拳を引いた。
「フッ……まだまだね、良介くん」
そう言って、彼女は笑う。
笑香という名前の通り、とても綺麗に笑う人だ。
まるでアナウンサーやスチュワーデスのように、洗練された笑み。
その一方で彼女は、軍隊格闘やフルコンタクト空手など、実践的な格闘技をいくつも修めている。
だから荒事にはめっぽう強い。ヤクザの事務所に、身ひとつで乗り込めるぐらいには。

笑香さんは私立探偵だ。
浮気調査といった小口の仕事も請け負うが、金になるのは裏の仕事。
警察が動かない事件に対し、依頼人の要望に応じて犯罪の証拠を掴むケースが一番多い。
俺はふとしたきっかけで笑香さんに助けられ、そのまま流れで彼女の助手をやっている。



その日の仕事は、ストーカー被害の調査だった。
まだ実際に被害が出ていないという理由で警察が動かず、被害女性は笑香さんに泣きついた。
そこで、女性のボディガードを兼ねてストーキング現場を押さえようという訳だ。
数日ほど女性に囮となってもらったところ、犯人はすぐに特定できた。
なんとも冴えない中年オヤジだ。
背丈は十人並み。腹の肉はたるみ、腑抜けた顔でふらふらと歩く。
異常なのは、被害女性の後をつけながら、道行く人間に自分の映像を撮らせている事だった。
特にカップルを狙い、デジタルカメラを渡して、被害女性と自分が同じフレームに収まるよう撮影させる。
そして気味悪そうにカメラを返すカップルを、にやにやと見送る。

俺はその様子を繰り返し見ているうちに、段々と腹が立ってきた。
見るからに弱そうで、たとえ殴り合いになっても勝てるだろうという打算があったのも事実だ。
その結果俺は、とんでもない間違いを犯すこととなる。
別ルートで男を追っている笑香さんに連絡を取ることもなく、単独で男を追い詰めたんだ。
場所は薄暗い路地裏だった。
いつも通りのニヤケ面で徘徊するストーカー男を、俺は大股で追いかけた。
足音でさすがに気付いたんだろう、脂ぎった顔がゆっくりとこちらを振り向く。
「何かな?」
男は薄ら笑いを浮かべたまま、可笑しそうに俺を見つめている。
それを睨んでいるうち、俺は自分の中の怒りが膨らんでいくのを感じていた。
正義感とか、そういった類のものじゃない。ただ生理的に殴りたくなるだけだ。
「惚けてんじゃねぇよ、ストーカー野郎」
俺はチンピラさながらに凄んだ。自分の方が強いという、根拠のない自信が満ち満ちていた。
「ほぉ。……ほぉ」
男はいよいよこちらの神経を逆撫でする声を出し、急に身体を揺らす。
注意深く見れば、それが単なる身震いの類だと判っただろう。
しかし人間不思議なもので、すっかり臨戦態勢に入った状態で相手が急に動くと、それを攻撃と勘違いする。
結果、俺は男へと安易に殴りかかっていた。

まずい、という直感があった。
先に手を出した事が、後々法的にまずい事もある。
けれどもそれ以上に、殴りかかる動きがあまりに雑すぎた。
フックでもストレートでもない、大袈裟にカーブを描くテレフォンパンチ。
反射的に殴りかかった、隙だらけの一撃だ。
男は当たり前のようにそれを避けた。今になって、その身のこなしに驚愕する。
明らかに戦い慣れた、ロートルの傭兵のような回避だ。
半身になって攻撃をかわした中年体型が、今度は攻撃に移る。
下膨れの胴体の後ろから現れる、腕。
どうして気付かなかったんだろう。
セーターに包まれたその上腕の筋肉は、ゴリラのように膨れ上がっている。
にたり、とオヤジの笑みが視界に映った。
その直後。凄まじい衝撃が、俺の腹部を襲う。
「む゛っ…………!」
反射的に声が漏れた。大型のトラックに激突されても、きっと俺は同じ声を出すだろうと思えた。
爪先が地面から離れた感覚の後、地面に尻餅をつく。
腰から下の筋力が一切なくなったかのように、どうしようもない尻餅だった。それが怖い。
そしてもっと怖いのは、そうして状況を認識している一方で、まだ腹部に痛みがない事だ。
頭の中にジェットコースターが思い浮かぶ。
やばい、やばい、やばいやばいやばいやばい。
頭は嫌というほどそれを理解しているのに、決定的な衝撃はまだ訪れない。
俺は知っている。認識は間違っていない。わずか後に、ヤバイと思った以上の衝撃が、きっと来るという事を。
「げはっ!!」
先に口が開き、唾液が地面に飛んだ。
そしてその直後、恐れていたダメージがようやく訪れる。

腹筋はおろか、内臓という内臓が押し潰されたような感覚だった。
2度とまともにメシが喰えないだろうな、という予感めいたものが脳裏にチラついた。
体の深くで核爆発でも起きたような膨大なダメージ。でもそれは大丈夫だ。
あまりにも規模がでかすぎて、まだまだ脳が処理しきれていない。
咀嚼できるようになった後で、死ぬほどのた打ち回るんだろうが、とりあえず今この瞬間の問題じゃない。
問題は腹部以外。
肺が下半分をミキサーにかけられたかのようになり、息ができない。
空気を吸っても吸っても、下側の穴から通り抜けているようで、陸にいながら溺れそうになる。
そして、恥骨周り。
直撃を受けた腹部につながるジョイント部分が、外れかける寸前の悲鳴を上げている。
立つことなどとても出来ない。蹲っていて、ようやく人のカタチを保てるような状態だ。
ここまで分析が進んで、ようやく腹部の痛みがゆっくりと襲ってきた。
猿の脳味噌をゆっくりと舐め溶かすにつれ、じわじわとその苦味が認識されるかのごとく。
俺は絶叫してのたうち回った。
いや、正しくは『そうしている筈だった』。

俺に認識できるのは、一瞬にして涙で滲んだ視界と、吐瀉物が撒き散らされる地面。
そして『あ゛-っ、あ゛-っ』という、どう聞いても普通でない、カラスのような呻き声だけだ。
ただ胸を大きく上下させ、吐くことしか出来なかった。
視界の上端で、男の靴がかすかに動く。
俺はそれに心底恐怖した。
この路地へ来た時の威勢のよさはどこへやら、俺はあの男に怯えきっていた。
もう一度殴られたら、絶対に耐えられない。心と体がそう確信しているからだ。

「良介くん、何があったの!?」
その時、路地の脇から声が飛び込んできた。俺はそれにさえ絶望を覚える。
おおよその未来が解ってしまうからだ。
「!!」
賢い笑香さんは、この状況を一瞬で理解する。
そして彼女はこちらに走り寄るだろう。
「へっ、えへえへっ、えへっ…………」
男は気味の悪い笑みを浮かべながら、路地から逃げ出す。
「待ちなさいっ!」
笑香さんはそれを追いかける。
男に続いて路地を曲がる瞬間、俺の方を心配そうに見やりながら。

でも、違うんだ。今彼女が心配するべきなのは、俺なんかじゃなく、自分の方。
俺だって、これでも一時期ボクシングをやってたんだ。今もトレーニングは欠かしていない。
普通の喧嘩でボディブロー一発で沈むなんてこと、ありえないんだ。
ほぼ毎日、笑香さんに格闘技の手ほどきを受けている俺だから解る。
笑香さんは確かに強い。けれどもあの一見冴えない親父は、それともまた別格にヤバイ。
ジムのインストラクターのように引き締まった身体をした笑香さんでも、防御力には限界があるだろう。
むしろ、男である俺の方がいくらかフィジカルは強い可能性もある。
笑香さんの細い身体が、あの打撃を喰らったら……。

俺はただ祈り続けた。次第に遠のく意識の中で、必死に。
意識が途切れる最後の瞬間、路地の奥から女性の悲鳴が聴こえたのは、きっと気のせいだろう。





それから一週間。
俺は事務所で1人、笑香さんの帰りを待ち続けた。
警察には勿論伝えたが、芳しくはない。
俺の腹部の怪我をもとに、傷害罪の疑いで捜査するとは言っていたが、言外にやる気の無さが見て取れた。
最初は誠意たっぷりに対応してくれたんだ。
腹部の怪我を見せた瞬間真っ青になり、憤ってくれた若い巡査もいた。
けれども男の特徴や素行を挙げるたび、その反応は変わっていった。
若い巡査は視線を惑わして上司の顔色を窺うようになり、その上司は一度、小さく首を横に振る。
『関わるな』……はっきりとそう読み取れる具合に。

けれども俺は諦め切れない。
一週間経とうが、今日もまた例の現場へ出向こうと支度を進めていた時だ。
不意に事務所のポストへ郵便が届けられた。
虫の知らせ、というのだろうか。嫌な汗が背中を伝い落ちる。
しかし、仮にも探偵事務所のポストだ。
また何かのセミナーや備品の広告が来たか、あるいは依頼の封書が入っているのかもしれない。
俺はそう自分を納得させ、震える手で郵便受けを開けた。
封筒が一通だけある。
裏返しても送り元はない。いよいよ震えながら封を切ると、一枚のDVDが頭を覗かせた。

プレイヤーに差込み、そのDVDを再生し始めてしばし。
俺は声にならない悲鳴を上げていた。
冒頭に映っていたのは、あの親父。そしてその遥か向こうの道を歩く、ストーカーの被害女性。
この光景を、俺はよく覚えている。
不審がるカップルにデジカメを渡し、無理矢理に撮影させていたものだ。
つまり……あの悪夢が始まる、十数分前の映像という事になる。
映像は一旦途切れ、別の場面に変わった。
今度は、吐瀉物塗れで地面に這い蹲る俺の姿が映されている。
奴はあの時、撮影していたんだ。倒れ伏した俺を見下ろしながら、あのデジカメで。
そしてまた場面が切り替わる。
この後となれば、笑香さんが男を追いかけていった以後だ。
僅か数秒の暗転が、俺には永遠に思えた。
心臓が締め付けられるように痛み、息をすることさえ苦しかった。

映像が映し出される。



「あ……あああっ!?」
俺は知らないうちに悲鳴を上げていた。
映像には紛れもなく、懐かしの笑香さんが映っている。
ボロボロだった。
服は乱れた状態。靴は片方がなくなり、ストッキングで直に地面を踏んでいる。
あの一撃をすでに喰らってしまったらしく、右手で腹部を押さえたまま内股で立っている状態だ。
いや、立っているとも言えない。袋小路となった場所の配管に背中を預け、かろうじて直立を保っているだけだ。
左腕は完全に折れているらしく、ファージャケットに袖を通したままでぶらりと垂れ下がっていた。
口元から喉にかけては、吐瀉物に塗れている。
当然だ。非難しようがない。俺だって、吐きまくったんだから。
あの地獄の苦しみが記憶に甦る。そうか、あれを喰らったのか、笑香さんも……。

『はぁっ……はぁっ、はっ、は……はっ…………!!』
笑香さんは肩で息をしながら、必死に袋小路から逃れようとしているらしかった。
当然だ。破壊力のある相手に、回避できない場所など誰だって嫌だ。
しかし、抜け出せない。
右にフェイントをかけて男の左をすり抜けようとする 笑香さん。
だが、男に間一髪ショルダータックルで阻まれてしまう。
そして壁に叩きつけられた笑香さんに向けて、男は一撃を見舞った。
十分に切った腰の付け根に拳をつけ、それを打ち出すようなレバーブローだ。
『ぼぅはっ…………!!!』
反則的なその打撃力は、笑香さんを軽々と宙に舞わせる。
そして赤茶けたドラム缶に背中から衝突させ、ボロ雑巾のように地面を這わせる。
『…………あ゛っ』
まずは俺自身も経験のある、圧倒的なダメージを脳が処理し切れていない状態。
そしてその数秒後、身体中が激痛で燃やし尽くされる。
『ああ゛あ゛ーーっ! ああ゛っ、あ゛ぐぁっ…………があ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!』
笑香さんは、俺でさえ聞いた事のない低い呻きを上げはじめた。
這った状態のまま腹部を右手で抑え、咳き込むようにして地面に嘔吐を繰り返している。
顔中にびっしょりと脂汗を掻いている様は、異常としか言いようがない。
 
男はそんな笑香さんにゆっくりと近づき、髪を掴んで引きずり起こした。
そして逆の手で笑香さんの喉輪を掴み、壁に叩きつける。
『かはっ…………も、もうやめて………………もう、やめで…………!』
笑香さんは怯えきった瞳で男を見下ろし、懇願する。
衝撃だった。俺の中で笑香さんは、とても強い憧れの人だったから。
俺の今まで関わったなかで、笑香さんほど気が強い人はいなかった。
酒の席でさえ、イジるなんて事はとてもできないほど。
その人がこうなるまでに、一体どれだけあの重撃が打ち込まれたのだろう。
よく見れば、彼女は身体中が痣だらけだった。
受けや捌きに精通した笑香さんが、一切防御行動を取れなくなるほど、身体がガタガタなのだろう。

そんな哀れな俺の師匠を前に、男はいよいよ嬉しそうな笑みを浮かべる。
そして、カメラの向こう……俺に見せ付けるかのごとく、笑香さんのシャツを捲り上げた。
多分男の思惑通りなのだろう。
俺は思わず震え上がった。
笑香さんの鍛えられた腹部は今や、無数の隕石が墜落した平原を思わせる有様だった。
至るところが赤黒く変色し、体の線に沿わない酷い隆起がいくつも見られる。
俺だったらその半分もダメージを負わないうちに、もう殺してくれと哀願するに違いない。
ボクシング時代、フックを受けて腋腹の一部が赤く盛り上がっただけで、入浴も寝ることさえ出来なかったのだから。
その打撃を何十発も受けて、その結果が笑香さんの惨状なんだ。
それはもう、どれほど気が強くても折れて当たり前だ。

『いやぁ、面白いねぇ……。泣きを入れさせるのに随分手こずったけど、ようやく第一段階クリアだ。
 ここでもう、こんなに強い女が手に入るとは思わなかったよ。あのハイキックは、いやぁ効いたねぇ。
  やっぱり狩りはいい。餌を良くする毎に、もっといい獲物が手に入る。
 …………キミもそう思うだろう?』

男はそう言って、カメラの方を振り向く。けれども、俺に向かっての言葉では恐らくない。
この映像の撮影者……この男のバックにいる何者かに向けての言葉だ。
あるいは警察が動かないのも、そうした勢力の影響なのか。
……いや、警察だけじゃない。俺もまた、どう動けばいいのか解らない。
呆然とした頭で、俺はただ映像を見続けるしかなかった。
笑香さんが絶望に満ちた瞳で、なおも腹部を殴りつけられる様を。
嘔吐するものさえなくなり、空嘔吐のまま口の端から涎を零すさまを。
視線がぐらりと斜め上を向き、光を失う様を。

男はなおも笑いながら、笑香さんの喉輪を外す。
そして力なく崩れ落ちた身体を肩に抱え上げ、路地の暗がりへと姿を消した。
画面にはただ、笑香さんの苦悶の残滓が映し出されるばかり。

そして数分後、また別の映像へと切り替わる。
黒髪を靡かせて街中を颯爽と歩く、笑香さんの姿。
公園で俺に稽古をつけながら、綺麗に笑う笑香さんの姿。
そして……この事務所を訪れる、ストーカー被害の依頼人の姿。



俺は、すべてを理解した。


                       終
続きを読む

腹肉萌芽

  
打ち放しのコンクリートに、簡素なパイプベッド、椅子と机。
室内にあるのはその程度で、およそ生活臭というものはない。
獄中の独居房の方が、まだ柔な印象を受けるほどだ。
それが女……特にまだ20前後の若い女の部屋だとは、にわかには信じがたい。

その殺風景な部屋に、これもまた風変わりな人影が踏み入る。
着古した作務衣に、鼻緒の変色した下駄、拳へ幾重にも巻かれた包帯。
背は低く寸胴な体型だが、作務衣より覗く身体の部位は鋼のように鍛え上げられている。
眼光も人を射るほどに鋭く、何らかの武の心得があることは疑う余地もない。
その男の姿を目にした瞬間、部屋の主である女は目を見開いた。
そして、額を床へ付ける。

「申し訳もございません、竹ノ谷先生。」

女は平伏したまま、言葉を続けた。

「この美冬、碑功流空手の名を…………汚しました」

竹ノ谷と呼ばれた男は、その言葉には反応を示さない。
ただ頭陀袋を灰色の床に落とし、静かに唇を開く。

「服を脱げ」

短く一言を紡いだ。
男が女に脱衣を命じる。本来性的な意味を孕むそれが、この鋼の肉体を持つ益荒男から漏らされれば、意味が異なって聞こえた。
事実、命ぜられた女も嫌な顔一つせず、すくと立ち上がって服の裾に手をかける。
白いシャツが、煤けたジーンズが、淡色の下着が床へ落ち、なま肌が露わになっていく。
江園美冬。それが彼女の名だ。
名は体を表すと言うが、彼女の容姿もまた名を意識させるものだった。

顔立ちは端整だが、どこか陰のある幸薄そうな表情が、彼女を実年齢以上に大人びて見せた。
肌は美しく、雪のように白く透き通っている。
身体は細く絞り込まれ、随所によく鍛えられた跡が見えながらも、女の柔らかさを失っていない。
特にうっすらと六つに割れた腹筋は、雪の積もる石畳のように芸術的だ。
竹ノ谷は、その身体つきを静かに観察していた。


「ふむ、よく鍛えてあるようだな。肉体的には問題ない……となれば心だ。お前は、あの野試合に心で負けた」

竹ノ谷はそこで、かつて美冬を襲った悲劇を思い出す。
竹ノ谷が教え込んだ一子相伝の『碑功流』空手を以って、最大流派である顕武会を次々に破って大会制覇を果たした美冬。
しかしその一週間後、顕部会女子部の数名に襲われ、背後から羽交い絞めにされた上で執拗に腹部を打ちのめされた。
用いられた凶器は拳ではなく、木製のバットだったという。
胃液と血を吐くほどに殴られ、二度と大会に出ない事を誓約させられ、栄養剤の瓶で純血さえ奪われた悪夢のような夜。

後に美冬は、その首謀者を一人ずつ捜し当てて屈服させたが、それで心の傷が完全に払拭された訳ではない。
深層心理に腹部殴打への恐怖が刷り込まれており、無意識に腹部を庇う戦い方を選んでしまう。
先日、路上で行われた賭け試合では、その癖を利用されて腹部以外を滅多打ちにされた。
そうして消耗した挙句に、必死に守ってきた腹部のガードをこじ開けて散々に打たれ、大観衆の前で泣き喚きながら敗北を宣言する醜態を晒してもいる。
これが52戦を通して初の敗北であり、公での『碑功流』不敗神話が音を立てて崩れ去った瞬間だった。

「人間、戦っていればいずれは負ける。だが、あの一敗はそうした類の物とは違う。
 原因を根絶せん限り、何度でも繰り返される敗戦だ。
 お前はまず何よりも、腹への打撃に対する恐れを克服する必要がある。
 叩かれても耐えられる……という程度ではぬるい。叩かれる事そのものを悦楽と感じるまで、振り切れさせる」

竹ノ谷はそう諭しつつ、胸元から縄を取り出して美冬の手首に巻きつける。
美冬は表情を強張らせながらも、師のする事に黙して服従していた。
両手首が錠にかかったように縛められた後、彼女の身体は床に寝かされる。
豊かな弐つの乳房を天に向け、縛められた手首を頭上に奉げる様にして。
その姿を見下ろしながら、竹ノ谷は拳に厚く巻かれていた包帯をゆっくりと解きはじめた。
一巻き剥かれるごとに、岩塊のような拳の隆起が浮き彫りになっていく。
そうして露わになった拳は……およそ人間の肌色ではなかった。真紫と深紅が混ざり合ったように爛れている。
それを目の当たりにし、美冬も冷徹な相貌を崩して目を剥いた。

「……この拳を見せるのは、弟子であるお前が初めてだ。
 以前、毒手というものを教えた事があっただろう。数種の毒を混ぜた壷と、擂り潰した薬草の入った壷を交互に突き続け、
 長い年月をかけて徐々に拳そのものを毒の塊と化す修練法があると。
 これはその亜種だ。人間の精を高める強壮剤を数百種に渡って配合した薬を突き続け、活法の極みとするはずの拳だった」

竹ノ谷はそう告げながら、歪に変形した拳を撫でる。

「もっとも、半ば失敗したがな。中和の必要性を軽んじ、連日強壮剤を取り込んだ果てに、精嚢が膨れ上がって腐り落ちた。
 だがその代わり、この拳で肉を打てば、痛みと同時に性的な高揚を呼び覚ます事が出来る。
 漢方由来だけに、薬物検査にもまず引っかかる事はない。
 毒手ならぬ“艶手”とでも名づけたい所ではあるが……外法に名を付ける事そのものが馬鹿げているか。
 この拳で、一晩をかけてお前の腹を打つ。痛みと共に多大な快楽を刷り込み、トラウマを残らず払拭してやる。
 もはや闘士としてお前が再起するには、これしか手はない。そう自覚して耐え忍べ」

竹ノ谷の刺す様な眼光に覆い被さられながら、美冬はいよいよ表情を凍りつかせる。
しかし、数秒ばかりの沈黙の後、彼女は静かに頷いた。



「もっと口を開けろ。奥の歯で噛め」

丸めた手拭いを噛ませながら、竹ノ谷が言う。
美冬は歯の奥で強く手拭いを噛み、頭上で縛られた手を握り締めて耐える姿勢を作る。
竹ノ谷は、その手首を縛る縄にさらに縄を通し、パイプベッドの脚に括り付けた。
そうして準備を整えてから、ようやく竹ノ谷は美冬の側方に膝をつく。
腹部に手の平を当て、円を描くように撫で始める。
撫で回し、感触を確かめるように押し付け、そして揉む。
岩のような指でなされる揉み込みは、容易に美冬の力の込められた腹筋を変形させてゆく。

「ん゛っ」

美冬の眉がかすかに顰められた。
痛みもあり、またそれとは別に、じわり、じわりと赤紫の手から薬の成分が滲み出てもいるのだろう。
竹ノ谷は腹部を撫でていた手を止め、離す。
表皮の下に軽く薬が浸透したのか、それともこれから行われる事への恐怖からか。
六つに薄らと分かれた美冬の腹筋は、、かすかにうち震えていた。
その腹部へ、とうとう岩のように固められた拳が宛がわれる。
拳は力強く引き絞られ、音も鳴るほどに握り締められ…………打ち下ろされた。

「ん゛む゛ぅうっ!!!」

美冬の目が見開かれ、手拭いの奥から呻きが漏れる。
伸びやかな右脚は苦しげに膝を上げた。
その様子を視界の端に捉えながら、再び拳を引き絞った。そして、叩きつける。

「ふんくぅうう゛うっっ!!!」

二度目の拳は、深々と美冬の腹直筋を抉りこんでいた。
陥没が物語る、竹ノ谷という男の拳の重さ。
竹ノ谷は二度目に拳を引いたところで、一旦膝立ちを改め、そこからいよいよ本格的な突きを繰り出し始めた。
美冬は手拭いを噛みしめ、目をきつく閉じて耐え忍ぶ。

肉を打つ音が、響く。



「…………傑物と言われる人間には、色気というものがある。
 男の色気は無骨さだ。片目を失い、利き腕を失い、女を失い、それでも道を求める男などは色気の極みだ。
 だが、女の場合となれば話は違う。女は無骨さでは輝かん。
 女の色気とは、『艶』そのものだ」

重い突きを打ち込みながら、その合間に竹ノ谷は言葉を漏らす。
口数の多い男ではないだけに、その言には重みがあった。
美冬は苦悶しながらも、言葉を受けるたびに薄目を開いて反応を示す。
彼女の腹部は随所が赤く変色していた。
鋼のような肩と背筋を使い、岩塊の如き拳を叩きつけられているのだ。
いくら鍛え上げられた腹筋とはいえ、無傷でいられる道理もない。

作務衣の生地が擦れる音に続き、肉を打つ鈍い音が響く。
短いながらも悲痛な呻きが漏れる。
手首の縄が軋み、すでに初期位置から斜めにずれていたパイプベッドをさらに僅か揺り動かす。
両のふくらはぎが、踏みとどまるような強張りを見せる。

美しい顔にも変化が見られた。
柳眉は顰められ、瞳がかすかに潤んだような色を孕んでいた。
手拭いを噛む唇からは、顔の傾斜に合わせ、右にだけ細い唾液の筋が伝い落ちていた。
額といい鼻の下といい、細かな汗の粒が霧吹きで吹きつけたように張り付いている。
苦しげだ。
しかし同時に、それは女が性的快感を得た時の表情にも見えた。
丹念に愛撫を続けられ、挿入を心待ちにするかのように。
そう思って見れば、彼女の発する呻きも違った印象を与えるものだ。
その呻きが異常に聴こえるのは、鼻にかかっているゆえ。そしてそれは、女の甘い鳴き声にも共通する。

「どうだ、苦しいだけではなくなってきただろう」

竹ノ谷は一旦拳を緩め、手の平を美冬の腹部へ押し当てる。
熱い。温飲料の缶を思わせるほどに温まり、そして呼吸による上下とはまた違うリズムで細かく痙攣してもいる。
拳に打ち据えられた紅色の部分以外も、入浴したように桜色に上気しており、異常に血色が良い。
地の肌が雪のごとく白いだけに、その艶やかさは格別だ。

ふと竹ノ谷の太い指が動き、美冬のデルタゾーンよりさらに下へと滑り降りた。
肉感的な太腿は一瞬内股になって抵抗を示したが、手の甲が煩そうにそれを払うと、静かに左右へと開いていく。
茂みの奥、桜色の淡いへと太い指が入り込む。
ちゅち、と水音がした。
別の手は、美冬に噛ませた手拭いを取り去る。手拭いは濃厚な唾液に塗れ、中空で数度煌く。

「この様子では、かなり感じていたようだな」
「……禁欲が足りず、汗顔の至りです。二度ばかり、絶頂に至るような感覚に見舞われておりました」

竹ノ谷の問いに、美冬は喘ぎながら答える。
未亡人のような陰のある美貌を持つ彼女が、頬を染めながらそう告白する様は、何人の男を狂わせることだろう。


竹ノ谷の拳が唸り、再び腹筋を打ち据え始める。

「ぐはっ!!……っあ、あぶぐっ……は……っぐっ…………!!」

美冬の苦悶の声も再開する。それは苦しげな呻きではあったが、同時に色香を漂わせる喘ぎでもあった。
か弱く泣くような、ある人種にとっては大変に嗜虐心を煽る声。
拳が振り下ろされるたび、美冬の腹部は幾度も陥没する。
上半身が跳ね上がっては豊かな乳房が揺れる。
脚の動きもいやらしく、伸ばしきったまま親指を重ね合わせて気丈に耐えている事もあれば、ブリッジのように爪先立ちにもなる。
また膝を合わせたまま、無意識に腹部を庇うように動く事もある。
そのいずれもが、彼女の苦悶を実に解りやすく反映していた。

しかし打ち据える方とすれば、その脚の暴れようが邪魔になったのだろう。
竹ノ谷は汗に塗れた拳を止め、胸元から木炭を取り出す。
そして軽く膝を曲げたままで美冬に脚を止めさせ、その足裏の形に添って木炭で縁取りをしていく。

「今描いた線から足の裏が出ないよう、踏み堪えろ」

竹ノ谷は、美冬の瞳を覗き込みながら命じた。
美冬はその残酷な命令に顔を強張らせながらも、はい、と気丈に返事をする。
そして再び、岩のような拳は腹筋を叩き潰しにかかった。
切ない呻きが上がり、手首の縄が軋み、身動きを禁じられた脚の腿からふくらはぎにかけてが、尋常でない筋肉の躍動を見せる。
下半身に力が篭もれば、それだけ腹筋を固さを増した。
今までの打撃で散々に蕩かされていた腹筋が、しかし、遠目にもはっきりと解るほどの弾力を取り戻している。
パンッと音もしそうなその隆起を打ち込むのは、さぞかし心地の良いことだろう。
竹ノ谷は感情の動きをあまり見せない男だが、その彼でも所作でもって腹責めへの熱中振りを示した。

「ごぉっ!!が、あっぐ……!!い、いがっ……!!あ、ああ゛、おああ゛……あ゛っ!!!」

美冬の声が絶え間なく続く。それは竹ノ谷の打撃に切れ間がない事を表してもいる。
筋肉質な男の身体が蠢き、女の体内に熱を叩き込む。
女はそれを受け入れながら喘ぎ、脚線に尋常でない筋肉の躍動を見せて悶える。
それはまるで、人間の性交にも見まごうほどの濃密な繋がりだった。


「……………………!!」

汗とほのかな湯気に塗れながら、竹ノ谷は目を見張る。
そして桜色に上気しきった腹筋に指を添えた。
二つの腹直筋に挟まれるようにして存在する『白線』を上からなぞり、その左右の盛り上がりを愛でる。
それはまるで、ふっくらと膨らみを増した陰唇を撫でるかのようだった。
腹肉に紅く咲く花。

「はぁっ、はっ……あっ、ふぅ、う…………ッ!!」

その持ち主である美冬自身も、首をもたげて自らの腹筋を信じがたいように凝視していた。
表皮下の筋繊維の一つ一つまでが、発情しきったようにうち震えているのが自覚できるのだろう。
その腹部にほど近い子宮も存分に熟し、卵巣は子種を吐くべく、ふくふくと活性化しているに違いない。
竹ノ谷は親指を下腹部に宛がった。
恥骨の外側……まさに卵巣の部分へ。

「あっ、せ、先生そこは……っ!!か、堪忍して頂けないでしょうか……
 く、あッ……、んァアあんっぐうう゛う゛っ!!!!」

嘆願の言葉も終わらぬうちに、節ばった指が卵巣を押し込み始める。
充分すぎるほどに蕩けている状態だ。美冬は不自由な格好で身もだえ、動かす事を禁じられた踵を上下させる。
性的な信号が生々しい身体中から発せられる。
そうして極まりへ至ろうとしたまさにその瞬間、竹ノ谷は鋭く拳を振るった。
快感にひくつく腹筋の、その中心部へ。

「ごぉおおおおああぁあおお゛お゛っ!!!!!!!」

痛み、苦しみ、悦楽。それまでのあらゆる感覚を総括するような、凄まじい叫びが沸き起こった。
美しい唇からは唾液と共に胃液があふれ出し、力なく崩れた脚の間からは、透明な飛沫が噴き上がって壁を染める。
絶頂。その言葉がはっきりと想起されるような反応だ。



数度大きく酸素を求めた竹ノ谷は、ゆっくりと立ち上がって美冬の顔を覗き込む。
美貌は、快感に焼ききれたかのように白目を剥いていた。
竹ノ谷が数発頬を張ると、美冬は激しく咳き込みながら意識を取り戻す。

「気分はどうだ、美冬。腹を殴られる恐怖はあるか」

そう問いかけると、蕩けきった瞳を向けながら唇を開いた。

「…………いえ……。……とても……暖かいです………………」

異様なほど妖艶なその顔は、さしもの竹ノ谷でもしばし硬直するほどのものだった。
彼は美冬の手首の縄を解きながら囁きかける。

「とりあえずは感じたようだが、これで終わらせるつもりはない。
 明日もまた同じ事を繰り返すぞ。せいぜい休息をとっておけ」

そう言い終えて縄を解いた瞬間。彼は肩を強張らせた。
自由になった美冬の手首が、彼の手を掴んでいたからだ。
その美しい指の主は、蕩けた瞳の奥を爛々と光らせて師を見上げている。

「…………あし、た…………?……嫌です、先生。今日、もっと……もっともっと、私のお腹を抉って下さい!
 もっとわたしを…………私の身体の奥を、満たして下さい………………先生!!」

竹ノ谷は、弟子の顔から、その身体から、視線を外せずにいた。
その『色気』は、彼自身をも拳から侵食し、理性のない一匹の獣へと変えていくようだった。
彼は躊躇する。
そこへ落ち込めば、正気を取り戻せるのがいつになるのか……否、そもそも元へ戻れるのかすら、定かではないからだ。

「ね、先生ぇ……?  はやく、 はぁやくぅ………………っっ!! 」

雪の積もった石畳のようだった腹部は、今や世にも鮮やかな桜色に染まっている。
まるで雪の下に、一面の朱の華が咲き誇っているかの如く……。


                      
                                    終わり
アクセスカウンター

    ありがたいコメント
    さくさく検索
    Amazonライブリンク
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    プロフィール

    kunsecat

    • ライブドアブログ